2019.03.19(火)

スマートロジスティクスが変える物流業界!ドローンも大活躍

スマートロジスティクスが変える物流業界!ドローンも大活躍

現在、多くのビジネス分野において最新技術が活用されつつあります。AIやロボット技術は、農業や製造業などですでに利用されているのです。このように幅広い分野で最先端技術が活用されています。なかでも、物流業界では最先端技術がどんどん導入されており、最先端技術を利用する「スマートロジスティクス」が普及しつつあるのです。

今回は、スマートロジスティクスが生まれた背景や意味などを解説していきます。物流業界を目指している方や最新技術に興味のある方は、ぜひご一読ください。

スマートロジスティクスが生まれた背景

まず、スマートロジスティクスとはどういったものなのかを解説します。そもそも、ロジスティクスとは、物流工程をまとめて管理するために統合し、効率化することです。スマートロジスティクスになると最先端技術を駆使し、効率化以外にも費用カットや省力化、セキュリティ面や物流に必要な時間の最適化を図ることをいいます。

スマートロジスティクスが生まれた背景には、物流業界の人手不足問題が影響しています。たとえば、注文した商品がその日のうちに届くサービスなどがありますが、こういったサービスを展開するためにはそれぞれの役割に人手が必要になります。しかし、少子高齢化によって新たな人材が増えにくく、引退する人が多いという状況に見舞われています。

また、注文された商品をその日のうちに届けるためには、作業時間が限られるのです。それぞれの作業を最適におこない、時間をかけないようにしなければこのサービスを展開することはむずかしいでしょう。このような問題を解決するために、スマートロジスティクスが生まれたのです。

スマートロジスティクスが物流業界を変える

スマートロジスティクスが人手不足や時間を最適化するといっても、具体的なことがわからないとイメージしにくいのではないでしょうか。そこで、実際にどういった技術が導入されて、問題を解決しているのかをお話しします。

スマートロジスティクスでよく耳にする事例のひとつに、フォークリフトを無人で自動運転する技術があります。フォークリフトは、大量の商品を移動させる際や高いところに移動させるときに使う機械です。

それが、無人で自動で動いて商品を移動してくれるのです。人件費の削減や人手不足の解消に加え、倉庫内の事故を減らすこともできます。管理された機械のみで作業をおこなえるため、ヒューマンエラーのおそれが少なくなり、倉庫内の安全性も向上するのです。

ほかには、無人トラックによる配送の研究が進んでいます。物流配送の多くは、トラックでの配送です。そのため、トラックドライバーが必要なのですが、人手不足の状況下ではドライバーの確保もままなりません。そこで、大手物流企業とIT企業が提携して、トラックの自動運転の研究を進めているのです。

問題解決ではないですが、スマートロジスティクスの本質である効率化や最適化の技術もあります。メガネ型のウェアラブル機器があり、作業を効率的に進められるのです。メガネ型機器の利点は、手をふさがないことです。そのため、メガネ型機器に映し出される画面を見ながらでも作業をおこなうことができます。

スマートロジスティクスではドローンが大活躍

スマートロジスティクスにおいては、フォークリフトやメガネ型のウェアラブル機器以外にも利用されているものがあります。それが、ドローンなのです。多様化されたサービスに対して、迅速に対応するため活用されています。

実際に大手通販企業が、ゴルフ場で注文された商品をドローンが運んで届けるというサービスがあります。また、すでに終了しましたが、被災地への荷物の配送にもドローンが使われていました。

配送時にドローンを使うメリットは、人手が不要であることだけではありません。トラックによる配送では、渋滞などの影響によって時間がかかってしまいます。しかし、空を飛ぶドローンであれば、渋滞に巻き込まれることはありませんし、最短ルートを飛ぶことが可能です。これは、スマートロジスティクスの目的である最適化や効率化に当てはまります。

また、倉庫内の在庫管理にもドローンを活用できるように技術開発が進んでいます。商品にはIDタグなどがつけられており、タグの情報を読み取って管理していますが、商品の保管場所が高所のときは高所作業による危険が伴います。また、ひとつひとつの商品を読み取るのに人手や時間がかかってしまうという課題もあるのです。

そこで、倉庫内の管理をドローンがおこなえば、高所の確認も容易ですし、高所から落下するという危険も回避できます。さらに、人手不足の解決や作業効率の向上にもつながるため、技術開発が進んでいるのです。

スマートロジスティクスではドローンが大活躍

スマートロジスティクス普及までの課題

無人トラックやドローンなどの最先端技術を利用するスマートロジスティクスを普及させるためには、いくつか課題があります。無人トラックやドローンによる配送を実現するためには「環境整備」と「技術開発」が必要です。安全に運用できる技術を開発しなければ、普及にはつながりにくいでしょう。

また、環境整備を進めていかなければ、技術が開発されても利用できるとは限らないのです。たとえば、ドローンで考えてみると配送自体が技術的に問題ないとしても、現行の法律のままだと運用させるのは困難です。ドローンの規制を定めた航空法で、目視外での飛行や物件の投下といった飛行方法を原則禁止としているからです。

そのため、ドローン配送を実現するには、法環境の改正が必要となるでしょう。また、法環境が整備されたとしても、多くのドローンが空を飛び回ることによって、事故や交通網の渋滞の発生が懸念されます。

ドローンの環境整備に関しては、日本政府が「空の産業革命に向けたロードマップ2018」を定めており、計画的に進めていこうという方針が取られているのです。環境整備と技術開発が進めば、2020年以降にはドローン配送が実現しているかもしれません。

ドローンの資格は将来役に立つ

スマートロジスティクスでドローンを利用するのであれば、ドローン資格が将来的に役立つかもしれません。現在、ドローンを利用するために資格は必須というわけではありません。 しかし、日本政府が発表しているロードマップには資格制度の整備も含まれているため、もしかしたら今後は必須資格になるかもしれません。現環境でも、ドローン資格は役立ちます。

現在の法環境では、目視外飛行や物件の投下などの飛行方法を実施しようと思うと、国土交通省へ申請しなければいけません。さらに、ドローンを人口が多い地区(DID地区)で飛行させるときにも、国土交通省への申請が必要です。申請時にドローン資格を持っていると、提出書類の一部免除や資格を添付するなどで役立ちます。

ドローン資格は、ドローンスクールで取得できます。試験に合格すると、資格取得が可能になります。また、スクールはドローンに必要なことをまとめて身につけられるというメリットがあるのです。

ドローンの操縦技術、関連法律や構造などの知識を一回の機会で勉強できます。そのため、スクールはドローン操縦に必要なことをまとめて取得できるので、ビジネスでドローンを扱う人におすすめです。

ドローンの資格は将来役に立つ

まとめ

スマートロジスティクスとは、最先端技術を活用した物流業界の新たな手法です。最先端技術には無人トラックやドローン、メガネ型のウェアラブル機器などが利用され、効率化や最適化を実現しようとしています。

とくに、ドローンに注目が集まっており、技術開発や環境整備がおこなわれようとしているのです。ドローンが使えるようになれば、倉庫内の管理以外にもドローンによる無人配送などによって、人手不足の問題解決にもなります。

ただし、ドローンを物流に使う場合、今後の環境整備によって資格が必要となるかもしれません。また、現環境であっても国土交通省へ申請時に役立つので、取得するとよいのではないでしょうか。資格は、ドローンスクールで取得可能です。スクールは、各地に所在しているので一度調べてみるとよいでしょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト