2019.04.02(火)

ドローンスクールの選び方を解説!コースの解説とスクールの見つけ方

ドローンスクールの選び方を解説!コースの解説とスクールの見つけ方

ドローン初心者の方や仕事でドローンを使う予定の方には、ドローンスクールを検討している方もいるでしょう。しかし、なかには「スクールが多すぎてどう選べばいいの?」と疑問を抱いているかもしれません。スクールには受講費用がかかるため、後悔がないように慎重に選びたいのではないでしょうか。

そこで、今回は「ドローンスクールの選び方」について解説します。スクール選びの基本や受講コースごとの特徴、スクールの見つけ方などをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。スクールを正しく選んで、理想のドローン操縦士を目指しましょう。

自分にとって最適なドローンスクールの選び方

ドローンスクールの選び方にとって、重要なのはスクールに通う理由です。大きなくくりでいえば「ドローンを操縦できるようになりたい」という思いでしょう。しかし、スクールを選ぶ際にはもっと具体的な目的が必要になります。

たとえば、個人の趣味目的なのか、仕事目的なのか、仕事目的ならどの分野での飛行を予定しているのかなどをあらかじめ把握しておくことが重要です。それによって、スクールや受講コースが変わってきます。

また、自身の都合とあっているのかも選ぶうえでは重要です。そこでしか開講していない受講内容であったとしても、校舎が遠方であると通えないことがあります。そのため、スクールの所在地であったり、合宿プランがあったりするのか、などをチェックしましょう。

ほかにも、受講期間が何日なのか、機体を持っていない場合はレンタルが可能なのか、受講日程が都合とあっているのか、などを確認しましょう。費用もスクールによって異なります。目的に沿っていたとしても、すぐに「ここのスクールにしよう!」と決めるのではなく、スクールを比較して選ぶようにしましょう。スクールによっては、紹介や早割などの割引サービスをおこなっている場合もあります。

自分にとって最適なドローンスクールの選び方

ドローンを始めて学びたい人向け!初心者向けコースについて

これから、ドローンデビューという初心者の方、仕事や趣味などの目的は後から考えたい方などは、初心者向けコースを選ぶとよいのではないでしょうか。初心者向けのコースでは、ドローンの操縦に必要な基本的なスキルを勉強します。操縦スキルや知識も基本的な内容で、安全なドローン飛行に必要なことを学ぶのです。

また、スクールによってはフリーフライトコースなどの自由に操縦練習ができるコースもあります。飛行実績のために操縦練習だけしたい方にはこういった操縦練習だけのコースもおすすめです。

ほかにも、体験コースも初心者にはいいかもしれません。体験コースは、スクールに通うことやドローンをお試ししたいという方に向いています。初心者向けのコースの場合は、機体がレンタルできることが多いため、自分で機体を準備する必要はありません。

ただし、ドローンスクールの選び方を間違えないようにしましょう。多くのスクールは体験コースを開講していますが、なかにはやっていない場合もあります。そのようなスクールでは、説明会などが開かれていることがあります。スクールについて詳しく知りたい方は説明会に参加し、ドローンを試してみたい方は体験コースを受講しましょう。

ドローンをビジネスで活用したいなら!認定証のあるコースを選ぶ

ドローンスクールの選び方としても、よく耳にするのが「ドローン資格」を取得できるかどうかです。ビジネスでドローンを活用したいなら、ドローン資格は取得しておいて損はないでしょう。

ドローン資格は、操縦士のスキルを証明できる唯一の資格です。また、資格保有者は国土交通省へ飛行許可申請をおこなうときに、一部の書類が免除になるケースがあるため、申請の負担が少なく、申請も通りやすいといわれています。

仕事でドローンを飛ばす場所が、人口が集中している地区(通称:DID地区)であったり、空港周辺であったりする場合は国土交通省への申請が必要です。ほかにも、建物にドローンが隠れて飛行させることがあると、目視外飛行に該当するおそれがあります。目視外飛行も、国土交通省へ申請が必要な飛行方法です。

そのため、仕事でドローンを飛ばす場合には、多くの用途に対応できるようになるため、ドローン資格を持っておくとよいとされています。ただし、すべてのスクールで取得できるわけではありません。

資格発行団体(DPAやJUIDAなど)が認定しているスクールでのみ、資格取得のチャンスがあります。また、資格認定を受講コースに盛り込んでいる場合もあるので、スクールやコースを選ぶ際には確認しましょう。取得できる資格については、こちらの「ドローンの資格を取るメリットはたくさん!主な認定団体を紹介」で解説していますので、あわせてお読みください。

ドローンが農業を変える!農業用ドローンが学べるコースを選ぶ

農業では、近年ドローンを利用することが増えています。そのため、農家の方や農業関連でドローンを飛ばす方は、ドローンスクールの選び方も少し工夫しましょう。農薬散布コースやスマート農業コースなどの、農業に特化したコースを展開しているスクールを選びましょう。

従来の農薬散布は、農家が農薬を背負って散布する方法で、土地が広いときにはヘリコプターで農薬散布がおこなわれていました。しかし、農家の負担や肉体的疲労の点、ヘリコプターではコストが高すぎる点、などの理由からドローンによる農薬散布に切り替える方が増えてきました。ドローンは、農家の負担が少なく、費用も比較的に安く済ませられます。

また、ドローンは農薬散布以外にも、土壌や作物の状態を空撮によって簡単に確認できます。このようなメリットから、農業でのドローン利用が増えているのです。

農業目的と決まっているのであれば、農業でのドローン活用に特化したコースを受講すると、現場で飛ばす際にも安心できるでしょう。さらに、農薬散布は物件の落下、危険物の運搬という航空法で規制されている飛行方法に該当するおそれがあります。そのため、農薬に特化したコースを選ぶだけでは不十分かもしれません。国土交通省への申請に役立つドローン資格が取得できるスクールやコースを選ぶのも大切です。

ドローンが農業を変える!農業用ドローンが学べるコースを選ぶ

ドローンレースで駆け抜ける!FPV飛行が学べるコースを選ぶ

ドローンレースには、FPVレースという種類があります。FPVとは、ドローンを直接見ながら操縦するのではなく、モニターやゴーグルにドローンが撮影した映像をもとに操縦する方法です。モニター越しにドローンを操縦するため、操縦士自身がドローンに乗り込んで操縦しているような感覚を味わえます。そのため、レースでの迫力を直接的に体験できるのです。

FPV飛行はドローンを見ながら操縦するわけではないので、目視外飛行という飛行方法に該当します。目視外飛行は、ドローンを直接見て操縦しないので事故の危険性が高く、操縦スキルがより必要になるのです。

そのため、FPV飛行などの目視外飛行の練習をしたい方は、ドローンスクールの選び方も気をつけましょう。スクールで展開されているコースの多くは、目視外飛行に対応していません。とくに目視外飛行に特化したコースでは安全な環境で練習できるので、FPV飛行を希望する場合にはコース選びも慎重におこないましょう。

また、目視外飛行も国土交通省への許可がなければできない飛行方法です。そのため、資格もスクールで取得することをおすすめします。

近くのドローンスクールはどうやって見つける?

ドローンスクールの選び方で気になることには、「どうやってスクールを見つけるのか」ということもあるでしょう。スクールの選び方がわかっても、そもそも見つけ方がわからなければ、意味がありません。

資格目的で取得する場合は、資格発行団体から地域ごとの認定スクールを調べることができます。資格取得が可能、ビジネス向けのコースがある、などよりも近くのスクールを知りたいという場合は、マッチングサイトを利用すると便利です。

マッチングサイトでは、コース別や地域別などからスクールを調べられます。また、多くの場合はコースごとにかかる費用が掲載されているので、費用の比較も簡単にできます。マッチングサイトの利点は、比較が簡単にできることなのです。

さらに、最近では自動車学校がドローンスクールを開校している場合があります。自動車学校が保有する敷地を有効に活用する観点から、ドローンコースを開講しているケースが多いようです。自動車学校のドローンスクールによるメリットは、教えるのが上手な点でしょう。

長年の講師経験によるノウハウがあるので、生徒が困っていることなどを瞬時に見極めて対応してくれます。教え方が上手なほうがいいという場合は、お近くの自動車学校を調べてみるのもひとつの手段かもしれません。

まとめ

ドローンスクールの選び方についてお話してきました。スクール選びのポイントや目的に合わせたコースについて解説しましたので、実際に選ぶ際の参考になるのではないでしょうか。

スクールにはある程度の費用がかかるので、後悔がないように慎重に選びましょう。そのためにも、コラムを参考にして自分の都合にあったスクールを選ぶことが重要になります。多くのスクールを比較するのは大変なので、マッチングサイトを活用すると便利です。

マッチングサイト内で比較することもできますし、スクールに連絡することも可能です。よろしければ、活用してみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト