2019.03.28(木)

ドローン操縦士は測量に欠かせない?!その理由を説明します!

ドローン操縦士は測量に欠かせない?!その理由を説明します!

現在、ドローン操縦士は測量の現場において重要な役割をもった存在となっているのです。今後i-Constructionが進められていくことで、ドローン操縦士は測量になくてはならないものになるかもしれません。

今回はそんなドローン操縦士による測量についてお話ししていきます。測量においてドローン操縦士が求められる技術やその身につけ方など、測量に携わる方はぜひご覧ください。

ドローン操縦士が活躍できる業種

ドローン操縦士は、測量やインフラ点検など多くの産業分野で活躍しています。ここでは、ドローン操縦士の活躍する主な産業を見ていきましょう。

測量

現在日本では、i-Constructionという取り組みが進められています。これは、建設などの現場にICT(情報通信技術)を取り入れることで、より効率的に作業をおこなっていこうというものです。

このi-Constructionの一環として、ドローンによる測量が活用されているのです。ドローンによって建設現場の3Dデータを取得するなどして、作業効率を上げることができるとされています。

インフラ点検

インフラ設備には、高いところや入り組んだところにあるものもあります。そういった設備を人力で点検しようと思うと、複雑な足場を組んだりしなければいけません。時間やコストがかかってしまいますし、転落などの事故が起こる危険もあります。

そこで、ドローンによるインフラ点検が注目を集めています。ドローンであれば足場も必要ありませんし、万が一事故が起きたときの被害も比較的少なく済むでしょう。

農薬散布

ドローンは、農業においても活躍しています。ドローンで農薬散布をおこなうと、作業時間だけでなく、作業者が農薬を浴びてしまう危険も減らすことができるのです。

講師

多くの産業でドローンが活躍することで、ドローン操縦士の需要が増えています。それにあわせ、ドローン操縦士を育成する講師の需要も増えているのです。そのため、後進の育成に注力する人もいます。

ドローン操縦士が活躍できる業種

測量分野におけるドローン操縦士の仕事

測量において、ドローンは主に航空測量を担当します。航空測量とは、上空から撮影した航空写真をもとに測量をおこなう方法のことです。

この航空測量は、地上でおこなう測量と比べてさまざまなメリットがあります。まず最大の利点が、広範囲の測量を短時間で終わらせられることでしょう。地上測量の数倍の早さで測量できることもあるようです。また、がけなどの人が近寄りがたい地形や災害現場などの危険な場所でも、航空測量であれば比較的安全に測量をおこなえます。

一方、ドローンが導入される以前の航空測量では小型航空機を使っていたため、地上測量よりもコストがかかってしまうというデメリットもありました。しかし、この点もドローンの登場によって、かなりコストを抑えられるようになってきています。

もちろんドローンにもデメリットはあります。それは、従来の航空機と比べて撮影可能な範囲が狭く、速度も遅いということです。また、広大な土地を測量する際には途中でバッテリーを交換する必要も出てくるでしょう。したがって、広範囲を測量しようとすると、小型航空機を用いた航空測量よりも時間がかかってしまうのです。

近年ではこの航空測量だけでなく、レーザー測量という方法も使われています。これは、ドローンに搭載されたレーザー機器によって、地上のようすを正確に調査する方法です。航空測量よりも高精度ですが、非常にコストが高いというデメリットがあります。

ドローン操縦士の測量における仕事としては、第一にドローンを安全かつ正確に操縦することです。とくに市街地などの測量では、安全性を強く求められるでしょう。

ドローン操縦士の仕事はドローンを操縦することだけではありません。測量現場では、撮影した航空写真データを整理するのも、ドローン操縦士の仕事であることが多いようです。

測量分野におけるドローン操縦士の仕事

ドローン測量で必要になる知識や資格

ドローン操縦士が測量をする場合、無資格ではいけません。まず、ドローンを使うかどうかに関わらず、測量をするためには測量士や測量士補といった国家資格が必要です。

これらの資格は、資格試験に合格することで取得できます。資格試験の受験資格はないため、だれでも取得が可能です。ただし、試験の難易度は高いといわれているので頑張りましょう。

ドローンを使うことには、基本的に資格や免許をもっている必要はありません。法律などで制限された区域や飛行法でなければ、誰でもドローンを飛ばせます。制限された区間であっても、国土交通省などから許可を得ることでドローンを使用できることもあります。

ただし、ドローンによっては「第三級陸上特殊無線技士」という資格が必要になる場合があります。この資格はドローンを操縦している電波に関するもので、この資格を取得していなければ5.7Ghz帯の電波を使えません。この周波数帯を用いたドローンを使う際には注意しましょう。

ドローンの操縦に関する免許や国家資格はありませんが、民間の資格ならば存在しています。この資格はドローンでビジネスをするのなら、事前に取得しておくことをおすすめします。

ドローンの民間資格のなかには、国土交通省によって認定されたものがあります。これらの資格は、取得していることで国土交通省への許可申請書類が一部免除されることがあるのです。国土交通省への許可申請は、航空法による規制下でドローンを飛ばす際に必ず必要になるので、資格を取得しておいて損はないでしょう。

カリキュラム豊富!ドローンスクールを活用しよう

ドローン操縦士として測量に携わるためには、しっかりとした技術や知識を身につけることが必要です。それらの技術などは独学で身につけることもできますが、ドローンスクールを受講するという方法もあります。

ドローンスクールには、さまざまなカリキュラムが用意されています。趣味でドローンを使うという人はもちろん、ドローンを測量に使おうという人に向けたカリキュラムも開講しているのです。

測量にドローンを使う場合、航空写真の撮影や3Dデータの作成など、一般的なドローン操縦士には必要でない技術を習得しなければいけません。そのため、専用のカリキュラムのあるスクールの受講をおすすめします。

ドローンスクールの専用カリキュラムを受講することで、専門性の強い技術も身につけられるでしょう。また、ドローンスクールではドローンの民間資格の取得も可能です。

まとめ

ドローン操縦士の活躍する産業は、幅広く多岐にわたっています。とくに測量では、i-Constructionという取り組みによってICTの導入が進められており、実際の現場でもドローンが使われています。

ドローン操縦士として測量に携わるためには、ドローンの知識だけでなく測量の知識も必要です。測量士や測量士補などの資格がなければ、そもそも測量できないので注意しましょう。ただし、ドローンの操縦には資格などを取得する必要はありません。

ドローン測量の技術や知識を身につけるためには、ドローンスクールを受講するとよいでしょう。とくに測量専用のカリキュラムがあるスクールをおすすめします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト