2019.02.28(木)

ドローンのペイロードってなに?意味や注意点、カスタマイズについて

ドローンのペイロードってなに?意味や注意点、カスタマイズについて

ドローンを購入するときに、ペイロードという言葉を耳にしたことはありますか。ドローンのペイロードとは、ドローンが搭載できる総重量のことです。ドローンにはそれぞれペイロードが決められています。

ドローンのペイロードについて、注意する点はあるのでしょうか。また、あらかじめ決められているペイロードを変更することはできるのでしょうか。このコラムでは、ドローンのペイロードについて解説します。

ドローンのペイロードとは

ドローンのペイロードとは、ドローンが積むことのできる荷物の総重量です。最大積載量ともいえるでしょう。ドローンのペイロードは、そのドローンの持つパワーによって決められています。

たとえば小型で動力の小さいドローンには、それなりの小さいペイロードしかありません。大型でパワーがあれば、そのぶんペイロードも大きくなってきます。運送用のトラックを想像すると、わかりやすいかもしれません。大きいものほど、重たいものを運べるでしょう。

また、ドローンのペイロードで注意するべき点として、ペイロードと飛行距離の問題があります。ドローンのペイロードが大きければ、重量のあるものでも搭載することができるようになります。

しかし、ドローンは機体の総重量が軽いほうが飛行距離が長くなります。ペイロードが大きいものはそのぶん、荷物を積んだときの総重量が増えます。機体の総重量が増えれば、そのぶんパワーも多く消費してしまうため、結果として飛行距離は短くなってしまいます。

ペイロードが多いからといって、その基準ギリギリまで荷物を搭載すると、ドローンの飛行距離が短くなるので注意が必要です。ドローンに荷物を搭載するなら、飛行距離とペイロードのバランスを考えることが大切といえるでしょう。

ドローンのペイロードとは

ドローン輸送は航空法に注意

ドローンにはペイロードがきまっており、その範囲内なら荷物を積んで運ぶことができます。しかし、ドローンで荷物を運ぶさいには注意が必要です。ドローンで荷物を運ぶ行為は、航空法による規制を受ける場合があるからです。

ドローンの飛行については、「航空法」という法律に定められています。そのなかに「危険物の輸送の禁止」「投下の禁止」という項目があります。これは、ドローンで危険物を運んではならない、ドローンから物体を落としてはならない、ということです。

「危険物を運ばなければ大丈夫」と考える人もいるかもしれません。しかし、ドローンによる荷物の輸送は、落下の危険性をともないます。もし、荷物の落下事故が起きれば、法律に違反したとみなされるかもしれません。違反すれば罰せられる場合もあります。

ドローンによる荷物の輸送は、航空局へ許可を申請すれば可能ですので、万一に備えてきちんと許可申請をしておきましょう。ルールを守って、安全にドローンを使用するようにしてください。

ペイロードにはカメラの重量も含まれる?

ペイロードは最大積載量とお伝えしましたが、実際にはどんなものがあてはまるのでしょう。ドローンのペイロードには、あとから搭載した部品も含まれます。たとえば、ドローンにあとからカメラをつける場合は、カメラの重量もペイロードに含める必要があります。

最初からカメラがついたドローンなら、ペイロードにカメラの重量を含める必要はありません。カメラが初めから搭載されているドローンは、その重量のなかにすでにカメラの重量が含まれているからです。

しかし、別のカメラにつけかえるときは、元のカメラとの重量差に注意する必要があります。元のカメラよりも重いものを搭載する場合は、重量差ぶんもドローンのペイロードに含まれるからです。同じ理由で、予備のバッテリーをつける場合も重量差に注意しましょう。

ペイロードにはカメラの重量も含まれる?

ペイロード40kg?!PRODRONE「Inter BEE 2017」

一般的なドローンのペイロードはあまり大きくはありません。しかし、最近の大型のドローンには、ペイロードの多い機体も登場しています。たとえば、PRODRONE社は「Inter BEE 2017」というドローンの展示会において、「PD8B-R2」という機体を展示しました。

この機体は、8枚のプロペラがあり、全幅2メートルを超える大型の機体です。この機体では、とくに40㎏というペイロードの多さが注目されています。

なぜなら、ペイロード40㎏の機体であれば、映画撮影で使用されるような大型のカメラも搭載できると考えられるからです。こういったペイロードの多いドローンは、今後各業界で需要が高まっていくと考えられています。

カスタマイズでもドローンのペイロードは増やせる

ドローンのペイロードは、ドローンの持つ動力によって変わってきます。つまり、動力を変えることでペイロードを増やすことができるのです。知識や技術があれば、自分でドローンの動力をカスタマイズすることも可能です。機会があれば試してみるのもよいでしょう。

ドローンのペイロードを増やすには、モーターやプロペラなどの動力を、パワーが大きいものにつけかえます。ドローンのパワーが大きくなれば、それだけペイロードを増やすことができるのです。ドローンを購入後、ペイロードを増やしたいというかたには朗報でしょう。

自分でドローンをカスタマイズすれば、あらたにペイロードの大きい大型のドローンを購入する必要もありません。ドローンのカスタマイズに抵抗のない人、もしくはドローンの構造に詳しい人は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ドローンのペイロードとは、ドローンに積むことができる荷物の総重量のことです。ドローンにあとから部品やカメラを追加した場合は、そのぶんもペイロードに含まれるので注意が必要です。ドローンの購入前には、あとのことも考えて選ぶようにしましょう。

最大積載量であるペイロードギリギリまで荷物を搭載すれば、ドローンの飛行距離が落ちます。また、ドローンでの荷物の輸送は、場合によって航空法に違反することがあります。もしもドローンで荷物の輸送をおこなうなら、航空局へ飛行許可申請をしておきましょう。

最近では、さらに重い荷物を運べるようなペイロードの多い機体も登場しています。ペイロードの大きいドローンは、今後需要が増えていくとみられており、大型ドローンの開発も進んでいくことでしょう。

ドローンの動力を大きくすれば、ペイロードを増やすことが可能です。モーターやプロペラを、より強力なものに変更することで対応しましょう。ドローンのカスタマイズをして、ペイロードを増やしたいという人は、ネットなどを参考にして挑戦してみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト