2019.03.26(火)

ドローンスクールの費用は目的が左右する?費用を抑えるコツも伝授!

ドローンスクールの費用は目的が左右する?費用を抑えるコツも伝授!

これから、ドローンデビューを果たそうとしている方のなかには、ドローンスクールで必要なことを学ぼうと考えている方もいるでしょう。ドローンスクールは数多くあるため「どこのスクールを選べばよいのかわからない……」という方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はドローンスクールを選ぶ際にも重要となる「費用」を中心にお話しします。ドローンスクールの費用が知りたい、費用を少しでも安く済ませる方法が知りたいという方は、ぜひご一読ください。

ドローンスクールの費用は目的によって決まる

数多くのドローンスクールがあるため、かかる費用も大きく変わってきます。しかし、一般的にはドローンスクールの費用は、目的によって決まると考えてよいでしょう。たとえば、飛行練習を目的としてスクールに通うのであれば、比較的、費用は安いです。しかし、専門コースや初心者向けコース、あるいは、資格取得可能コースなどの場合は、費用が高くなるようです。

そのため、スクールに通う目的を明確にしておくことがドローンスクール選びでは重要です。個人の趣味としてドローンを飛ばすのか、仕事でドローン活用できるようにするためなのか、などの目的を考えておきましょう。仕事であれば、どの分野で利用するのかも決めておくと、分野に特化した専門コースを受講できます。

スクールはある程度の費用が必要になるので、通うかどうか迷っている方も多いでしょう。そこで、スクールに通うことをおすすめする方をご紹介します。

まずは、初心者の方です。ドローンを飛ばすために必要な操縦技術や知識などをまとめて勉強できるのでおすすめです。同じ理由から仕事でドローンを飛ばす方にもおすすめできます。スクールに通えば、まとまった期間や平日・土日などの都合に合わせて勉強できるので、ビジネスマンにもおすすめです。

それ以外にも、個人の方にもおすすめできます。ドローンを趣味としている場合、自身のスキルが上がるほど、いろいろな場所や用途でドローンを飛ばしたくなるでしょう。飛行方法や場所によっては、国土交通省などの許可が必要になります。その許可申請の際に役立つドローン資格を、スクールで取得することが可能なのです。そのため、幅広い方法・場所でドローンを飛ばしたいという個人の方にもおすすめです。

ドローンスクールの費用は目的によって決まる

ドローンスクールの基本的な費用内訳

ドローンスクールの費用は、数万円~数十万円することが多いです。費用には、法律や機体の仕組みを勉強する座学で活用するテキスト代が含まれています。ほかにも、費用の高いコースの多くはドローンのレンタル費用が含まれているケースが多いようです。逆に費用が安い場合、ドローンのレンタル費用が別途必要になることがあります。

また、ドローンのレンタル費用が無料となっているスクールの場合は、保険料も受講費に含まれていることが多いです。別途レンタル費用が必要なケースは、保険料も別途かかることがあります。

さらにスクールでは、自宅練習用の室内ドローンが受講費に含まれている場合もあります。ドローンを一機プレゼントしてくれると考えると、受講費が高くてもうれしいと感じる方もいるでしょう。

資格取得ができる受講内容の場合は、受講費に試験代が含まれていることが多いようです。ただし、資格発行費は含まれていないケースが多いので、別途発行費が必要になるでしょう。

スクールの費用の内訳に関しては、各スクールのHPなどで確認できます。しかし、内訳のすべてが載っているわけではないので、詳しく知りたい方はスクールに問い合わせることをおすすめします。

ドローンスクールは通わないとダメ?独学で十分?

ドローンスクールは、操縦士になるために絶対に通わないといけないというわけではありません。ドローンは自動車免許のような操縦に必須の免許がないため、スクールに通う必要はないのです。操縦技術や知識に関しては、独学で身につけることも可能です。

ドローン資格に関しても独学で取得できるものもあります。ドローン検定などは、その代表例といえるでしょう。

しかし、独学とは違い講師が常に近くにいる環境で学ぶことで、疑問をその場で解決することができるのがドローンスクールの強みです。また、一定期間内でドローンを操縦できるようにしようと思うと飛行場所にこまることがあります。

ドローンが200g以上の場合は航空法の規制対象となるため、飛行場所などが制限されてしまいます。都市などの人口が多い地区では、ドローンを飛ばすためには国土交通省から飛行許可を得る必要があるため、自由に機体を飛ばせません。そのため、練習場所にこまることがあるでしょう。しかし、スクールであれば屋内外の練習施設によって天気や住む場所を気にせずに練習が可能です。

さらに、一部の資格はスクールでしか取得できない資格というのもあるのです。DPAやJUIDAなどの一部の資格は、団体が認定しているスクールで所定の講習を受講した方しか資格発行の手続きができないとされています。

しかし、資格取得向けの受講コースは費用が高いことが多いです。そこで、次はドローンスクールの費用を抑えるコツについて解説します。

ドローンスクールに費用を抑えて通うコツ

ドローンスクールの費用は数万円~数十万円するため、費用が高いことで通うことを諦めている方もいるのではないでしょうか。しかし、スクールの選び方を工夫したり、利用できる支援制度を活用したりすると、費用を安く済ませることができるかもしれません。費用が安くなれば、通うことをためらっていたスクールにも通いやすくなるでしょう。

まず、大切なことがスクールを比較することです。同じような受講内容や支援サービスが整っているとしてもスクールによって必要な費用は異なります。スクールは、至る所にあるので、スクール同士を比較して費用が安い方を選ぶのも費用を抑えるコツです。ただし、機体レンタルサービスが無料でなくなるなどの違いがあるかもしれないので、安直に安いスクールを選ぶのは避けた方がよいかもしれません。

また、スクールによっては割引サービスを展開している場合があります。スクールの紹介制度や早割などのサービスがあるスクールなら、費用を抑えることができるのです。ほかにも、無料説明会などに参加すると、実際の受講費が安くなるというサービスを展開しているスクールもあります。

さらに、ビジネス目的でスクールに通う方は、国の支援制度を活用できる場合があります。ドローンの導入に補助金や助成金が使えることを知っている方は多いかもしれません。しかし、人材を育てるという目的のため、ドローンスクールに通う場合にも「人材開発支援助成金」などの利用できる支援制度があるのです。

これらの方法を活用すると、スクールで必要な費用を抑えることができます。よろしければ、参考にしてみてください。

ドローンスクールに費用を抑えて通うコツ

まとめ

ドローンスクールの費用はスクールに通う目的で大きく異なるため、目的を明確にしてから選ぶとよいでしょう。コラム内のスクールに通うことをおすすめする人なども、参考にスクール選びをしてみてください。

スクールの受講費には、テキスト代などが含まれている場合が多いです。受講費が高い場合は、資格試験代や機体のレンタル費などが含まれているケースがあります。詳しくは、各スクールに確認することをおすすめします。

費用を少しでも安く済ませようと考えるのならば、スクールを比較してみたり、割引サービスがあるかを確認してみたりしましょう。また、補助金や助成金などの支援サービスなどが活用できる場合もあります。本コラムが、ドローンスクールの費用を抑えるのに役立てば幸いです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト