2019.03.26(火)

ドローンスクールではどんなことが学べる?通うべき人についても

ドローンスクールではどんなことが学べる?通うべき人についても

ドローンが世間的に広まったことで、新たにドローンデビューをしようかと考えている方もいるのではないでしょうか。ドローンを操縦できるようにするには、独学とドローンスクールで勉強するという2つが主な方法です。そこで、今回はドローンスクールのほうに着目してお話しします。

スクールに通うことをおすすめする人、ドローンスクールで学べること、費用のお話など、ドローン初心者が知りたいスクール情報をまとめて解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

ドローンスクールに通うべき人はどんな人?

まず、ドローンスクールに通うことをおすすめする人は初心者の方です。機体についての知識や操縦の技術が全くない状態でドローンを飛ばすのは危険かもしれません。墜落させてほかの方にケガをさせてしまうことや規制されている飛行方法や場所で飛ばして違反をすることが考えられます。そのため、必要な知識や操縦技術をまとめて学べるドローンスクールがおすすめなのです。

つづいては、ドローンを仕事で使う場合です。仕事で使う方の多くは、現在の職場で利用するケースではないでしょうか。そうなると、仕事の都合でドローンに必要なことを学ぶ時間を確保するのもままならないかもしれません。スクールであれば、必要なことを短期間で学べますし、土日や夜間などの日程にも対応してくれる場合があります。

ドローンの技術が求められる仕事

ドローンを仕事で使う場合、起業するという場合もあるでしょう。そのような方に向けて、ドローンが活用されている分野を一部ご紹介します。

ドローンが活用されている分野の代表例には「農業」「測量」「点検」などがあります。これらは、従来の作業方法よりもドローンを活用したほうが費用コストを抑えられたり、作業効率が向上したりするようです。

また、今後は物流や警備などの分野でも活躍が期待されています。ドローンの普及が広まれば、ドローン管制などの新たな仕事が生まれるという意見も出ているので、仕事の数は今後もっと増えていくでしょう。

ドローンの技術が求められる仕事

ドローンスクールで学べること

ドローンスクールでは、ドローンに関する知識全般が学べます。たとえば、ドローンの仕組みや法律などです。ドローンは数多くの部品で構成されていること、屋外で飛ばすことが多いこと、などの理由から日頃のメンテナンスが重要といわれています。

メンテナンスを自身でしようとすると、ドローンに使われている部品や仕組みの知識が必要となるでしょう。これらの知識もスクールであれば、学ぶことができます。

また、法律に関しては、独学よりもスクールなどで講師から直接教わることをおすすめします。法律は、法改正によって内容が適時変化していきます。そのため、スクールなどの専門的な場所で学ぶ方が、最新動向を知ることができるでしょう。独学で法律を勉強したとしても誤った法解釈をしてしまえば、違反飛行をしてしまうおそれもあります。そのため、正しい法解釈を学ぶことが重要なのです。

ドローンスクールでは、知識だけでなく操縦技術も取得できます。講師から直接教わることで、質問や相談がしやすい環境がスクールにはあります。また、多くの講師は現場経験があるそうなので、実際の現場で得たノウハウを学べるチャンスにもなるのです。

ドローンスクールで取得できる資格

知識や操縦技術を身につけるためだけに、ドローンスクールがあるわけではありません。多くのドローン操縦士がスクールに通うのは「ドローン資格」が取得できるからです。ドローン資格は、飛行方法や場所によって必要な政府機関などへの申請時の手続きを簡略化できるなどのメリットがあるのです。

そのため、ドローン資格取得を目的にしてスクールに通う方も多いようです。ただし、すべてのスクールで取得できるわけではなく、資格発行団体が認定しているスクールでのみ取得チャンスを得られます。資格発行団体については、以下を参考にしてみてください。

JUIDA

産業へのドローン活用などを目的として設立された団体です。取得できる資格は「無人航空機操縦技術証明証」と「無人航空機安全運航管理者証明証」です。企業内でドローンの安全運航を監督するような立場を目指す場合などは、安全運行管理者証明証を取得するとよいかもしれません。

DPA

ドローン操縦士の成長などを目的とている団体です。DPAで取得可能な資格は「操縦士資格」と「インストラクター資格」の2種類です。加えて「整備士資格」の制度も現在検討されています。ドローンを教える立場を目指すのであればインストラクター資格を、メンテナンス立場を目指すなら整備士資格を将来的には取得するとよいのではないでしょうか。

DJI JAPAN(株)

DJI JAPAN(株)とは、ドローンの大手メーカーであるDJIの日本支社です。企業からもドローン資格が発行されており、DJIが実施する試験に合格すると資格が取得できます。ここで取得できる資格も、申請手続き時に役立てることが可能です。

ドローンスクールの通学費用相場

ドローンスクールに興味がある方のなかには、費用がどれくらい必要なのかを知りたいという方もいるでしょう。一般的にドローンスクールでは、数万円~数十万円の費用が必要といわれています。ドローン資格が取得可能な受講コースの場合は、費用が高いことが多いようです。

ドローンスクールでは、初心者向けや仕事への活用する方向けなどの幅広い受講コースが用意されています。仕事でドローンを扱うためにスクールに通う方は、農薬散布コースや災害調査コースなどの専門コースを活用すれば、現場において必要なことを勉強することができるでしょう。

ドローンスクールはどう選ぶ?

ドローンスクールの選び方で、もっとも重要なのは目的に沿っているかどうかです。ドローン資格を取得することが目的であるのに、近くのスクールを適当に選んでしまったら資格取得ができないかもしれません。そのため、目的に沿ったスクールを選ぶことが重要なのです。

スクール選びに迷った方は、こちらの「ドローンスクールがおすすめの人とは?スクールのメリットや選び方」を参考にしてみてください。また、ほかにもマッチングサイトなどを活用して近くのスクールを調べてみるのもおすすめです。

ドローンスクールを卒業したら

知識や操縦技術、ドローン資格を取得して、ドローンスクールを卒業したあとには、どうすればよいのでしょうか。個人の方であれば好きなようにドローンを飛ばして楽しめばよいでしょう。

しかし、仕事目的の方はどうすればよいかわからないというケースがあるかもしれません。従来の仕事にドローンを使う場合は、現場で使うことになるでしょうから心配する必要はないでしょう。しかし、ドローンを使った仕事を新たに始めようとしている方は、そこで足踏みをしてしまうことがあるかもしれません。

ドローンで新たに仕事を始める場合は、副業からスタートするとよいのではないでしょうか。いきなり、起業するというのはそれなりのリスクをともないます。そのため、主たる収入とは別の副業という形をおすすめします。

ドローンを使った副業として多いのは、空撮カメラマンです。上空からのアングルは、移したい範囲をより広く撮影できるメリットや目新しさを見る者に与えられます。また、ストックフォトなどに撮影した映像を提供することで、収入を得ることもできるでしょう。

本格的に仕事に活用したいのであれば、仕事を見つける必要があります。ドローンを活用した仕事については、こちらの「ドローンのビジネス事例を紹介!新規参入にあたって必要な準備とは」で解説しています。よろしければ、参考にしてみてください。

ドローンスクールを卒業したら

まとめ

ドローンスクールでは、操縦技術や必要知識を学べるだけでなくドローン資格が取得できる場合もあります。資格を持っていると申請手続きを簡単にできるなどのメリットがあるので、取得をおすすめします。

ドローンスクールに通うことがおすすめなのは、初心者やドローンを仕事で利用する方です。なぜなら、一定期間でドローンを飛ばすために必要なことをまとめて取得できるからです。

ドローンデビューを検討している方は、ドローンスクールを有効に活用してみてはいかがでしょうか。スクール選びの際には、本コラムを参考にしてみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト