2019.06.25(火)

日本に農薬散布が必要な理由とは?ドローンによる効率化と必要な準備

日本に農薬散布が必要な理由とは?ドローンによる効率化と必要な準備

日本の農業には、農薬散布が欠かせません。しかしこの農薬散布の作業はかなりの重労働です。近年では農業をおこなう方の高齢化が進んできているので、体力的に農薬散布をおこなうことが難しくなってきています。そんな問題の改善に期待されているのが、ドローンを使った農薬散布です。

農家の方で、ドローンを実際に導入することを考えている人も多いと思います。しかし「ドローンに必要なものはなんだろう」と疑問を抱えている人もいると思います。この記事では、農薬散布にドローンを導入するメリットと準備について解説していきます。

日本の気候は病害虫が発生しやすい

日本の気候は高温多湿で、病害虫が発生しやすい環境です。病害虫はウイルス病を感染させたり、葉を食い荒らしてしまいます。

このような状況で、安全にな作物をつくるためには農薬の散布が必要です。農薬を使えは病害虫の喰害と病気から作物を守ることができます。

しかし近年では人手不足の問題もあり、農薬散布をおこなうことが困難になってきています。次の章では農業が抱える問題について解説していきます。

日本に農薬散布が必要な理由とは?ドローンによる効率化と必要な準備

人間による農薬散布の限界と農業問題

農業の問題として、一番大きいのは高齢化による人手不足です。若者は仕事で地元を出てしまうことが多いので、農家や農村に若い人材が残らないという問題があります。そのため農業業界は深刻な高齢化を迎えています。

高齢者が広い畑を歩き回って、農薬を散布するのは大変な作業です。背負式噴射器も農薬や肥料をタンクに満タンにすると、30kg以上の重量になるのでかなりの負担です。このように本来は体力がある若者がやる仕事を高齢者がおこなっているので効率が悪く、事故の危険性が高い状況になっています。

このような状況を改善する対策として、農業のドローン活用が進んでいます。またドローンは、導入のしやすさも特徴になります。この導入しやすさから、農薬散布用ドローンの普及率は年々上昇してきています。次の章では以前まで農薬散布に使われていた、無人ヘリコプターとドローンの違いについて解説していきます。

無人ヘリコプターとドローン違いと特徴

以前までの機械を使った農薬散布をおこなうには、無人ヘリコプターを使う方法が主流でした。しかし、この無人ヘリコプターは機体の値段が1,000万円を超えるものがほとんどで導入することが難しかったです。

大きさも巨大なので、狭い農村や農地では使用できないというデメリットもありました。しかし農薬散布用のドローンは100万円から購入できるので、ヘリに比べて導入しやすくなりました。また狭い農地でもドローンなら小回りが利くので、農薬散布をおこなうことができます。

ドローンを導入することで、人の手ではおこなえなかったスピードで作業をおこなうことができます。またドローンには「マルチスペクトルカメラ」と呼ばれる機能が付いています。 カメラから得た情報を分析する機能です。畑の状況や病害虫を把握することで、安全な管理を可能にします。

ドローンのメリットについて解説してきましたが、具体的にどんな機体が農業散布に使われているか知りたい人も多いと思います。次の章では農薬散布におすすめのドローン機種について解説していきます。

農薬散布ドローンのオススメ機種3つ

農薬散布用ドローンにも種類があります。物によって、性能や操作性も変わってきます。この章を参考にして、自分にあった機体を探してみてください。

  • ●製品名 飛助DX
  • ●特徴 この機体は散布性能の高い機体です。農薬を最大10L積載可能で無人ヘリコプターと同等の散布性能をもっています。他にも防水・防塵・冷却機能が付いているので、耐久性に関して優れています。
  • ●会社名 マゼックス
  • ●製品名 YMR-08
  • ●特徴 この機体は気流で作物を描き分けて、根元までしっかりと散布ができるダウンウォッシュという機能が特徴です。農薬が風に流されにくいので、安定した散布が可能になります。
  • ●会社名 ヤマハ
  • ●製品名 Nile-T18
  • ●特徴 この機体の特徴は完全自動飛行です。事前に農地の形を記録しておくと、飛行経路が自動的に設定されます。開始ボタンを押すだけで離陸・散布・着陸までの作業を自動でおこなってくれるので、誰でも農薬散布が可能になります。
  • ●会社名 ナイルワークス

ドローンの農薬散布について解説してきました。今すぐにでもドローンを導入したいと思われているかもしれませんが、農薬散布は許可無しでおこなうことはできません。次の章ではドローンで農薬散布をするために必要な技術と知識について解説していきます。

ドローンで農薬散布するには技術と知識が必要

ドローンで農薬散布をする場合には、操縦技術と農薬散布に関する知識が必要になります。そこで、農薬散布向けの講習を農林水産省がおこなっています。講習を受講後におこなわれる検定に合格することで、「産業用マルチローターオペレーター技能認定証」が与えられて農薬散布が許可されます。

しかし、実際に農薬散布をおこなう場合には資格の所持だけではなく、国土交通省への飛行許可申請が必要になります。ドローンの農薬散布は「危険物輸送」「物件投下」にあたり航空法で規制されているためです。また日の出前におこなう場合には、「夜間飛行」の許可申請が必要になります。

こういった申請をおこなう場合には2種類の申請があります。あらかじめ飛行日・飛行ルートが決まっている場合には「個別申請」をおすすめします。しかし農薬散布のように作物の状態や天候の状態次第で飛行日が変わる場合には「包括申請」をおすすめします。

このようにドローンの農薬散布には、申請などの専門的な知識が必要になります。他にもドローンの飛行には航空法や電波法といった、高度な法律の知識も必要になってきます。このような知識を学ぶには、ドローンスクールに通うことをおすすめします。次の章ではドローンスクールについて解説していきます。

日本に農薬散布が必要な理由とは?ドローンによる効率化と必要な準備

ドローンスクールには農薬散布コースもある

ドローンの操縦には、たくさんの知識が必要になります。特に200g以上のドローンの操縦は航空法で規制がたくさんかけられています。このよう専門的な知識を独学で学ぶのは難しいので、ドローンスクールで講師の方から教わることをおすすめします。知識だけではなく操縦技術もしっかりと教わることができます。

またドローンスクールには、農業コースも存在します。農薬散布をはじめとした、ドローンを農業に活用するために必要な知識を学ぶことができます。他にも屋外の農地での実技の講座あるので、実際に農薬散布をおこなうための技術を身につけることができます。

ドローンを使って安全に農作業をおこなうには確かな知識と技術が必要です。ドローンスクールに通ってしっかりと学びましょう。

まとめ

日本の気候は高温多湿で病害虫が発生しやすい環境です。病害虫は作物に甚大な害を与えるので農薬散布が必要になってきます。しかし農業の世界は現在深刻な人手不足を抱えています。

高齢化も進んでいて、重労働の農薬散布をおこなうことが難しくなってきています。このような状況を改善するためにドローンの活用が期待されています。また以前までの農薬散布は無人ヘリコプターでおこなわれていました。

この無人ヘリコプターは高価格で機体のサイズも大きく、なかなか導入にはつながりませんでした。しかしドローンは比較的に低価格で機体も小さいので普及率の上昇につながっています。

実際にドローンを農薬散布に使うには農林水産省からの認定が必要になります。農林水産省が実施する講座・検定を受けることで認定を与えられます。また実際に農薬散布をする場合には国土交通省への申請が必要になります。

ドローンを農業に活用するには、航空法や電波法などの専門的な知識が必要になります。安全な作業をおこなうためにもドローンスクールに通ってしっかりと知識を身につけましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト