2019.03.28(木)

ドローン操縦士なら副業をしてみよう!方法や見つけ方、磨くスキル

ドローン操縦士なら副業をしてみよう!方法や見つけ方、磨くスキル

近年、ドローンは急速に普及を広めています。趣味では、ドローンレースなどが盛り上がりを見せているのです。しかし、趣味だけでなく仕事の分野でもドローンは利用されています。このようなことから「ドローンを始めてみたい!」「ドローンの仕事をしてみたい」と、考える方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はドローンの仕事をしてみたいという方に向けて、農業や測量とは違う「ドローン操縦士×副業」の関係をお話しします。主な内容は副業の内容や仕事の見つけ方、副業をするならどんなスキルが必要なのか、などです。ドローンの仕事に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンで副業は可能?主な仕事内容

ドローン操縦士での副業は可能であり、すでに副業としてはじめている方もいます。ドローンでいきなり起業するのは、リスクをともないます。なぜなら、ドローンは仕事のツールとして有効であるため、ドローンのみで起業して収入を得るのはむずかしいのです。そのため、ドローン操縦士になれたからといっていきなり起業するよりも、ドローン操縦士を副業にするほうがよいかもしれません。

ドローン操縦士の副業の内容は、主に空撮です。ドローンで空撮映像を撮って、販売する、もしくは空撮を依頼されることで収入を得るというのが、ドローンを使った副業の内容です。

空撮するのは、イベントなどが開かれたりした場合に上空からの様子を撮影したり、自治体や企業などの団体からプロモーションビデオの依頼を受けたりしたときなどでしょう。ほかにも、家庭の屋根、施設のソーラーパネル、ダムなどのインフラ設備を確認・点検する目的で仕事の依頼を受けることがあるそうです。また、災害時の情報調査でもドローン操縦士の需要が高まるので、空撮を依頼されることもあるでしょう。

ドローンで副業は可能?主な仕事内容

ドローンの仕事を見つける方法

ドローンを副業として活用する場合、気になるのは「仕事をどうやって見つけるの?」という疑問ではないでしょうか。仕事をはじめようと思っても、仕事の見つけ方がわからなければ仕事をスタートさせることができません。

一般的に仕事を見つける方法は「マッチングサイト」や「求人サイト」から仕事を探す方法があります。マッチングサイトや求人サイトは、すでに案件が出ている仕事を受ける場合や依頼主を探す場合に有効な方法かもしれません。

ほかにも「クラウドソーシング」という方法もあります。クラウドソーシングとは、業務を外注に頼むアウトソーシングの一種と考えるとよいでしょう。クラウドソーシングもアウトソーシングと同じように業務を外注に頼むのですが、不特定多数の業者に依頼をして契約をするという方法なのです。クラウドソーシングを展開しているサイトに登録することで、業務を確認できます。

また、おすすめなのは「自分のサイト」を作って、仕事を募集する方法です。自分のサイトであれば直接依頼のやり取りをするため、成果物の質が高い、仕事が早いなどの付加価値をつけることで、再度指名を受けたりするかもしれません。

ドローン操縦士で副業をはじめるのであれば、これら方法があります。ほかにも、ストックフォトや動画サイトへの投稿で稼ぐことも可能です。そこで、次からはストックフォトや動画サイトへの投稿という方法の副業について解説します。

ストックフォトや動画サイトへの投稿で稼ぐ方法も

依頼された空撮をおこなうだけが、ドローン操縦士の副業だけではありません。自分が撮影した映像をいかす方法でも、副業にすることが可能です。「ストックフォト」という言葉をご存じでしょうか。ストックフォトとは、よく見かけるシーンや利用されそうな場面を写真の素材として有料で販売する方法です。

ストックフォトを管理するサイトなどに、自分が撮影した映像を載せて、売れれば収入になります。そのため、利用される確率が高い写真を載せるなどして、販売数を増やすことが重要です。依頼される副業とは違い、自分が今まで撮ってきた映像を提供するというやり方でもおこなえるので、副業としても人気の方法です。

自分が撮影した映像を活用する方法であれば、ストックフォト以外にも「動画投稿サイトへ投稿」するという方法もあります。動画投稿サイトへ映像を投稿し、再生数が多いほど高収入を得られます。人が見たくなるような映像を投稿するのが、ポイントとなるでしょう。

副業は空撮といえ、「マッチングサイト」「求人サイト」「クラウドソーシング」「自分のサイト」「ストックフォト」「動画投稿サイト」など、多様な方法があります。自分が依頼主の要望に応えたいのか、自分が撮影してきた映像をいかしたいのか、などの方向性によって方法が異なるでしょう。自分がどういう形で働きたいのかを考えて、最適な方法を選ぶようにしてください。

ストックフォトや動画サイトへの投稿で稼ぐ方法も

ドローンで副業するにはスキルが重要

ドローン操縦士として副業するのであれば、副業のやり方よりもスキルのほうが重要かもしれません。たとえば、自分のサイトを立ち上げて仕事を請け負う場合、映像の質が低ければもう一度同じ依頼主から依頼されることがないおそれもあります。また、ストックフォトや動画投稿サイトを使うとしても品質が低ければ、販売数や再生数は伸びないでしょう。

依頼された業務をおこなう場合でも、自分が撮影してきた映像を活用する場合でも、映像の質を上げるにはクリエイティブなスキルが必要になるでしょう。このようなスキルは一朝一夕で身に着くものでなく、磨いていくものです。

自分自身で撮影を何度もおこなって磨く方法もありますが、独学よりも他者の視点を得ながら磨くほうがよいのではないでしょうか。他人の視点も得ながらスキルを磨くのであれば、ドローンスクールに通うことがおすすめです。

スクールでは、空撮イベントを開催していることがあるため、ほかのドローン操縦士と意見を交換できる貴重な機会です。そのような場はなかなかないので、有効に活用できるとスキルを磨くことにつながるでしょう。

また、スクールのメリットは操縦スキルも磨けることです。映像の質を上げるためには、安定したホバリングや高度な操縦スキルが必要になるでしょう。スクールなら、講師から直接操縦スキルを教えてもらえますし、疑問があったときにもすぐに確認することが可能です。そのため、操縦スキルも磨くことができるのです。

さらに、空撮できる場所を広げるためにも、スクールでドローン資格を取得しましょう。本来であれば、飛ばすことができないイベント上空や都市などで、ドローンを飛ばせるかもしれないのです。これらの場所でドローンを飛ばす場合は、国土交通省へ申請をして許可・承認を得る必要があります。

資格を持っていると申請書類の一部が免除になったり、資格を添付したりできます。そのため、国土交通省へ申請が通りやすくなるといわれているので、仕事の幅を広げるためにも取得しておいて損はありません。

まとめ

ドローンの仕事をはじめるのであれば、まずは副業からはじめるとよいのではないでしょうか。ドローン操縦士として副業するのであれば、マッチングサイトやクラウドソーシング、ストックフォトを活用するなどの方法があります。

ドローンを副業にするのであれば、多様なスキルが求められます。スキルを磨きたいのであれば、ドローンスクールを活用してみましょう。

スクールで開かれる空撮イベントなどに参加することで、他者の視点から映像を判断してもらえる貴重な機会を得られます。また、操縦スキルも磨けますし、ドローン飛行の幅を広げられるドローン資格も取得できます。一度、検討してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト