2019.05.24(金)

ドローンを活用したビジネスの起業方法!大注目の新ビジネスも紹介

ドローンを活用したビジネスの起業方法!大注目の新ビジネスも紹介

科学技術の発展により、さまざまな場面でドローンが活躍するようになってきました。その活躍は個人的な趣味にとどまらず、ビジネスでも重宝されるようになってきています。ドローンを使ったドローンビジネスは近年急速な成長を見せており、その注目度も高まっています。

今まで人の手ではできなかったことがドローンを使うことで可能になったり、作業効率を格段に上げることができたりと、そのメリットは数え切れません。ドローンビジネスは無限の可能性を秘めているといってもいいのではないでしょうか。

今回は、そんなドローンビジネスの始め方や、新しいドローンビジネスについてご紹介します。ドローンビジネスに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ドローンビジネスの市場規模は年々拡大している

ビジネスにおけるドローンの活躍は「空の産業革命」といわれるほどめざましいものとなっています。市場調査をおこなっているインプレス総合研究所によると、2016年度の日本国内のドローン市場規模は推定353億円であるのに対し、2017年には503億円、2018年には931億円と着々と拡大し続けています。さらに、2024年度には5,073億円にまで達すると見込まれています。

実際にドローンを活用したビジネスとして、危険場所の点検や農薬の散布、上空からの美しい景色の撮影などがおこなわれています。その利用範囲の広さからも、さまざまな業界がドローンビジネスに興味を示しているのは目に見えて明らかです。これから先も、ますます活躍の場を広げていくことでしょう。

ドローンを活用したビジネスの起業方法!大注目の新ビジネスも紹介

ドローンの持つ3つの特性

「ドローンとラジコンってほとんど同じでしょ?」と思っている人も多いのではないでしょうか。ドローンビジネスが急速に普及したことからも分かるように、ドローンにはいくつかの特有の性質があるのです。

1.オートマチックな飛行

これはドローンの最大の特性といってもいいかもしれません。ほとんどのドローンはGPS機能を搭載しているため、コントローラーで操縦しなくても、障害物をある程度回避したり、定められたルートを自動で飛行したりできるのです。

この特性を利用したドローンのビジネスモデルとしては、上空からの警備や災害調査などが考えられます。操縦する人すら必要ないとなると、よりいっそう人件費の削減などが期待できそうですね。

2.物資の運搬

ドローンには、ものを運ぶ機能がついているものもあります。今はまだあまり重いものは運ぶことができませんが、災害時などに孤立した場所に物資の運搬をするなど、すでに大きな活躍を見せています。

将来的にはもっと重いものも運べるようになり、運送業などにもドローンが普及していくかもしれません。実際に、ドローンによる荷物の宅配の実現に向けて実証実験をおこなっている企業もあるそうです。

3.情報収集

ドローンにはカメラを搭載したものが多く、空から情報収集をすることができます。その手軽さからも、すでにさまざまな場面で活躍を見せています。

従来は飛行機やヘリコプターを使わなければいけなかった上空からの中継や、災害時の危険区域の撮影などが可能になりました。また、測量や点検でも役に立っていて、太陽光パネルの点検などもドローンを使うことで非常に効率が良くなるため、注目を浴びています。

ドローンの特性を活かしたビジネスモデル

ここまで読んでみて、ドローンを活用したビジネスの概要については簡単に理解していただけたでしょうか。では、具体的にどのような場面でドローンは使われているのか?代表的なドローンビジネスの事例を3つ紹介します。

点検

ドローンは、人の手では点検が難しい危険場所や高所の点検に活用されています。ドローンを用いることで、安全に点検ができるだけでなく、人件費の削減や時間短縮も期待できるので、今後ますますドローンによる点検が主流になってくるのではないでしょうか。

農業

現在、農業の分野では人手不足が深刻な問題となっています。そんな人手不足を補うために、ドローンが活用されるようになってきているのです。

上空から田畑の地質を調査したり、農作物の状態を観察したりすることに用いられています。短時間で広範囲を見ることができるので、人員削減や時間短縮にもつながります。

また、ドローンは農薬の散布にも使われています。単に、短時間で広範囲に散布できるだけでなく、ドローンを用いれば低い位置からの散布が可能なため、少量の農薬で済むというメリットもあります。

警備・監視

上空を飛行する物体が監視活動をするなんて、SF映画の中の話みたいですよね。しかし、すでにあらゆる場所でドローンが警備や監視に使われているのです。

人手不足が深刻な夜間のパトロールや上空からの広範囲の監視、鮮明な映像での記録など、そのメリットの多さから、ドローンを導入している大手警備会社も多く存在します。

アイデア次第!今注目のドローン新ビジネス

このようにドローンはさまざまな方法でビジネスに活用されています。では、まだあまり主流になっていないドローンの新ビジネスにはどのようなものがあるのでしょうか。

スポーツ中継

ドローンを用いたスポーツ中継は、その臨場感からとても注目を集めています。実際に、Jリーグでもドローンによる撮影が行われました。

安全面への懸念から、まだあまり普及はしていませんが、今後ドローンの安全性が確立されれば、よりいっそうの活躍が期待できるでしょう。また、試合時の中継だけでなく、練習時の選手のフォーム確認などにも活用されるようになってくることが予想されます。

獣害対策

ドローンはその操作性と情報収集能力の高さから、獣害対策にも用いられるようになってきています。イノシシやアライグマなどの被害の原因となる動物の生息地域を調査したり、追い払うための特殊な波動を鳴らしたりするのに用いられています。

現在は、農村などでドローンを操縦できる人材が不足しているため、あまり普及していませんが、今後ますます活用されるようになっていくと考えられます。

ドローンを活用したビジネスの起業方法!大注目の新ビジネスも紹介

ドローンビジネスを起業するためには

ここまで、ドローンのビジネスモデルに関して説明してきました。実際にドローンビジネスで起業するためには、ドローンに関する資格を取得することをおすすめします。ビジネスとしてドローンを扱うとなれば、専門的な知識と高度な操作技術を証明する資格があった方がよいでしょう。ドローンに関する資格には次のようなものがあります。

JUIDA

JUIDAが認定したドローンスクールで取得できる資格には2種類あり、「無人航空機操縦技能証明証」「無人航空機安全運航管理者証明証」があります。JUIDAは国土交通省に認定されている団体なので、十分信用できる証明になるでしょう。

ドローン検定

ドローンに関する知識や操作技術、飛行経験があることの証明になります。国土交通省にドローンの飛行許可申請をおこなう際に、証明書を添付できるなど、さまざまなメリットがあります。1級から4級までの4段階あるので、自分のレベルに合ったものから受験することができます。

ドローンを購入できる場所と機種の選び方

「早くドローンを買って、ドローンビジネスを始めたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。そんな人のために、ドローンが購入できる場所と機種の選び方を紹介します。ドローンを購入する際には、実際に店舗で購入する場合と、インターネットで購入する場合が考えられます。

ドローンを初めて購入するという人には、大手の家電販売店での購入をおすすめします。家電販売店なら敷居も低いですし、お店の人にいろいろ質問をしたり、実際に機体を見たりして納得のいく買い物ができるでしょう。よりたくさんの種類から自分に合ったものを厳選したい、実際に機体を見て選びたい、という人はドローンの専門店での購入をおすすめします。

また、実際に機体を見られなくてもいいから手軽に購入したい、海外から取り寄せたい、という人はインターネットで購入してもいいかもしれません。その際には、説明などをよく読み、本当に自分に合っているか、日本の法律に引っかからないかなどをよく確かめるようにしましょう。

ドローンを選ぶ際に、一番注目したいのが「技適マーク」の有無です。ドローンにかかわる法律に電波法というものがあります。技適マークは総務省が定めた基準を満たしている証拠となるので、電波法に違反しないためにも、必ず技適マークのついている機体を選びましょう。

また、ドローンの重さにも注意が必要です。200g以上のドローンには改正航空法が適用され、違反すると罰金刑が科されてしまいます。航空事務所長や地方航空局長の許可を得れば飛行が可能ですが、さまざまな手続きが必要となります。そのため、最初は200g未満の機体を選ぶようにしましょう。

ドローンビジネスの起業に役立つ本

ドローンビジネスでの成功のためには事前にドローンビジネスの知識を身につけておくとよいでしょう。起業の際に役に立つ本を紹介します。

ドローンビジネス徹底解説 今すぐ使えるドローン活用の実践事例

日本国内だけでなく海外のドローンビジネスの動向をも解説してくれる一冊です。ドローンビジネスの将来的な活躍や、今後の課題についても書かれています。

ドローンビジネス参入ガイド

ドローンビジネスへの参入にあたって必要な基本的知識から、ドローンビジネスの事例まで、非常に充実した内容の一冊です。ドローンビジネスを始めるなら必読といってもいいかもしれません。

まとめ

ドローンを活用したビジネスが注目を集めています。実際に、農業や警備、点検など幅広い分野で活躍を見せています。

ドローンビジネスはアイデア次第で無限の可能性を秘めているともいえるでしょう。今後もドローンの普及が進むにつれ、さらに新しい方向へと広がっていくのではないでしょうか。

ドローンビジネスが急速に成長している今が、起業のベストタイミングだと考える人も多いはずです。すでに起業を考えている方は、この記事を少しでも参考にしてくれたらうれしいです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト