2019.05.20(月)

ドローンを独学で学べるのか?!操縦に必要な知識と技術!

ドローン 独学

ドローンはここ数年で、さまざまな業界に進出してきました。近年ではビジネスの場だけでなく、個人でドローンを飛ばすというケースも徐々に増えてきています。しかし、ドローンを飛行させるのにはさまざまな知識や技術が必要になってきます。

ドローンをこれから飛ばしてみたいという方には「ドローンを独学で学べるのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。この記事では、ドローンを独学で学べるのかどうかについて解説していきます。また、入門におすすめのドローンについてご紹介していきます。

ドローンを飛ばすために最低限必要な知識と技術

ドローンを安全に飛行させるには、ドローンに関する法律の知識が必要になります。ドローンには、航空法や電波法などのほかにもさまざまな法律が関わってきます。これらの法律を知らずにドローンを飛ばして法律違反をしてしまうケースは、ドローン操縦者の増加に伴い増えているようです。

また、初心者が基本的な操作方法を知らずに操縦するのは危険です。万が一、墜落した場合に、人身事故や器物破損にもつながる可能性があります。ドローンを独学で学ぶ場合は、これらの知識や技術をしっかりと知る必要があります。

ドローンを独学で学べるのか?!操縦に必要な知識と技術!

知識・技術不足による法律違反や事故事例

ドローンを飛行させるのに、知識・技術不足の状態でおこなうのは法律違反や事故につながりかねません。この章では、実際に起きたドローンの事故事例について解説していきます。

2015年には、イベント空撮中の業者が無免許運転で摘発される事例がありました。本来、特定の周波数帯のドローンを飛行させる際には専門の資格が必要になりますが、この業者は資格を所有していませんでした。

2017年には、大垣市のイベント会場でドローン墜落するという事故がおこりました。人混みの上空で飛行させていたドローンが墜落し、ケガ人を出してしましました。

ほかにも、許可申請をせずにドローンを飛ばして書類送検されたケースや飛行機と接触したケースなどさまざまな事故があります。ドローンは一歩間違えれば、法律に違反してしまったり、人を傷つける凶器に変わりかねません。事故を起こさないためにも知識と技術をしっかり学びましょう。

しかしドローンを独学で学ぶのは難しいといわれています。次の章では、なぜドローンを独学で学ぶのが難しいのかについて解説していきます。

ドローンの独学が難しいといわれる理由とは

ドローンを安全飛行させるには、知識と技術を勉強する必要があります。なかには独学でドローンを学ぶという方もいますが、ドローン飛行を独学ですべて学ぶのは難しいです。

ドローンの操縦を練習する場合に、まず練習場所として思い浮かぶのが公園・河川敷などのひらけた空間だと思われます。しかし、これらの練習に適した場所はほとんどの場合飛行が法律や条例などにより規制されているため、飛行練習をする機会を得にくいのが現状です。

また、ドローン飛行には航空法以外にも小型無人機等飛行禁止法・道路交通法・民法・電波法などのさまざまな法律が関わってきます。これらの法律を独学で網羅しきるのはかなり大変です。そのうえ法律は内容が変更されたり、新たなルールが追加されることもあるため、それらの変更にも逐一対応しなければなりません。

こういった状況から、ドローンを独学で学ぶのは難しいといえます。

ドローンの操縦技術を独学で磨く練習方法

ドローンの操縦を独学で練習しようと思っても、公園や河川敷のような、練習に適している場所での飛行は基本的に規制されているため思うように練習ができません。ドローン操作を独学で勉強する場合は、ドローン飛行場がおすすめです。ドローン飛行場とは、ドローンを自由に飛行させられる練習場のことです。

ドローン飛行場はインストラクターが常駐している場所もあるので、基礎的な知識を学ぶこともできます。また機体の貸し出しもおこなっている場所もあるため、ドローンを試してみたい人は是非いってみてください。

ほかにも200g以下のトイドローンを活用する方法もあります。トイドローンの飛行は規制がゆるく、飛行練習できるエリアが多いです。また、トイドローンは小型なものが多いため、ドローンによっては室内で飛行の練習をすることもできます。

ドローンの知識を身につけるには「ドローン検定」がおすすめ

ドローンを独学で学ぶのは一朝一夕では成しえません。そのため、目標がないとモチベーションを保つのが難しいです。ドローンの知識を深めつつ、目標を設定するためにもドローン検定を受けてみてはいかがでしょうか。

検定では、ドローンを安全に飛行させるための技術やドローンに関する法律を取得過程で身につけることができます。ドローン検定を取得すると、ドローンに関する技術や知識を保有していることの証明になるため、飛行許可の申請がおりやすくなるメリットがあります。

また、将来的にドローンを仕事にする場合は、ドローンの資格を持っているとクライアントからの信頼につながるため、仕事の依頼を獲得するのに一役買ってくれることでしょう。

ドローンを独学で学べるのか?!操縦に必要な知識と技術!

ドローン入門におすすめの機種

ドローンには、さまざまな種類があってどれがいいのかと悩んでしまうかもしれません。この章では、初心者の方にもおすすめの機種を紹介していきます。

  • ●機体名 Tello
  • ●特徴 重量約80gの超軽量ドローンです。200g未満のドローンは飛行規制がゆるいというメリットがあります。また、軽量なので持ち運びもしやすいです。小型であるため室内で飛行できる、ドローン初心者の練習にうってつけの機体といえます。
  • ●製造会社 Ryze Technology
  • ●機体名 ESPADA
  • ●特徴 アーム可変式のドローンで持ち運び可能な便利なドローンです。気圧センサーで高度を保持してくれるので初心者の方でも安全に操作することができます。またワンタッチで脱着可能なプロペラガードを付属しているので、万が一のときの大事故を防いでくれます。
  • ●製造会社 G-Force Inc.
  • ●機体名 Parrot ANAFI
  • ●特徴 とてもコンパクトで、軽いドローン小型のドローンです。持ち運びがしやすく、モバイルバッテリーなどを使えば外出先でも充電ができます。バッテリー残量の低下時には、自動で出発点に戻る「スマートRTH」機能が搭載されており安全面にも配慮がなされています。
  • ●製造会社 Parrot

ドローンを独学で学んで飛行させる場合は事故を防ぐためにも、自分自身で機体の性能をよく知る必要があります。機能をよく理解したうえで安全に飛行しましょう。

しっかり学びたいならスクールへ!受講のメリット

安全にドローンを操縦するには、さまざまな知識や技術を学ばなければなりません。とくに、資格を取って仕事に活かしたい場合にはより専門的な知識が必要になります。そのため、ドローンを独学で学びきるのは大変困難です。ドローンを独学で学ぶのが難しいと感じたら、ドローンスクールを頼ってみてください。

ドローンスクールであれば、独学では難しい膨大な量のドローンに関する法律についても学びやすいです。また、機会を得にくいドローンの飛行練習もできます。このほかにも、カリキュラム終了時にドローンの資格を取得できるスクールも存在します。

ドローンスクールはドローンを学ぶうえで必須というわけではありませんが、大きな助けになってくれる存在といえます。

まとめ

ドローンの飛行には航空法や電波法など法律の知識が必要になります。また、初心者が操作方法をよく知らないで飛行させるのは事故につながりかねません。実際にドローン飛行中に起きた事故はいくつか存在します。そのため、しっかりとドローンに関する知識を学ぶ必要があります。

しかしドローンを独学で学ぶのは非常に困難です。ドローン飛行練習に適しているエリアは、飛行規制されている場合が多く練習は難しいです。学ばなければならない法律も多く法改正などもあり、独学でそれらについていくも困難です。場合によっては、ドローンスクールを頼るのもいいかもしれませんね。

しっかりと、ドローンに関しての知識を学び、安全な飛行を心がけてドローンを楽しみましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト