2019.03.28(木)

ドローンの電波の種類を学ぼう!知らないうちに違反しないために

ドローンの電波の種類を学ぼう!知らないうちに違反しないために

私たちの身近な存在になりつつあるドローンには、電波が密接に関わってきます。年々普及率があがっていくドローン、2022年に向けてさらに増加してゆく予測も出ています。

知識がない状態で使用する事で、知らずのうちに法律違反をしてしまう場合や他者を巻き込む事故につながる可能性もあります。身近ですが、なかなか学ぶ機会の少ない電波の特徴や用途についてこの記では紹介していきます。

ドローンには電波は大きくわけて2種類ある

ドローンの電波で主要なものは「2.4Hz帯」「5.7~5.8GHz帯」のおもに2つです。電波の特徴をしっかり理解する事で、安心してドローンを操作しましょう。

2.4GHz帯

「2.4GHz帯」は障害物からの影響の受けにくさが特徴です。壁や物の障害を受けにくいため「Wi-Fi」「Bluetooth」「コードレス電話」「無線LAN」など私たちの身近な製品によくつかわれています。しかし電波は干渉しやすいので、ドローンが電波干渉による混信が起こす可能性があるため注意が必要です。

5.7~5.8GHz帯

「5.7~5.8Hz帯」は使われている機器が少ないため、電波干渉を受けづらくなります。直進性が強く情報伝送容量が大きいため「データ通信」「映像受信」によくつかわれますが、「2.4Hz帯」にくらべて通信距離が長くなると電波が弱くなる弱点もあります。また、日本国内では無免許での「5.7~5.8Hz帯」の使用は電波法の違反になります。

ドローンには電波は大きくわけて2種類ある要

5.7~5.8GHz帯を使用する場合に必要な免許と手続き

「5.7~5.8GHz」の使用に必要な免許は、「5.7~5.8GHz」以上の資格が必要 です。ドローンの電波だけではなく、特定の周波数を扱うトランシーバーを扱う際にも必要な資格です。

資格取得試験の申請はインターネット上でも行えます。地方によっては開催頻度が少ないところもありますので注意が必要です。試験内容ですが、インターネット上に過去問題のサイトもありますので、そちらを参考にするか要点をまとめた、参考書をひたすら読み込むのも良いでしょう。

よくあるドローンの電波トラブルと対策方法

ドローンの電波によくあるトラブルとして多いのは、通信の途絶により制御不能になって墜落してしまう事です。バッテリーが残り少ない状態で飛行を続けて通信が安定せずに墜落してしまう事もあります。バッテリー残量をしっかり確認しながら飛行をしましょう。

電波干渉による通信の途絶にも気を付けなければなりません。主に電波干渉の多い場所は「鉄塔」「送電線」「携帯電話基地局」などがあります。この周辺では、ドローンが電波干渉により制御不能になることが多いです。

「技適マーク」についても注意が必要です。「技適マーク」とは電波法で定められた基準を、クリアした製品の証明です。日本国内では技適マークの貼られていない無線機器の使用は電波法で禁止されています。海外から輸入したドローンのほとんどは日本の基準を通ってなく「技適マーク」が貼られていません。知らずのうちに使用して電波法の違反になる危険性もあるため注意が必要です。

電波法違反は1年以下の懲役または100万円以下の罰金

電波違法となった場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。さらに「警察」「消防」「列車」などの重要無線通信を妨害した場合は、5年以下の懲役または250万以下の罰金が科せられます。

ドローンの電波法は複雑で理解しにくいうえに違反すると重い罪に科せられます。しかしドローンの電波法についてどう勉強すればいいかわからない人も多いでしょう。そんな方におすすめなのが「ドローンスクール」です。「ドローンスクール」では航空法、電波法、小型無人機飛行禁止法、民法、など、ドローン飛行に関わる法律が学べます。

ドローンには聞き慣れない様々な専門用語が出てきます。こういった聞き慣れない用語についてもしっかり学べます。

ドローンの操作方法を知らずに飛行させるのは、墜落に事故の原因になり非常に危険です。ドローンの操作には基礎的なことから難易度の高いものもあります。こういった専門的な知識や技術を講師の下にしっかり教われます。

自己流でドローン操作を覚える場合、間違えて覚えてしまったり変な癖がついてしまう事もあります。講師の方の客観的な指摘は操作の上達への近道です。このように「ドローンスクール」で得られるものはたくさんあります。しっかりとした知識を身につけて安全なドローンライフをおくりましょう。

電波法違反は1年以下の懲役または100万円以下の罰金

まとめ

主につかわれるドローンの電波は「2.4Hz帯」「5.7~5.8GHz帯」の2種類です。「2.4Hz帯」の特徴は通信距離の長さです。「5.7~5.8GHz帯」の特徴は使われている機器が少ないため、他の機器の影響を受けにくいことです。

「5.7~5.8GHz帯」の使用に必要な免許は「アマチュア無線技士4級」です。資格取得試験の申請はインターネット上でも行えます。

ドローンは電波通信の途絶によるトラブルが多いです。バッテリーが少ない状態の飛行や電波干渉の多い場所の混信が主な原因です。

「技適マーク」とは電波法で定められた基準をクリアした製品です。ドローンの操作には「電波法」「技適マーク」の知識が必要不可欠です。「ドローンスクール」で学ぶなどをして、安全にドローンを操作しましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト