2019.03.12(火)

脱サラ農業を失敗しないためには「準備」が重要!資格やサポート体制

脱サラ農業を失敗しないためには「準備」が重要!資格やサポート体制

サラリーマンの目まぐるしい日常に疲れてしまい、転職を決意する方もいるのではないでしょうか。転職の中には「農業」を始める方もいらっしゃいます。しかし、脱サラ農業が失敗したという話をよく耳にします。

本コラムでは、脱サラ農業を失敗しないために必要な情報をお伝えします。失敗している方の特徴や失敗しないための情報、新規就農者へのサポートなどをご紹介しますので、ぜひご一読ください。

脱サラ農業で失敗する人は多い

脱サラして農業を始めても、作物が思うように売れないなどで失敗する人は多く、失敗している人には共通点があります。サラリーマンとしての仕事に疲れて、見切り発車で農業を始めてしまうと、作物が売れず資金繰りが厳しくなって失敗するのです。

農業は、一部では儲かるやスローライフが送れるという意見が出ています。しかし、それは農業経営が成功している人や自作農のみの方に限られた話です。このような話だけを鵜呑みにしてしまうと脱サラ農業を失敗するでしょう。

まずは脱サラして農業をしたい理由を明確に

脱サラ農業を成功させたいのであれば、脱サラしてまで農業を始めたい理由を明確にしましょう。農業を始める理由を明確にしていなければ、農業経営の方針がブレてしまい、失敗するかもしれません。

そのため、脱サラ農業を成功させるための第一歩として、農業で何をしたいのか、どうなりたいのかを明確に考えることが重要です。農業でやりたいことを明確にするだけでなく、事前準備も進めておくと就農するときにもあわてる必要がなくなります。

脱サラ農業で失敗する人は多い

脱サラ農業で失敗したくないなら準備をしっかりと

農業をしたい理由を明確にし、事前準備もおこなうことで、農業をスムーズに始めることができます。事前準備の第一段階は、農業経営に必要な知識・技術を身につけることです。農業の経営には、サラリーマン時代とは異なる知識や技術が必要になります。

「農業を始めてから自然と身につければいいのでは?」と思うかもしれませんが、事前に勉強することが脱サラ農業を失敗しないためには重要です。

農業について必要な知識・技術を身につける方法としては、一般的なのは農業インターンシップや自治体が認める大学・農業法人で研修を受ける方法です。実際に農業を体験したり、大学や農業法人で最先端の農業経営を学んだりすることが自身の農業経営にも役立ちます。また、これらの方法をおすすめするのは、もうひとつ理由があります。

新たに農業を始めると、販売ルートや相談相手に困ることがあります。そこで、農業インターンシップなどで出会った方々と交流をしておけば、人脈が広がり困ったときにも手を差し伸べてくれるかもしれません。そのため、事前に農業の勉強をしておくとよいでしょう。

ほかにも、重要なのが資金の準備です。農業を始めるときには、農業用機械や設備、農地、種など、購入するべきものがたくさんあります。そのため、資金を準備していないと必要な備品が準備できません。

脱サラしたときに貯金がたくさんあれば問題はありませんが、貯金が少ない方は新規就農者向けの支援制度を利用すると資金をまかなえたり、援助してくれたりします。また、農業用機械や設備などを中古品でそろえるなどの工夫も、資金の上手な活用方法です。

脱サラ農業で失敗したくないなら準備をしっかりと

新規就農者向けのサポートを利用しよう

現在、農業従事者はどんどん減っており、人手不足が深刻な問題です。また、農業をしている方の多くが高齢者であることと人手不足によって、農業ノウハウを次世代に引き継がずに引退する場合もあります。そのような問題改善のため、農業では新規就農者に対してのサポート体制が充実しているのです。

たとえば、就農についての相談がしたい方は「全国新規就農相談センター」や「自治体の就農支援窓口」などを利用してみてください。農地や知識・技術、資金など、幅広い相談内容に対応してくれます。また、自治体の就農支援窓口などは、新規就農者が農業に定着できるように就農後もサポートしてくれるのです。

資金の問題であれば、補助金や融資などの支援制度を活用しましょう。農業には多くの支援制度があるので、有効に活用すれば資金の問題を解決できるのです。農業についての知識や技術習得のための研修にも費用は必要です。

このようなときには「農業次世代人材投資資金 準備型」の支援制度が活用できます。自治体が認める農業大学や先進的農業法人で研修を受ける方に、年150万円で最長2年の間、資金を交付してくれます。ほかにも「青年等就農資金」という無利子で借りられる融資もあります。

このような支援制度を利用すれば、脱サラ農業が失敗するリスクを軽減できるのではないでしょうか。利用できるサポートは、有効に活用するようにしましょう。

資格を持っていると役立つ場面も

脱サラ農業を失敗しないためには、農業を始めるときだけでなく経営中のことも考えなければいけません。そこで、経営中にも役立つ資格をいくつかご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

農業知識関係の資格

農業の勉強をする意味も込めて「日本農業検定」資格を取得することをおすすめします。日本農業検定は農業への理解を広める目的の試験なので、はじめて農業を勉強するというときにもとても役立ちます。農業を知って、やはり農家になりたいと思った場合には、農業者向けの「日本農業技術検定」の取得も検討するとよいでしょう。

農業機械などに関する資格

トラクターなどを道路で運転することもあるので「大型特殊自動車免許」を取得すると便利です。また、大型特殊自動車免許を持っていれば「農業機械士」の資格も取得できます。 農業機械士は、農業用機械の安全な運用や整備知識を持っている方が取得できる資格です。農業機械士の資格が取得できるほどの知識があれば、農業用機械が故障した際にも自分で対応できるといわれています。

資格を持っていると役立つ場面も

その他の資格

作物の保存方法や栄養価、調理方法などを伝える「野菜ソムリエ」の資格もおすすめです。たとえば、道の駅などで直売するときなどに販売する野菜の魅力を伝えることで、リピーターを作れるかもしれません。ほかにも「ドローン資格」の取得がおすすめです。

農業では欠かせないツールとなりつつあるドローンを農業で有効に活用しようと思うと、資格があると便利です。

農業とドローン資格の関係性については、こちらの「ドローンの農薬散布に免許はいる?必要な許可や申請方法について」で詳しく解説しています。よろしければ、合わせてお読みください。

まとめ

脱サラ農業が失敗する方の多くは、見切り発車で農業を始めてしまいます。農業経営を失敗しないようにするための第一歩として、脱サラして農業を始める理由を明確化しましょう。明確にすることで、経営方針がブレないので目的に必要なことがわかります。

また、就農するための事前準備も合わせておこないましょう。農業に必要なスキルを身につけたり、資金を準備したりすることが必要です。その際には、相談窓口や補助金などの支援制度を有効に活用しましょう。支援制度を有効に活用することも、脱サラ農業を成功さえるためには重要です。

さらに、農業で役立つ資格を持っておくとよいのではないでしょうか。コラムではジャンル分けして役立つ資格をご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト