2019.03.05(火)

農業仕事を始めたい!そんな方に必要な情報をまとめてご紹介します!

農業仕事を始めたい!そんな方に必要な情報をまとめてご紹介します!

これから転職や就職で、農業を始めようと思っている方もいるのではないでしょうか。農業を始めるときにもっとも気になるのは、仕事内容という方も多いでしょう。

今回は、農業の仕事内容や就農スタイル、農業に役立つ資格をご紹介します。農業を始めたいという方だけでなく、農業に役立つ資格が知りたいという方も参考になる内容です。意外と農業で役立つドローン資格についても触れていますので、ぜひご一読ください。

農業の仕事は楽じゃない!一日の流れ

農業を始めようと思っているのであれば、実際の仕事内容が知りたいのではないでしょうか。仕事内容がわかれば、実際に自分自身が働くイメージを思い浮かべやすいです。そこで、農家の一日の流れと仕事内容をご紹介します。農業の仕事イメージを湧かす参考にしてみてください。ご紹介する一日の流れや仕事内容はあくまで一例で、実際は農業者によって異なります。

農家の朝は早く、早朝の5~6時には農作業を開始します。なぜなら、農業の多くは屋外での作業が多いため、日が出ている間に作業をしなければならないからです。また、午前中の比較的涼しい時間帯に作業を進めておくという理由もあります。なお、随時朝食や小休止を挟みながら、午前中の昼の12時くらいまで農作業をおこないます。

午前中には、主に収穫作業をおこなうようです。そして、収穫作業を済ませた農作物は品質が劣化する前に出荷したいので、午前中に出荷場に運搬します。昼からの作業は、昼食後に休憩を取った後の14時くらいから始めます。

午後からの作業は、作物に生える不要な葉っぱを取ったり、農地の管理をしたりなどです。農地の管理をおろそかにすると、生えてきた雑草などに土や肥料の養分を取られてしまいます。そのため、農地の管理はとても重要な作業のひとつです。午後の作業は、日が暮れるまでおこなわれます。これが、農家の一日の流れと仕事内容です。

農業の仕事はクリエイティブ!向いている人の特徴

農業の仕事を始めようと思っても「自分が向いているのだろうか……?」と疑問を抱く方もいるでしょう。そのような方のために、農業の仕事が向いている人の特徴をお伝えします。自分が農業に向いているのか、足りないものは何なのかを把握するのに役立ててください。

農業に向いている人の特徴は「育てることや作り出すことが好きな人」や「地道にコツコツと仕事のできる人」などといわれています。また、「経営能力が高い人」も向いているといえるでしょう。

農業は、農作物を一から育てて、作り出すことが仕事の根幹です。そのため、育てることや何かモノを生み出すことが好きな人には農業は向いているといえます。また、コツコツと仕事ができる人は、農業にとても向いているといえるでしょう。

農作業の多くは屋外でおこなうため、農地や作物の管理に加え、天候などの自然と向き合う仕事です。たとえば、伸びてきた雑草をまとめて駆除するというのは、農業においては良くないでしょう。雑草が生えた段階で駆除しなければ、農作物にいくはずの養分が雑草に吸収されてしまいます。そのため、生えたら駆除するという作業をこまめにおこなうことが重要なので、コツコツと仕事ができる方も向いているといえるでしょう。

農業を仕事としておこなうのであれば、やはり経営能力が必要です。どの時期に何の作物を育てて収穫するのか、費用を抑えるために必要なことは、効率的な作業方法をおこなうためにはどうするかなど、経営者としての能力が問われます。そのため、経営能力が高い人も農業には向いています。

農業の仕事はクリエイティブ!向いている人の特徴

農業の仕事の始め方はたくさんある

農業の仕事を始めたいのであれば、まずは就農スタイルを考えましょう。農業には主に「独立開業」と「農業法人に就農する」方法の2つがあります。独立すれば自分の裁量で好きなように農業をおこなえますし、農業法人に就農すれば安定的な収入を得ながら農業の仕事に従事できます。それぞれにメリット・デメリットがあるので、農業を始める目的から都合にあったスタイルを選ぶとよいのではないでしょうか。

農業を始める際に、農業に関する知識がない方も多いでしょう。そのような方は、都道府県が認める大学や農業法人などで受けられる研修に参加して、必要な知識・技術を身につけることをおすすめします。独立であっても農業法人への就農であっても、必要なスキルです。

つづいて、それぞれの就農スタイルで必要なことをご紹介します。独立の場合、農地の確保や資金の確保が必要です。また、農業に必要な機械や設備の調達も重要です。補助金などの支援制度や中古の機械を活用すれば、初期費用を抑えられます。農地の確保は、自治体の農業委員会や農地中間管理機構などを活用するとよいでしょう。

農業法人に就農する場合は、農業でどのようなことをやりたいか明確にしておくことがとても大切です。なぜなら、農業法人によっては自分がやりたい仕事ができるとは限らないうえ、独立とは違って好きなように農業ができないからです。そのため、やりたいことを踏まえて就農すべきでしょう。

また、法人に雇用されるわけなので、一般の就職と同じような就職活動も必要です。その際には、インターンシップなどに参加するとその法人のことがよくわかるかもしれません。さらに、雇用条件や勤務地、仕事内容なども法人を選ぶ際には重要です。

農業の仕事に役立つ資格

これから農業を始めようと思っている方のなかには、「農業に資格は必要なの?」という懸念がある方もいるかもしれません。農業には絶対に必要な資格というのはありませんが、状況によって必要な資格や役立つ資格があります。そこで、役立つ資格をいくつかご紹介します。

日本農業検定

農業を始めようと思っている方におすすめの資格です。農業についての理解を深めるための資格なので、これから農業を知りたいという方にぴったりの内容です。日本農業検定を受験して農業を知り、農業を始めたいという思いが強くなった方には、日本農業技術検定も受験するとよいでしょう。

日本農業技術検定は、農業を仕事にしたいという方や農家を対象とした資格なので、こちらの取得もおすすめです。

毒物劇物取扱責任者

農薬を取り扱うために必要な資格です。農薬は便利な薬品ですが、取り扱いを間違えれば危険な薬品でもあるので資格が必要になります。また、農薬の取り扱いについて助言する必要がある方は、農薬管理指導士の資格を取得しましょう。

ドローン資格

農業では、近頃ドローンを利用することが多いです。農薬散布をおこなう場合や農地が都心にある場合など、一部のドローン飛行によっては、国土交通省への飛行許可申請が必要です。ドローン資格は申請時に添付できるほか、申請書類の提出枚数を減らせるため役立ちます。また、農林水産航空協会が推奨する産業用マルチローターオペレーター技能認定証も取得をおすすめします。

運転免許

運転免許は持っておいた方がよいでしょう。収穫した農作物の運搬には、自動車や軽トラックなどが利用されるため、運転免許証が必要です。ほかにも、トラクターを取り扱う場合には大型特殊自動車免許が必要ですし、フォークリフトを利用したいのであればフォークリフト免許を取得しなければいけません。

まとめ

これから農業を始めようと思っている方に向けて、農業の仕事の流れや作業内容などをお話ししました。農家の作業は苦労も伴いますが、自分が作った農作物を消費者がおいしいといってくれるよろこびを感じられるなど、やりがいも多い仕事です。

コラムでは、農業の仕事が向いている人の特徴や就農スタイルなどもご紹介しました。農業には、育てることが好きな人やコツコツと作業のできる方が向いています。

しかし、最終的には「農業で何をしたいか」という目的を明確に考えている方が農業経営を成功させるでしょう。また、農業で役立つ資格をいかせば農業の成功へも近づくかもしれません。資格選びに迷った際には、コラムでご紹介した資格をぜひ参考にしてみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト