2019.03.19(火)

ドローン展示会ではなにがわかる?概要とドローン産業へ参入するには

ドローン展示会ではなにがわかる?概要とドローン産業へ参入するには

近年、急速に普及しているドローンは、ビジネスの現場で多く活用されています。もしかしたら、コラムを読んでいる方のなかにもドローンを使っているという方もいるかもしれません。しかし、なかにはドローンの最新動向を知りたいという方もいるのではないでしょうか。

今回は、ドローンの最新動向を知りたいという方に向けて「ドローンの展示会」についてお話しします。ドローンの展示会ではどのようなことがおこなわれているのか、参加条件などを解説しますので、ぜひご一読ください。

ドローン展示会とは?

ドローンの展示会は、世界各国で開かれています。近年は日本でも、団体毎にいくつもの展示会が毎年開催されています。多くのドローン展示会は、ビジネス向けの内容です。国際規模の展示会は、多くの国際イベントなども開催されているような大きな会場で開かれることが多いです。

出展者は、ドローンを開発している企業やドローンを活用した事業者などです。開発であれば、バッテリーや各種センサーなどを開発している企業が出展しています。ドローン事業は、測量、農業、物流、点検、災害対策など各分野が出展しているので、詳しい情報を得ることができるでしょう。

国際規模の展示会はB to Bとして、仕事をつなげる要素が大きいため、一般参加は基本的にできません。ただし、展示会によっては一般参加できることもありますが、事前に一般来場者用のチケットを購入する必要があります。

ビジネス向けのイベントですが、ドローンの設計開発に関する方やドローンを事業に活用する方など、特定の方しか参加することができないのです。さらに、団体で参加することも可能ですが、専用フォームからの申請をし、招待状をもらう必要があります。

ドローン展示会とは?

ドローン展示会の見どころ

ドローンの展示会では、最新ドローンや関連部品などの製品展示やドローンの飛行デモンストレーションがおこなわれます。また、ドローン事業を展開する各企業のブースでは、ドローン映像の視聴や研究技術の紹介などの話が聞けるのです。

映像を見て実際のドローン活用事例を知れたり、ドローンにセキュリティ技術を導入する研究の話を聞けたりします。また、多くの展示会では、ブース以外にも別途イベントが開かれたりしています。

ドローン飛行のデモンストレーションも、イベントに含まれるようです。さらには、ドローンに関する講演会が催されたり、ドローン事業のコンテストがおこなわれたりしています。また、大学などがドローンの制度化に向けた最新情報についての講演会もおこなわれることもあるのです。

ほかにも、ドローン以外の最新技術に触れるイベントもおこなわれることがあります。自動車のエンジン部分などがどのような仕組みで作られているかわかる車のカットモデルが展示されたり、半導体機器に関しての展示があったりするのです。

展示会とは異なりますが、ドローンのイベント展なら一般参加が可能で参加費が必要ないケースもあります。イベントなのでドローン体験などが中心となりますが、最新のドローンが展示されたりもするため、情報収集の場としても活用できます。

ドローンはこれからさらに発展していく

ドローン展示会の規模が大きいのは、ドローンの活用がこれからさらに加速していくことが予想されているからです。ドローンの市場規模は年々拡大しており、2017年には500億円を突破しました。2020年あたりには、1,000億円を超えるのではないかといわれています。

また、日本政府もドローンの活用を推進しようとしているのです。ドローン展示会などでは、経済産業省がドローンを活用するために定めた「空の産業革命に向けたロードマップ」についての動向を解説したりしています。

ロードマップでは、2020年以降に人の上空をドローンが飛び交うことを目標としています。具体的には、人の頭上を飛ぶときに操縦者が直接確認せずに飛ばす「目視外飛行」を実施したい方針です。ゆくゆくは、都市部で重量が重い機体を飛ばせるように計画されているのです。

このような目標を掲げているのは、配送や警備などの新たな分野でもドローンを活用したいと考えているからです。そのために必要な過程や課題が、ロードマップにはまとめられています。ロードマップについては、こちらの「ドローンのロードマップが意味するものとは?ドローン産業の将来性」で解説しています。よろしければ、あわせてお読みください。

ドローンはこれからさらに発展していく

発展していくドローン産業に参入したいなら

空の産業革命に向けたロードマップやドローン展示会などで講演されたりする話には、今後活躍すると考えられている技術やビジネス分野の内容があります。これらからわかるように、ドローンは今後ますます発展していくでしょう。

成長を続けるドローン産業に参入するためには、ドローンに関する知識が必要です。これは、開発する技術者であっても、ドローンを仕事のツールとして利用する企業であっても同様です。最新技術を知る方法としては、ドローン展示会などで勉強できます。 しかし、操縦技術やドローン関連の法律などの知識については、展示会ではなかなか勉強できないかもしれません。

ドローンの基礎知識である法律や操縦技術に関して学ぶには、ドローンスクールがおすすめです。スクールであれば、必要な知識を勉強できます。スクールのメリットは、講師が直接教えてくれることです。講師がそばにいることで、疑問が生じた際にもすぐに確認することができます。 また、講師の多くは現場経験があるので、実際の仕事の様子やアドバイスなどの話が聞けるかもしれません。

スクール最大のメリットは必要なことをまとめて取得できることです。法律などの知識、ドローンを操縦するための技術だけでなく「ドローン資格」も取得可能なのです。ドローン資格は、ドローン産業に参入する際には取得しておくとよいでしょう。

資格を持っていると明確な技量の証明にもなりますし、ドローンの飛行場所・方法によって必要となる国土交通省へ申請手続きを簡略化させてくれ場合があるのです。

ただし、すべてのスクールでドローン資格が取得できるわけではありません。資格発行団体が認定しているスクールでのみ、ドローン資格の取得チャンスがあるので気をつけてください。

まとめ

ドローン展示会は、ドローンの最新情報を知ることができるイベントです。ただし、ビジネス向けのイベントとなるので、基本的には一般参加はむずかしいです。一般参加したい場合には、一般参加が可能な展示会やイベントに参加するようにしましょう。

展示会では、ドローン飛行のデモンストレーションやこれらかのドローン情勢などを知ることができます。また、B to Bとして、各企業がつながる貴重な場でもあるので、ぜひ有効に活用しましょう。

これからドローン産業への参入を考えている方は、ドローン展示会で最新情報を勉強することも大切ですが、ドローンの基礎知識も身につける必要があります。ドローンの基礎知識は、ドローンスクールで身につけることができます。展示会とスクールを有効に活用して、これからも発展が進むドローン業界へ足を踏み入れてはどうでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト