2019.03.28(木)

林業の資格を紹介!じつは持っていると役立つドローンの資格も

林業の資格を紹介!じつは持っていると役立つドローンの資格も

世の中に数多くの職種があり、各自でそれぞれの進路を決める場面が訪れます。職種のなかには「林業」という選択肢を持っている方もいるでしょう。

林業を目指している方は、資格について考えてみたことがあるでしょうか。ほかにも、林業を目指すにあたって、取得しておくとよい資格を事前に知っておきたいと思う人もいるかもしれません。

そこで、今回は林業の資格について解説します。取得しておくとよい資格を中心に、林業でも役立つドローンのお話にも触れます。林業に興味のある方は、ぜひご一読ください。

林業の資格を取得するメリット

そもそも、林業には必須資格はありません。しかし、資格を取得すれば林業への就職や転職がしやすくなることかもしれません。そのうえ、資格を持っていることで、幅広い業務をおこなうことができるようにもなるのです。

たとえば、林業では、森の木を切ったり、加工したり、新たに木を植えたりします。それぞれの作業のなかで専門機械を使うことがあるため、資格が必要になってくることがあるのです。そのほかには、山での作業をおこなったり、専門機械を正しく取り扱ったりするために資格が必要になるケースもあります。

また、林業関連の資格を持っていることで現場の指揮者や人材育成などの教育者の立場になることも可能です。このように、資格を持っていることで林業においても業務の幅を広げることができるため、多くの方が各種資格を取得しているのです。

林業の資格を取得するメリット

持っていると役立つ林業の資格

林業には、就職や転職、業務で役立つさまざまな種類の資格があります。ここでは、資格の種類を知りたい方に向けて、役立つ林業資格をいくつかご紹介します。これから林業を目指す方だけでなく、林業に就職したばかりの方も参考にしてみてはいかがでしょうか。

林業技士

計画的な木の伐採や植林をおこない、正しく林業経営をすることで森林を守ったり、そのために必要な指導ができる技術者を認定するための民間資格です。取得する方法は、林業技士養成研修に参加して取得する方法や、林業の実務経験が一定年数以上ある方などが審査を受けて取得する方法があります。

森林情報士

森林情報士は、空撮映像などをもとに荒廃地への植栽や森林管理などの業務に対応できる資格者のことです。資格を習得するためには、林業関係の資格や一定年数以上の林業への従事経験が必要になります。

木材加工用機械作業主任者

木材加工で専門機械を扱うときに、指揮をするために必要な資格です。具体的には、作業中の指導や安全装置の点検、機械の状況管理などをおこないます。特定の機械を一定数以上所持している事業所には、この資格を保有する者を置く必要があるとされています。

フォークリフト運転士

林業で伐採された丸太などを、市場に運ぶ際にはフォークリフトが利用されることも多いです。そのため、市場に木材を運べるようにフォークリフト運転士の資格を持っておくと役立つ場面もあります。

はい作業主任者

高さが一定以上のはい作業をおこなう現場に必要な責任者の資格です。はい作業とは、木材の積み上げや積み下ろし作業などのことです。一定以上の高さがあるはい作業をおこなう際は安全の観点から、作業を指揮するはい作業主任者を置かなければいけないとされています。

林業でドローンの資格が役立つって本当?

林業の資格だけでなく、ドローンの資格が林業でも役立つことがあります。今や多くの分野で活用されるドローンですが、林業の現場でも活躍する場面があるのです。

林業でドローンが使われるのは、事前調査です。ドローンを使って現場の状態をあらかじめ空撮し、林業機械をどこに配置するのかなどの、安全に作業がおこなえるようにするための計画立案時に利用します。

ほかにも、現場の植栽位置を決めることにも役立つそうです。林業の現場は山であることが多いため、人の移動が困難なことも多くあります。そのため、空を飛ぶドローンが現場で活躍します。

技術的な課題や安全飛行に必要な環境整備などの課題はありますが、今後も林業でのドローン活用は増えていくことが予想されているのです。つづいては、林業でドローンを役立てるために必要な資格を見ていきましょう。

持っていると役立つドローンの資格

ドローンは林業においても、作業効率向上や人の移動が困難な地形でとても役立ちます。そんなドローンを活用しようと思うなら、ドローンの資格を持っておくとよいでしょう。もしかしたら、林業資格と同じようにドローン資格も就職時に役立つかもしれません。林業でドローンを活用する場合に役立つ資格は、次のとおりです。

無人航空機操縦技能証明証

JUIDAが発行する資格です。資格保有者がドローンを安全に飛ばすために必要な知識と操縦技術を持つことを証明できます。JUIDAが認定するドローンスクールで取得することが可能です。

操縦士資格

こちらはDPAが発行する、操縦士に必要な知識と技術を持っていることの証明になる資格です。DPAが認可したドローンスクールで取得できます。

ドローンを飛ばす場合、飛ばす場所や方法によっては国土交通省への許可申請が必要になることがあります。このときに、これらの資格を持っていると申請手続きが簡略化できたり、許可が通りやすくなるのです。

また、ドローンの操縦技術と関連知識があることを証明できる資格であるため、ビジネスの場でドローンを使用する際に有効な場面もあります。これらから林業に就職しようと考えている場合は、ドローン資格の取得も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

持っていると役立つドローンの資格

まとめ

林業には、資格が必須というわけではありません。しかし、仕事をしているなかで必要になることがあるでしょう。加えて、林業資格を持っていることで仕事の幅を広げられる可能性もあります。

コラムでは、林業に役立つ資格をご紹介しました。事前に取得しておくと就職時に有利になるかもしれませんので、一度検討してみるのもよいでしょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト