2019.03.19(火)

ドローン操縦士はスクールに通わないとなれないの?必要性と選び方

ドローン操縦士はスクールに通わないとなれないの?必要性と選び方

ドローンが普及したことで「これからドローン操縦士になりたい!」という方もいるのではないでしょうか。ドローン操縦士を目指す方のなかには「自動車学校のように、ドローン操縦士は学校に通わなければいけないの?」と、疑問を抱いている方もいるでしょう。

そこで、今回はドローン操縦士を目指す方に向けて「ドローンスクール」について、お話しします。ドローン操縦士がスクールに通わなければいけないのか、どんな方がスクールに向いているのか、などを解説します。また、スクールを選ぶポイントや必要費用などにも触れますので、ドローン操縦士を目指す方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

ドローン操縦士はスクールに通わないとなれない?

結論からいえば、ドローン操縦士はスクールに通わなくてもなれます。なぜなら、ドローンには、自動車免許のような免許がないからです。そのため、ドローン操縦士はだれでもなることができます。

そもそもドローン操縦士とは

ドローン操縦士は、簡単にいえばドローンを飛ばすことができる人のことをいいます。ドローンを空撮業務で飛ばす方、測量現場での調査で利用する方、ドローンレースなどの趣味で扱う方、すべてがドローン操縦士です。とくに、ビジネス方面でドローンを扱う機会が増えています。

今ドローン操縦士の需要は高まっており、操縦士を目指す方が多いです。とくに、測量やインフラ点検などの現場作業での利用が活発化しており、将来的にはもっと多くの操縦士が必要といわれています。

スクールで学べること

ドローン操縦士になるだけであれば、スクールに通う必要はありません。しかし、スクールではドローンに関して必要な知識や操縦技術を取得することができるので、利用する方も多いようです。

ドローンスクールに通うべき人

ドローン操縦士にはスクールに通わなくてもなれますが、多くの方がスクールに通っています。では、実際にスクールに通うことが向いている方はどのような方なのでしょうか。

まずは、ドローン操縦士をこれから目指すという初心者の方です。スクールでは「ドローン操縦士養成コース」のような、操縦士を目指す方向けの受講内容が用意されていることがあります。スクールに通う方の多くは、初めてドローンを飛ばすという方なので、必要な基礎スキルを身につけられることもおすすめする理由です。

また、ビジネスにドローンを活用しようとしている企業の方や社員の方にも、スクールは向いているといえます。スクールは、各分野の仕事に合わせた受講コースを展開しています。

たとえば、農薬散布コースや測量コース、災害調査コース、インストラクター養成コースなどです。専門的なコースがあるので、仕事現場でドローンを活用するときに必要なことを学べ、実際にドローンを飛ばすときの不安は軽減されるでしょう。

ほかにも、趣味でドローンを飛ばす方であっても、さまざまな場所でドローンを飛ばしたい方やドローンレースに参加したい方にもスクールはおすすめです。なぜなら、これらの場合には、ドローン飛行の許可申請をしなければいけないケースが多いです。許可申請の際に、多くのスクールで取得できる「ドローン資格」を持っておくと申請が通りやすくなります。

その資格が取得できるので、ドローンレースに参加したい方などもスクールに通うとよいのではないでしょうか。スクールで学べることやメリットは「ドローンスクールがおすすめの人とは?スクールのメリットや選び方 」で詳しく解説しています。よろしければ、あわせてお読みください。

ドローンスクールに通うべき人

ドローン操縦士のスクールを選ぶとき知っておくべきこと

スクールに通って、ドローン操縦士を目指す方は「スクールを選ぶときのポイントは?」と考えるのではないでしょうか。そこで、スクールを選ぶときのポイントをいくつかご紹介します。ぜひスクール選びの参考にしてみてください。

【目的】

ドローン操縦士をスクールに通って目指すのであれば、その目的をまずは明確にすることが大切です。ドローンデビューをするために通うのか、ビジネスで活用するため勉強するのか、体験目的なのかなどの目的を明確にしたうえでスクールを選ぶと後悔がないでしょう。

【資格の有無】

ドローン資格は、すべてのスクールで取得できるわけではありません。資格発行団体が認定しているスクールでのみ、資格取得のチャンスがあります。また、目的にあった資格を取得することが大切なので、資格の有無と種類を確認することが重要です。

【受講コース】

目的が決まっている方は、自分の目的にそった受講コースが用意されているか確認しましょう。とくに、ビジネスにドローンを活用する目的でスクールに通う方は、自身の仕事内容にそったコースがあるのか、細かな点まで確認しましょう。

【期間】

スクールや選択コースによって、受講期間は異なります。多くの場合は、4~7日以内のコースが多いです。スクールやコースによっては、2~3日の短期受講が可能なこと、夜間か土日か選べることなどの選択肢がある場合もあります。

【場所】

スクールは全国各地にあるので、自身の目的にそったものが近場にないこともあります。そのため、場所から選ぶという視点を持のもよいのではないでしょうか。また、遠方の場合でも、宿泊プランなどの泊まり込みでスクールに通う方法もあるようです。

ドローン操縦士のスクールにかかる費用

ドローン操縦士をスクールに通って目指す場合、スクール選びは重要といえます。選ぶポイントは前章で紹介しましたが「費用」という観点も忘れてはいけません。

スクールに通うと、およそ数万~数十万円の受講費用が必要です。体験コースは、一般的に費用が安いといわれていますが、ビジネス向けの専門コースや初心者養成コースなどはスクールによって費用が大きく異なっています。資格取得できるコースの場合は、受講費に資格取得費用が含まれていることが多いです。

そのため「目的にそったコースがあるから、このスクールにしよう!」と安直に決めず、スクールを比較してから選ぶようにしましょう。また、スクールによっては紹介サービスや早割などで受講費を安く済ませられることもあるようです。

ドローンスクールを卒業したら

スクールを卒業して、晴れてドローン操縦士となったらドローンを飛ばせます。趣味である方は、これからドローンを存分に楽しんでください。ビジネス向けの方は「これでドローンを仕事に使える」と思うかもしれませんが、少し考える必要があるかもしれません。

ビジネスの場合、ドローンで起業するのか、仕事にドローンを活かすのかなど、いくつかの種類が考えられます。まずは、ドローンを副業としてはじめるのがよいかもしれません。今ある仕事にドローンを使うのであれば、そのままで問題はないでしょう。しかし、ドローンでいきなり起業するのはそれなりのリスクがあります。

現在、ドローン操縦士だけでの需要は低いといわれることもあり、操縦士だけで収入を確保するのは大変です。多くの現場で求められるのは、+αの要素としてドローンを操縦できることです。そのため、いきなりドローンで起業するのではなく、副業としてドローン操縦士で活躍するのがよいのではないでしょうか。

また、スクールに通ってドローン操縦士になったのであれば、卒業後もスクールを有効活用しましょう。スクールによっては、卒業後も相談にのってくれたり、提携企業のドローンカメラマンに登用してくれたりすることもあるようです。

ドローンスクールを卒業したら

まとめ

ドローンは、免許がないため自動車学校のようにドローン操縦士学校に通う必要はありません。しかし、スクールに通うにはメリットがあるのです。ドローン操縦に必要なスキルを学べることや専門コースで即日いかせるスキルが取得できることなどがメリットです。

コラムでは、スクールに通うことがおすすめの方やスクールの選び方をご紹介しました。選ぶ際には、目的や資格の有無、希望する受講するコースなどがあるのかチェックしましょう。また、費用は各スクールによって異なりますので、スクール同士を比較することが重要です。ぜひ、コラムを参考にドローン操縦士を目指してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト