2019.02.28(木)

ますます広がるドローンの利用!ビジネス参入は今がチャンス?!

ますます広がるドローンの利用!ビジネス参入は今がチャンス?!

ドローンは遊びから産業までさまざまな場面で利用されています。空撮などにドローンが利用されているのも、昨今では当たり前の光景になってきました。

そんなドローンですが、現在一般に知られている以外にも多くの利用法があります。そこで、今回はそんな知られざるドローンの利用法を紹介していきたいと思います。あなたもぜひ面白いドローンの利用法を考えてみてください。

食事の提供にドローンを利用

ドローンを用いた宅配サービスが研究されている、といったことを耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ドローンによってなにかを運ぶ、というのはわかりやすいドローン利用法の1つです。

シンガポールにあるレストランでは、実際にドローンが料理やドリンクを運んでいます。つまり、ドローンをウエイターとして利用しているのです。

こういったドローンウエイターは、イギリスなどにも一部存在しています。法的な問題や技術的な課題の面から、まだまだウエイターのすべての仕事をドローンが肩代わりすることは難しいです。しかし将来的に、給仕はドローンのみというレストランも誕生するかもしれません。

ワクチンや輸血用の血液輸送

物流においてドローンの利用が期待されているということは先にも述べましたが、一部ではすでに実用化されています。それは、医療に関する物流です。

ワクチンや輸血用血液などは必要なところにすばやく届ける必要があります。しかし、たとえば事故や災害によって血液が必要になった場合、その現場に向かうまでの道路などが寸断されてしまっているおそれがあります。

道路が寸断されてしまうと、物流の主役であるトラックでは輸送することができません。ヘリコプターであれば道路がなくとも輸送が可能ですが、現場付近にヘリコプターが着陸できるような広い空間が必要です。

そこで注目されているのがドローンです。ドローンであれば道路などの地上インフラの整備状況に左右されることはありません。また、ほんの少しの空間があれば着陸することができます。

現在、この医療用輸送ドローンは主にルワンダ郊外で利用されています。ルワンダの郊外では道路が整備されていないためトラックが使えませんが、多くの子供たちがワクチンや血液を必要としているのです。

ドローンはトラックやヘリコプターと比べて積載可能な重量が少ないという欠点があります。しかし軽くて重要度の高いワクチンや輸血用血液は、ドローンで運ぶにはまさにうってつけといえるでしょう。

ワクチンや輸血用の血液輸送

エンターテインメントへの利用

ドローンが利用されているのは、なにも実益がある産業だけではありません。エンターテインメント分野においても、ドローンは利用されています。

エンターテインメントでのもっとも有名なドローン利用は、ドローンレースでしょう。ドローンに搭載されたカメラによる映像をリアルタイムで取得しながら小さなドローンを最高速度190km/hという高速で飛ばす光景は、まさに圧巻の一言です。

現在ではさまざまな団体がドローンレースを開催しており、なかには賞金総額1,000,000ドルという非常に大きな大会まであります。まだ統一ルールなど整備すべき部分はたくさんありますが、将来的にはエンターテインメント分野の一角を担うことになるかもしれません。

また、ドローンはショーにおいても利用されています。平昌オリンピックの開会セレモニーでドローンが空中に光の絵を描いたことは、記憶に新しい方も多いことでしょう。

ドローンを利用したショーは、オリンピックのような大きな舞台だけではありません。たとえばダンサーが踊るのと同時にドローンを飛行させることで1つのショーを作り上げるといった試みもおこなわれています。今後もさまざまな利用方法が模索されていくことでしょう。

近い将来ドローンが飛び交う世のなかに

さまざまな分野でドローンが利用されていく、というのは絵空事ではありません。2017年5月に経済産業省によって発表された「空の産業革命に向けたロードマップ」では、ドローンが将来的にどのような利用をされていくかというロードマップが描かれています。

これによると、2020年ごろまでにドローンを有人地帯において目視外飛行させることができるようになるとされています。つまり、ドローンの完全自律飛行は遠い未来の話ではないのです。

仮にこのロードマップのとおりにドローンが発展した場合、ほんの数年もすれば街中をドローンが飛び交うようになるでしょう。ネット注文した商品がドローンによって届けられ、レストランではドローンが食事を運んでくるかもしれません。

もちろん、このような未来のためには多くの技術的・法的な課題をクリアしなければなりません。ドローン技術の研究開発に期待しましょう。

近い将来ドローンが飛び交う世のなかに

アイデア創出はドローンにふれることから

さまざまな産業においてドローンが利用される将来はすぐそこに迫っていることでしょう。そのときにドローンをいち早く導入できるよう、いまのうちからドローンにふれておくのがよいのではないでしょうか。

ドローン利用のアイデアを思いつくためには、まずドローンのことを知らなければなりません。まずはドローンを実際に操縦してみましょう。

また、どれほど素晴らしいドローン利用のアイデアが生まれても、実現できなくては意味がありません。ドローンの操縦技術を身につけておいて損はないといえます。

ドローンにふれてみるうえでおすすめなのがドローンスクールです。ドローンスクールでは購入するには高価なドローンを体験することもできますし、もちろん操縦技術を身につけることもできます。

ドローンスクールを受講した場合、ドローンの資格を得ることもできます。もし仕事でドローンを利用したいならば、資格はもっておいたほうがいいでしょう。

まとめ

ドローンは、現在すでにさまざまな産業において利用されています。空撮だけでなく、医療やエンターテインメントの分野でもドローンの利用法が考えられているのです。

街中をドローンが飛び交う未来というのは、決して絵空事ではありません。経済産業省の発表したロードマップによれば、ほんの数年でそういったドローンが当たり前に利用される未来がやってくるとされています。

一般的にドローンが利用される将来がきてから慌てないよう、いまのうちからドローンにふれておくとよいでしょう。ドローンスクールであればドローンの操縦技術を学ぶことができます。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト