2019.06.25(火)

まだ知らない?太陽光パネル点検にドローンを活用するメリット

まだ知らない?太陽光パネル点検にドローンを活用するメリット

近年、ドローンはさまざまな分野で活躍を見せています。ドローンを用いることでさまざまな作業の効率化が見込めることが、ドローンの急速な普及の一因と言えるでしょう。

そのようななかで、ドローンが太陽光パネル点検にも使われるようになっていることをご存知でしょうか。従来の手作業での点検と比較して、さまざまなメリットがあります。

今回は、太陽光パネル点検にドローンを活用するメリットや、ドローンを活用するために必要な知識と技術について紹介していきます。「太陽光パネルの点検を効率的におこないたい」「ドローンを太陽光パネル点検に活用してみたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンによる太陽光パネルの点検方法

ドローンによる太陽光パネル点検は、ドローンに取り付けたカメラで上空から太陽光パネルを撮影し、その画像や動画を解析することでおこないます。

撮影に使うカメラにも種類があり、一般的には可視光カメラと赤外線サーモグラフィカメラを用いておこないます。

可視光カメラとは、普段私たちも利用している通常のカメラのことです。ドローンに使われているカメラは性能が高く、小さな傷などもきれいに撮影できます。

赤外線サーモグラフィカメラでは熱を可視化できカメラです。熱を可視化することによって、肉眼ではわからない太陽光パネルの異常を発見することができます。

まだ知らない?太陽光パネル点検にドローンを活用するメリット

太陽光パネル点検にドローンを活用するメリット

ドローンによる太陽光パネル点検が急速に普及しています。その理由として、従来の手作業による点検と比較した際にたくさんのメリットがあることが考えられます。この章では、太陽光パネル点検にドローンを活用する際のメリットについてご紹介していきます。

作業時間の短縮

ドローンを使った上空からの点検は、作業の効率を大幅にアップさせます。ドローンを使えば比較的短時間で広範囲を点検することができます。

手作業では数日間を要する範囲でも、ドローンを使えば最短で1日でできてしまうそうです。また、従来の手作業での点検では長い時間を要してしまっていた立ち入りにくい場所や危険な場所なども、ドローンを使えば短時間かつ安全に点検できます。

人件費などのコスト削減

従来の点検は太陽光パネル一枚一枚を手作業で点検しなければならなく、多くの人員が必要でした。しかし、ドローンによる点検では一気に広範囲の点検をおこなうことができ、比較的少ない人手で済むため人件費の削減にもつながります。

作業に伴う危険を回避

太陽光パネルは日の光がよく当たるように屋根などの高い場所に設置されていることが多いです。しかし、高所での手作業による点検には危険が伴います。過去には、太陽光パネルの点検中に作業員が落下してしまったという事故もあったそうです。

ドローンを使った点検は地上でドローンを操作しながらおこなえるため、作業員の事故を防ぐことができます。

点検精度の向上

ドローンによる太陽光パネル点検は、コストの削減や安全面でのメリットが注目されています。しかしそれだけではなく、その点検精度の高さも評価されています。

可視化カメラで太陽光パネルの細部まで撮影することができるため、人間の目では見落としがちな小さな傷や汚れなどにも気づくことができます。さらに、赤外線サーモグラフィカメラで人間の目では検知できない異常も発見することができます。

ドローンで検知できるパネル異常の例

ドローンによる太陽光パネル点検で検知される異常として代表的なものに「太陽光パネルのバックシートのはがれや膨らみ」があります。パックシートのはがれや膨らみがあると、パネルがうまく太陽光をキャッチできなくなり発電効率が低下する可能性があります。

また、パネルの一部が異常に高温となっている「ホットスポット」も検知することができます。ホットスポットがあると、太陽パネルが破損する危険性があるのです。

ホットスポットは、基本的に肉眼では判別できません。しかし、赤外線サーモグラフィカメラを搭載したドローンで撮影すれば問題のある個所を発見することができます。

まだ知らない?太陽光パネル点検にドローンを活用するメリット

ドローンの導入に必要な知識と技術

このように太陽光パネル点検にドローンを活用するメリットは非常に大きいと考えられます。しかし、ドローンを導入するとなるとドローンに関する知識と技術が必要になってきます。

ドローンを飛ばす際には事件や事故を防ぐためにも、さまざまな知識と操縦技術を身につけなければなりません。それらを効率よく学ぶためにおすすめなのが「ドローンスクール」です。

ドローンスクールによっては「太陽光パネル点検コース」というものがあり、ドローンの基本的な知識に加えて、太陽光パネルの点検をする際に必要な知識が習得できます。さらに、赤外線カメラ搭載ドローンを用いた実技講習もおこなっています。ドローンスクールでは、太陽光パネルの点検コース以外にもさまざまなコースがあります。

たとえば、国土交通省認定の管理団体であるJUIDAのドローンスクールでは、『無人航空機操縦技能証明書』や『無人航空機安全運航管理者証明書』を取得できるコースも用意されています。このコースでは、ドローンに関するさまざまな知識や技術を学びつつ、資格の取得までおこなえるのです。

これらの資格があると、ドローンの飛行許可申請をする際に一部の書類を省略することができます。また、ドローンの飛行技術や知識を持っていることの証明にもなるため、仕事の依頼を獲得する際にも一役買ってくれるかもしれません。

まとめ

近年、ドローンによる太陽光パネル点検が急速に普及しています。従来の手作業による点検に比べて、コストや安全面、点検精度などにおけるメリットが大きいためだと考えられます。これから、太陽光パネルの点検はドローンが主流となっていくのではないでしょうか。

ドローンを使って効率のいい太陽光パネル点検をしたい方は、そのための知識や技術を習得する必要があります。効率よく学ぶためにも、ドローンスクールで「太陽光パネル点検コース」を受講することをおすすめします。太陽光パネル点検の技術を身につけて、効率の良い太陽光パネル点検をしてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト