2019.06.21(金)

ドローンのサービスは広がっていく!!産業への導入について解説

ドローンのサービスは広がっていく!!産業への導入についた解説

ドローンは年々普及率を上げてきています。機体の値段も下がってきていて、個人でも気軽に導入することが可能になりました。飛行を楽しんだり、空撮を趣味にしたりと、ドローンを使って楽しんでいる方が多くなってきています。

しかし、こういった趣味としての利用以外にも、産業で使われていることはご存知でしょうか。ドローンを活用することでさまざまな産業で新たなサービスが生まれてきています。きっと具体的にどんなサービスがあるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。この記事ではドローンのサービスについて解説していきます。

ドローンでなんでもスマートに調査

さまざまな産業にドローンのサービスは導入されています。以前まで測量の作業は人の足でおこなわれ、作業に一週間もかかってしまうこともありました。しかし、今ではドローンを活用することでこの作業量を半日~一日で作業を終わらせています。

またドローンを使えば、土砂崩れの危険性がある場所や人が立ち入れない場所でも測量をおこなうことができます。このようにドローンを導入することで作業を効率化・安全面の強化につなげることができるようになりました。

またトンネルや橋などのインフラ調査にもドローンは活用されています。日本全国のトンネルや橋は1970年代に作られたものがほとんどです。これらは老朽化が進んでいるので、崩落の危険性が高いです。ドローンを調査に使うことで安全に作業をおこなうことができます。

このように測量と調査にドローンを導入することで、たくさんのメリットがあります。他にも、ドローンは配達で将来的に導入されることが期待されています。次の章ではドローンを配達に導入するメリットについて解説していきます。

ドローンのサービスは広がっていく!!産業への導入についた解説

ドローンでどこまでも荷物をお届け

ドローンのサービスの中で実現しつつあるのがドローンによる配達です。運送業界は現在、深刻な人手不足を抱えています。若者でドライバーを目指す人が減ってきていることもあり、業界全体で高齢化が進んでいます。

ドローンを導入することで、交通渋滞の問題も解決できます。ドローンを使うことで、配達する車が減り道路の渋滞を少なくすることができます。また、ドローンは飛行して荷物を運搬するので、道路もなく最短での配達可能です。このようなメリットがあるドローンの配達ですが、さまざまな事情で実現はされていません。

実現しない大きな問題として、道路交通法・航空法・バッテリーの性能が要因として挙げられます。道路交通法では、道路上の安全を乱す行為は禁止されています。ドローンは墜落を起こす危険性が高いです。車と接触して大きな事故につながってしまうことがあるので規制されています。

他にも航空法で規制されている内容のひとつである「目視外飛行」の問題があります。目視外飛行とは、操縦士本人の肉眼による確認をおこなわない飛行です。ドローンを長距離の配達に活用するには目視ではなく管制センターによる確認で飛ばさなくてはなりません。ドローンは肉眼の目視がない飛行は禁止されています。

またバッテリーの問題もあります。現在開発されているドローンは長くても30分くらいしか飛行できないため長距離の配達には適していません。このようにさまざまな事情でドローンによる配達が実現していません。

しかし現在、日本では目視外飛行の規制緩和の動きも始まり、ドローンサービスの実現に向けて動きが進み始めてきています。バッテリーの性能も上がれば十分実現可能なサービスといえますので、今後の展開に期待しましょう。

ここまではドローンの産業への導入について解説してきましたが、「ドローンといえば空撮」このような想像をする人も多いと思います。次の章では空撮でできることについて解説していきます。

ドローンで空からの景色を見る

ドローンのサービスにおいてもっとも主流なのが空撮です。ドローンの空撮は主に映像製作・橋やトンネルなどのインフラ点検・住宅の点検・結婚式やイベントの撮影に導入されています。

映像制作にドローンが使われるメリットは、ドローンは小型で小回りが利きやすいことです。被写体に接近して映像を撮ることや狭い場所に入り込んで、撮影をおこなうことができます。

また橋やトンネルなどのインフラ点検にも、活用されています。崩落の危険がある場所もドローンを使って点検をおこなえば、安全に作業をすることが可能です。住宅の点検では、ドローンの映像を通して、屋根や壁面の状況をリアルタイムで確認できます。このようにドローンを活用することで事故の危険性を無くすことができるメリットがあります。

最後に紹介するのが、結婚式などのイベントでの活用です。ドローンの空撮を使うことで、空から結婚式の全体を映すことや、さまざまな視点からの映像を撮影することができます。映画のワンシーンのような映像を撮ることができるので、人気をあつめています。

これまではドローンが導入されているサービスについて解説してきましたが、人命救助にも活用されています。次の章ではドローンによる人命救助を解説していきます。

ドローンのサービスは広がっていく!!産業への導入についた解説

ドローンで人の命も救える

ドローンは人命救助の世界でも活用されています。2017年12月にカリフォルニアで起きた大火災ではドローンが活用されました。火災現場でドローンは消火活動の情報収集に使われています。

消防車が現場に到着するまでに、一般的に約10分かかるといわれています。ドローンはこの時間よりも先に現場へ到着して情報収集をおこないます。火災時には現場の状況把握が重要になります。ドローンを活用することで迅速な救助をおこなうことができます。

他にも、ドローンは水難事故や山岳地帯の遭難者の救助に活用されています。ヘリに比べて、ドローンは小型で人に近づけるので、迅速な遭難者の発見と食料など物資の運搬をより効率よくおこなうことができます。このようにドローンを導入することで、より安全に確実な人命救助が期待されています。

これまではドローンのサービスについて解説してきましたが、まだまだドローンのサービスは発展途上です。次の章では今後期待されているドローンのサービスについて解説していきます。

ドローンのサービスは発展途上

ドローンのサービスはまだまだ発展途上です。ドローンタクシーというプロジェクトが企画されています。これは機体に乗客が乗り込んで、自動操縦で目的地まで運んでくれるというサービスです。乗客はタッチパネルに目的地を入力するだけで、自動に飛行をおこなってくれるので簡単に利用することができます。

もしこのようなプロジェクトが実現すれば、わたしたちの生活を便利にしてくれるのは間違いありません。しかし航空法や道路交通法の規制があるので、なかなか進展できないというのが課題としてあげられています。

今はこのようにサービスが企画されても規制によって実現できないところがありますが、今後の法整備によってドローンビジネスはどんどん発展していくでしょう。それによってドローン操縦の技術の需要が高まっていく可能性があります。今後仕事をするうえでドローンの資格をもっていると有利に働くかもしれません。

まとめ

この記事ではドローンのサービスについて、解説してきました。ドローンのサービスは色んなものがあり、使われる用途もさまざまです。実際におこなわれているサービスとして、映像制作・橋やトンネルなどのインフラ点検・住宅の点検・結婚式やイベントの撮影に導入されています。

以前まで空撮に使われていたヘリに比べると、ドローンは機体が小型で小回りが利くので、被写体に近づける・狭い場所での撮影をおこなえるメリットがあります。点検などの作業では人が入れない危険な場所の点検もドローン活用することで、作業を安全におこなうことも可能です。

ほかにも、まだ法律によって実現できていないドローンビジネスはいくかあります。しかし、今後の法整備によって現在企画されているプロジェクトはどんどん実現するようになってくるでしょう。ドローンビジネスはまだまだ発展途上です。

これから新たなビジネスをするうえで、ドローンは必要不可欠な存在になるかもしれません。起業を考えている方は、今のうちにドローンスクールに通って資格を取り、ビジネスチャンスにつなげてみましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト