2019.03.26(火)

ドローン操縦士になるにはどうすればいい?認定資格や勉強方法を紹介

ドローン操縦士になるにはどうすればいい?認定資格や勉強方法を紹介

ドローン操縦士は、現在さまざまな産業分野で活躍しています。今後もドローン市場は拡大していくと予想されており、ドローン操縦士の需要も拡大していくことでしょう。

しかし、ドローン操縦士のなり方を知らない人も多いのではないでしょうか。実は、ドローン操縦士には免許や国家資格などはないのです。

今回は、ドローン操縦士の活躍する分野やドローン操縦士へのなり方を紹介します。ぜひ自分にあった方法でドローン操縦士を目指していきましょう。

ドローン操縦士が活躍している主な産業分野

ドローン操縦士は、現在さまざまな分野で活躍しています。ドローン操縦士のなり方を考える前に、まずそれらの産業分野について知りましょう。

測量

測量には、地上にいる測量技師による測量だけでなく、上空から撮影した写真をもとに測量をおこなう方法もあります。従来は小型の航空機などを用いていましたが、ドローンを用いることでより手軽に航空写真を撮影できるようになりました。また、小型航空機よりもドローンのほうが低空からの撮影ができるので、より高解像度な写真を得られるのです。

農業

農業において、ドローンは農薬の散布に使用されます。人力での散布よりも効率がよく、農薬が人体にかかってしまうことも少ないという利点があります。

点検

交通インフラの点検などでは、高所での作業をしなければいけないことがあります。足場を組んでの作業には時間もコストもかかりますし、落下事故の危険もあるでしょう。そこで、ドローンが点検に使われています。

このように、ドローン操縦士にはさまざまな需要があります。今後もドローン操縦士の需要がなくなってしまうということはないと考えられるでしょう。

ドローン操縦士が活躍している主な産業分野

ドローン操縦士に免許や国家資格は必要ない

ドローン操縦士になるには、免許や国家資格などは必要ありません。しかし、民間団体が発行する資格は存在します。

民間資格を取得していなくてもドローン操縦士を名乗ることはできます。しかし、ドローン操縦士になるには、資格を取得しておいたほうがいいでしょう。なぜなら、民間資格にはいくつかの利点があるからです。

民間資格の一部は、国によって内容が認められており、保持者の能力や技術を十分証明できます。そのため、このような民間資格を所持していると、国土交通省への許可申請をおこなう際に必要書類が免除されることがあります。

ドローン操縦士として仕事をするうえで許可申請が必要な場面は多いでしょう。したがって、その手間を省ける可能性がある、というのは資格を取得する大きなメリットです。また、ドローン操縦士としての腕前を簡単に証明できることは、ドローンビジネスにおいても便利なはずです。

ドローンの民間資格にはいくつかの種類があります。これは、民間資格を認定している団体がいくつかあるためです。

代表的な認定団体としては、DJI CAMPやドローン検定などがあります。それぞれ資格の取得に必要な技能などに違いがあるので、自分に必要な技能を検討したうえで選ぶとよいでしょう。

ドローン操縦士に求められる技術と知識

ドローン操縦士になるには、知識や技術を身につける必要もあるでしょう。とくにドローンをビジネスに使う以上、法律に関する知識は重要です。

機体重量が200g以上のドローンを屋外で飛ばす場合、航空法という法律によってその飛行は制限されます。たとえば、人口集中地区(DID地区)と呼ばれる地域ではドローンを飛ばしてはいけません。ほかにも、「人や物から30m以上離して飛行しなければならない」「夜間に飛行してはならない」といったさまざまな規制があります。

こういった規制のもとでドローンを飛ばしたい場合、国土交通省へ許可申請をする必要があります。また、空港の近くなどを飛行させる場合には国土交通省ではなく空港事務所への申請が必要です。

このように、ドローンに関する法規制は多岐にわたり、また許可申請も複雑です。これらの知識をしっかりと身につけて初めて、ドローンを市街地などで飛ばせるようになるのです。

もちろん、ドローン操縦士に必要なものは知識だけではありません。ドローンを的確に操縦する技術も大切です。

ドローン操縦士として仕事をするうえで、ドローンを精密に動作させなければいけない場面は多いでしょう。ドローンを趣味に使う人よりも、ドローン操縦士のほうが高い操縦技術が必要であろうことは想像に難くありません。

安全にドローンを飛ばすことも非常に大切です。すぐに墜落してしまうようでは、ドローンを使って仕事をすることなどできないでしょう。

ドローン操縦士に求められる技術と知識

自分に合った勉強方法でドローン操縦士を目指そう

ドローンに関する知識や操縦技術を身につけるためには、独学とドローンスクールの大きくふたつの方法があります。ドローン操縦士になるには、どちらのほうがよいのでしょうか。

独学で学ぶ最大のメリットは、比較的お金がかからないことでしょう。また、自分のペースで練習を続けられるのもメリットだといえるかもしれません。

しかし、独学でドローンを学ぶ場合、自分で練習場所を確保しなければならないという問題があります。初心者はドローンの飛行許可を得られませんので、航空法などで規制されない場所で練習することになります。しかし、そのような場所を見つけるのは困難です。

一方、ドローンスクールでは屋内やDID地区外などのドローンを飛ばせる場所を用意してくれます。また、講師の方に教えてもらえるので、より高い技術や知識を身につけることもできるでしょう。スクールによっては民間資格を取得できるのも見過ごせません。

ただし、ドローンスクールを受講する場合受講料がかかってしまいます。また、場所や時間が縛られてしまうので、通いにくい方もいるでしょう。

独学にもドローンスクールにも、それぞれのメリットやデメリットがあります。よく検討して、自分に合った方法でドローン操縦士を目指しましょう。

まとめ

ドローンは現在、さまざまな産業分野で活躍しています。今後もドローン操縦士には需要があると考えられます。ドローン操縦士には、なるために必要な国家資格などはありません。そのため、免許や資格がなくてもドローン操縦士を名乗ることはできます。

しかし、ドローン操縦士になるには民間の資格を取得しておいたほうがいいでしょう。これは、民間資格が自分の技術や知識を証明するために利用できるからです。

ドローン操縦士に必要な技術や知識を身につけるには、独学やドローンスクールで勉強する必要があります。それぞれメリットやデメリットがあるので、自分にあった方法でドローン操縦士を目指してください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト