2019.06.21(金)

和歌山でドローンを飛ばそう!知っておくべき規制についても解説

和歌山でドローンを飛ばそう!知っておくべき規制についても解説

和歌山には美しいスポットがたくさんあります。特に南紀白浜の美しい海は観光客から人気を集めています。こういった場所は空撮をおこなうと美しい映像を撮ることができるため、ドローンを飛ばしたいと思う人も多いのではないでしょうか。

ヘリコプターに比べて小回りが利き、低コストなところもドローンの魅力です。最近は4Kカメラ搭載のドローンも登場してさらにハイクオリティな動画撮影をおこなうことが可能になりました。

しかしドローンの飛行には規制がかけられていて、簡単に飛行をおこなうことができません。さらに和歌山には独自の規制がかけられています。この記事にたどり着いたということは、その問題と直面してどうすればいいのか悩んでいることでしょう。

そこで、この記事ではそんな悩みを解決できるよう、和歌山でドローンを飛ばしたい人向けに規制の知識について解説していきます。

和歌山でドローンを飛ばすときは規制に注意

和歌山で空撮をおこなう際に気を付けなくてはいけない規制が「地表150m以上の上空での飛行」・「目視外飛行」・「夜間の飛行」です。

地表150m以上の上空の飛行は航空機の飛行の妨げになるため禁止されています。ここで注意しなくてはいけないのが、高さは飛行しているドローンの直下から測って150mということです。なので、山の上から水平飛行させても移動したドローンと真下の地表までの距離が150m以上になると規制に引っかかってしまいます。

目視外の飛行にも気を付けなくてはいけません。目視外の飛行とは操縦者の目による確認がとれない場所での飛行です。補助者などの第三者だけの確認では目視外飛行になってしまいます。

夜間の飛行も禁止されています。夜間とは国立天文台が発表する日の入~日の出までの時間が基準です。「明るいから大丈夫かな」というように、自分自身の感覚で飛行させないようにしましょう。

和歌山独自の規制も

上記の規制以外にも和歌山には独自の規制が存在します。公園条例により、都市公園でのドローンの飛行は規制されています。他にも県庁などの施設周辺・上空の飛行も県の条例によって規制されています。またそれぞれ自治体ごとに独自の規制があります。飛行をおこなう前に、どのような規制があるのか確認をおこなうようにしましょう。

和歌山でドローンを飛ばそう!知っておくべき規制についても解説

和歌山×ドローン①飛行許可エリアを探そう

和歌山でドローンを飛ばす際に、飛行が禁止されているエリアにも気を付けなくてはなりません。人口集中地区という人口が密集した地域でのドローンの飛行は航空法により規制されています。人が多い地域での飛行は墜落による人身事故につながる危険性が高いからです。

この人口集中地区の場所は国土地理院のホームページ上の地図で調べることができます。地図上の赤く表示されている場所が禁止されているエリアになります。このエリア以外は規制の対象外なので、そこで飛行させるようにしましょう。

他にもこの禁止エリアを調べるのにお手軽な方法がSORAPASSというアプリケーションです。エリア探索以外にも天候状況や風の状況など、飛行に必要になる情報を知ることができます。操縦者と機体の情報も管理できるので、飛行の許可申請もスムーズにおこなえるサービスです。

和歌山×ドローン②飛行禁止エリアで許可・承認を受けよう

和歌山でドローンを飛行させる場合、状況によって飛行が規制されている場合があります。しかしこの規制状況下でも国土交通省への許可申請をおこない、許可がおりればドローン飛行は可能です。その申請の手順を簡単に解説していきます。

申請方法には「個別申請」「包括申請」の2種類あります。「個別申請」はあらかじめ飛行ルート・飛行日などの飛行スケジュールがはっきり決まった上でおこなう申請です。国土交通省が飛行日や飛行ルートをしっかりと把握できるので、許可申請がおりやすいです。

「包括申請」はあらかじめ飛行ルート・飛行日を決めずにおこなう申請です。空撮をおこなう際には、天候のトラブルなどで飛行日を急遽変えなくてはならない場合があります。そんな状況に対応できるのが「包括申請」になります。包括申請が通ると、定めた期間内であれば、いつでもドローンを飛行させることが可能です。

申請方法は書類もしくはオンライン手続きの2種類あります。今までは書類の手続きがメインでしたが、記載のミスが多く手続きがスムーズにいかない問題がありました。オンライン手続きは国土交通省のホームページ上の質問に答えながら、書類を自動作成していくのでミスが起きづらいです。どこでも気軽におこなえるのでオンライン手続きをおすすめします。

申請が完了し、許可がおりたら次はいよいよ空撮です。

ドローンといえば空撮!オススメスポット紹介

和歌山はドローン空撮に最適なスポットがたくさんあります。この章では和歌山の自然溢れる空撮スポットを紹介していきます。

  • ●場所 白良浜
  • ●特徴 真っ白な砂が特徴のビーチです。透き通った海だけではなく、千畳敷・円月島・三段壁といった名所もあるので美しい映像をたくさん撮ることができます。
  • ●住所 和歌山県西牟婁郡白浜町
  • ●場所 安川渓谷
  • ●特徴 「雨乞いの滝」が有名な美しい川の流れの渓谷です。秋には紅葉が色づいて違った表情を見せてくれます。
  • ●住所 和歌山県田辺市下川上
  • ●場所 古座川の一枚岩
  • ●特徴 高さ100m、横幅500mの一枚岩が魅力のスポットです。四季によって桜・せっこく・紀伊上臈(きいじょうろう)が咲き、古座川を彩ってくれます。
  • ●住所 和歌山県東牟婁郡古座川町相瀬

これまではドローンを和歌山で飛ばす知識について解説してきましたが、実際に飛行させるには他にも必要な知識と技術があります。

和歌山でドローンを飛ばそう!知っておくべき規制についても解説

スクールでもっとドローンを身近に

ドローンの飛行には航空法や電波法などの専門的な知識が必要になってきます。こういった法律の知識は正しく覚えておかなくてはなりません。間違って覚えてしまうと思わぬところで違反をして捕まってしまうおそれがあります。そこで、確実に知識を学びたい方はドローンスクールに通うことをおすすめします。

ドローンスクールでは講師の方から直接教わることができます。実技の講座もおこなっているので、操縦技術の向上にもつながります。またドローンスクールには資格取得コースがあります。

資格を取得していると、国土交通省への飛行許可申請がおりやすいというメリットがあります。このようにドローンスクールには知識取得をはじめとしたさまざまなメリットがあります。和歌山にもドローンスクールがありますので、通ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、和歌山でドローンを飛ばすときに気を付けなければならない規制について解説してきました。

気を付けなくてはいけない規制は主に「地表150m以上の上空での飛行」・「目視外の飛行」・「夜間の飛行」です。他にも和歌山独自の規制で都市公園・県の施設周辺の飛行も禁止されています。このように自治体によって規制も変わってくるので確認をおこなうようにしましょう。

ドローンを飛ばす際に人口集中地区に気を付けなくてはいけません。人口が密集しているエリアは墜落による人身事故の危険性が高いため飛行が禁止されています。このエリアを調べるには国土地理院の地図・SORAPASSを活用することで知ることができます。

しかし、このような規制状況でも国土交通省への許可申請をおこなうことで飛行することができます。技術にも不安があればドローンスクールを利用して、技術を身につけましょう。

知識と技術を確実に身につけてからは、ぜひ和歌山の空撮を楽しんでみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト