2019.02.21(木)

農業経営をうまく回すためにはドローン!?経営のコツや役立つ情報

農業経営をうまく回すためにはドローン!?経営のコツや役立つ情報

都会でのあわただしい生活に疲れて、スローライフにあこがれて農業を始める方も多くいらっしゃいます。農業を始めたばかりの方のなかには「農業って儲からないな……」と思っている方もいるかもしれません。農業経営をうまく回すには、ポイントを押さえることが重要です。

今回は、農業経営のポイントや儲からない人の特徴などをご紹介します。ほかにも、農業に役立つ補助金制度や新たな農業形態であるスマート農業にも触れます。農業経営について興味のある方やこれから農業を始めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

農業経営で儲からない人の特徴

農業経営で儲からない人は「農業って儲からないな……」と感じているのではないでしょうか。もしかしたら、これから農業を始めようとしている方にも「農業は儲からないって聞くから、やっぱりやめようかな」と思っている方もいるかもしれません。

農業で儲からない人や儲からないと考えている人には、ある共通の特徴があります。儲からない人は、短期的に農業経営を考えていることが多いようです。農業は、長期的な計画によって収穫量などが大きく左右されます。なぜなら、農業は天候などの外的要因に大きく左右されるため、その年が不作であったとしても環境によっては翌年以降が豊作になるかもしれないからです。

短期間で成果がでないから、次の方法を試そうというのも経営アプローチのひとつです。しかし、農業においては長期的に考えることも、経営を成功させるためには必要になります。

また、作物の品種によっても儲かりにくいことも考えられます。農業においては、育てる作物によって収入が大きく変動します。売れる作物でも費用の方が大きくなれば、結果として収入が少なく儲かりにくいことが考えられるのです。

ほかにも、販売ルートの見直しや生産数を増やすことで、経営が良くなることもあります。農業経営が儲からないと感じている方や考えている方は、一度経営や方針を見直してみるとよいのではないでしょうか。

農業経営で儲からない人の特徴

農業経営のポイントは先を見すえること

自分の好きな作物を販売して儲けようと考えていても、消費者ニーズに合っていなければ作物はあまり売れないでしょう。そのためにも、販売先を明確にしておくとよいのではないでしょうか。道の駅などで直売するのか、それとも農協などに買い上げてもらうのかを考え、需要が高い作物を育てると売り上げにも大きく影響します。

また、利益率が高い作物を育てることも経営を成功させる上では大切です。利益率が高い作物を育てることで、作物の1個当たりの利益が増えて収入全体を増やすことができます。

ほかにも、費用削減に努めることが大切です。同じ作物で同じ出荷量であったとしても、費用が違えば収入に反映されます。費用が少なければ少ないほど、収入は増えます。費用削減も短期的に考えるのでなく、長期的に考えることが重要です。

効率化によって費用削減を図る場合、状況によっては新たに設備投資をしなければいけないかもしれません。設備費用が必要ですが、長期的に利用して費用対効果が上がれば収入が増え、結果としては設備投資が農業経営を良くするのです。

農業経営でドローンが活躍する?

農業経営をうまく回すために、ドローンを活用する方法があります。ドローンを農業に活用する方法は「スマート農業」と呼ばれているのです。スマート農業とは、ドローンやロボット、人工知能などの最先端技術を導入して新たな農業の形です。最先端技術を用いて、品質・生産の向上や後継者・労働力不足などの問題解決を目指しています。

スマート農業を導入することで、農作業を効率的におこなうことが可能です。たとえば、ドローンを導入すれば、自動飛行によって簡単に農作散布や種まきをおこなえます。また、空撮映像をもとに作物や土壌の健康状態を確認することで、生育状況の管理が容易になるのです。

ロボットの場合、収穫を支援してくれます。収穫ロボットは、事前に登録した収穫時期の作物の画像と、実際の作物をロボットに搭載されたカメラで比較します。ロボットの自動判断で、熟れた作物のみを収穫するのです。

ドローンやロボットは効率化だけでなく、費用削減にも大きく貢献します。自動飛行や連続稼働ができるため、人件費が必要最小限で済みますし、夜間でも作業ができます。そのため、従来の農法に比べ、人件費などの大幅なコストカットが可能です。

導入の課題

スマート農業を始めるためにドローンを導入しようと思っても、導入費用などの課題もあるでしょう。現在、農業で利用できるドローンは、産業用ドローンとして費用が比較的高いです。そのため、長期的に考えてもドローンの導入ためらうこともあるようです。

ほかにも、導入後の操縦スキルや法律関係などの不安も耳にします。自動飛行ができるとしても、もしもの場合には手動操縦が必要です。このような課題から、導入を見送る方もいるようです。

農業用補助金でドローンが買えることも

ドローンを農業経営に役立てたいと考えている方にオススメなのが、農業用の補助金や融資です。スマート農業は、国としても推進しているので最先端技術を導入には多くの補助金や融資などが利用できます。たとえば、「経営体育成支援事業」や「スーパーL資金」などの支援制度を利用すれば、ドローン導入の費用負担を軽減できます。

ほかにも、農業組合から農業用ドローン導入に補助金がでる場合もあるのです。このような支援制度をうまく活用すれば、ドローン導入もしやすいのではないでしょうか。

ドローンの操縦や法律などの知識に不安があるという方は、ドローンスクールに通うことをオススメします。スクールに通うことで、十分な操縦練習ができますし、ドローンに関する法律や構造などの知識も身につけられます。

また、スクールであればドローン資格を取得できるチャンスもあります。ドローンには免許がないため、操縦士の技量を示すことができるものが資格しかありません。資格を持っていると、農薬散布などの一部の作業で必要な国土交通省への許可を申請する際に、資格を添付することが可能です。さらに、資格保有者は申請時に提出する書類が少なくなるので、申請手続きの手間を減らすことができます。

スクールに通う際にも、国の支援制度が利用できることがあります。補助金などの支援制度を上手に活用すれば、ドローン導入も夢ではないでしょう。

農業用補助金でドローンが買えることも

まとめ

農業経営で儲からない人は、短期的な計画しか考えていなかったり、育てる作物によって利益が少なくなったりしているのかもしれません。経営をうまく回すためには、長期的な計画を立てて、販売先を考え、消費者ニーズに合った作物や利益率が高い作物を育てるのが重要です。また、効率的な農業をおこなうことも忘れてはいけません。

ドローンやロボットを活用したスマート農業を始めることで、農作業を簡単かつ効率的におこなうことが可能です。また、人件費や労働力不足も補えるので、検討してみはいかがでしょうか。本コラムが、農業経営に役立てば幸いです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト