2019.02.21(木)

農業が儲かるのは本当?現状や経営ポイント、便利なドローンのお話

農業が儲かるのは本当?現状や経営ポイント、便利なドローンのお話

これから農業を始めようと考えている方の中には、「農業は儲かるらしい」というのを聞いて就農を決めた方もいるかもしれません。農業へ憧れがあって就農を決めた方の場合は、「初めて聞いた!」と思うのではないでしょうか。

今回は、気になる「農業は儲かる」ということに焦点を当ててお話ししていきます。農業の現状や儲かるための経営術、近頃農業に使われるドローンとの関係性などをご紹介します。農業に現状が気になる方や農業で少しでも儲けたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

農業は儲かるの?農家の現状

農業が儲かるかどうかを考える場合、気になるのは「農家の平均年収」ではないでしょうか。農家の平均年収は400~500万円程度といわれています。サラリーマンの平均年収も500万円程度といわれているので、農家とサラリーマンに大きな差はないようです。

しかし、サラリーマンに限らず農家でも、各農家によって収入は大きく違います。農業の中でも育てる作物の市場が寡占や独占状態であれば、年収は多くなるでしょう。競合が多い作物であれば、競争率が高いので収入はある程度限られるかもしれません。

また、農業をおこなう地域によっても収入に差は生まれます。平均年収を地域で比較すると、もっとも年収が多いといわれているのは北海道で、つづいて東北、北陸、関東などの順番です。年収が1,000万円を超える方が多いのは関東や北海道といわれています。地域によっても農業の需要や作物の価格が異なるため、収入にも反映されるのです。

さらに、農家のスタイルによっても年収は異なります。農家はおもに「専業農家」と「兼業農家」にわかれ、専業農家は農業での収入のみの方、兼業農業は世帯の収入に農業以外の収入がある方をいうのです。家族で農業経営をしている世帯は専業農業に含まれ、家族にサラリーマンやパートタイマーの方がいれば、世帯収入に反映されるため兼業農業となります。

このような実態を考えると、農業で儲かる人もいれば、あまり儲かっていない人もいます。これは農業に限った話ではないので、儲けるためにどのような取り組みをおこなうかなどの工夫が必要になるでしょう。

農業は儲かるの?農家の現状

農業で儲かるための経営術

農業では、年収が1,000万円を超えるような方もおり、儲かる分野と考えてもよいかもしれません。しかし、儲けるためには経営のポイントを抑えることが重要です。そこで、一般的に農業で儲けるために重要なポイントを5点お話しします。

販売ルートの明確化

販売ルートを明確化しておくと、販売先に合わせて育てる作物も判断しやすくなります。たとえば、スーパーや農協に買い取ってもらうのか、道の駅などで産地直送をウリに直売するのか、などによっても売れる作物が変わるのです。

栽培作物の選定

育てる作物によって利益率が異なるため、収入にも大きく関わってきます。売値が高くとも、費用がかかる作物では、実際の利益は少なくなるのです。一般的にキャベツやサトイモは利益率がいいといわれています。

費用を抑える

利益は売値から費用を差し引いた金額なので、費用を抑えると収入が増えるのです。費用を抑える方法として、農業用機械や設備を中古品にする方法があります。とくに、初期投資として必要な機材を仕入れるときには、中古品を選ぶ方が多いようです。

目標の明確化

目標を定めるときには、短期・中期・長期に分けて目標や計画を定めるとよいでしょう。それぞれの期間に応じた計画目標を達成することで、効率や生産性の向上につながります。

就農時の研修を有効活用する

新たに就農するときには、農業法人などで研修を受けて必要な知識や技術を学ぶことが多いです。その際に、研修で関わった人や地域とつながることで、情報共有や販売先の紹介などができるようになるかもしれません。そのため、就農時には自身のスキルアップだけでなく、先を見据えて人脈を広げるとよいのではないでしょうか。

とはいえ農業で儲けるのは大変……

農業で儲けるために経営のポイントを抑えたとしても、やはり上手くいかないこともあります。実際、農業で儲けて年収1,000万円を超えるような方はごく一部の方のみです。また、農業は自身で作物を育てて消費者に届けるというやりがいを感じる仕事ではありますが、苦労や課題もあるのです。

たとえば、農家の仕事ぶりを考えてみましょう。農業は日が出ている時間に多くの作業をしなければならないことが多く、早朝から仕事をおこないます。育てる作物によっては屋外の農地で育てるため、太陽にさらされます。夏の暑い日には、炎天下に長時間さらされるので、肉体的にも疲労が蓄積します。

また、収穫した作物や栽培時に使う肥料・農薬は重いので、力仕事の割合も多く、体を酷使するでしょう。収穫高も、天候によって左右されてしまいます。台風が多い年は、作物が折れたりすることで出荷量が減ってしまい、収入がいつも以上に減少してしまうおそれもあります。

また、日本の農業は人手不足が深刻という問題もあります。戦後間もないときには1,000万人以上が農業に従事していましたが、現在は200万人をわったといわれています。そのため、農業を続けていても、若い世代がおらず後継者がいないという状況に直面することも多いようです。人がいないということは、労働力が少ないという問題と農業ノウハウを引き継げないという問題もあるのです。

このような苦労や問題を解決する方法のひとつとして、ドローンが農業で活躍しています。つづいては、ドローンを農業に活用すると何ができるのか見てみましょう。

ドローンが農業を変える

農業にドローンを使うと、効率的かつ一部の費用を削減できます。効率化や費用削減は、儲けるためには必要不可欠であり収入に直結します。そのため、農業で儲けることを考えるのであれば、ドローンを導入するのもひとつの方法です。

農業でのドローンの活用方法は、農薬散布や種まきが代表的です。ドローンの自動飛行を活用すれば、簡単に農薬散布などを実施できます。あらかじめ、散布するための飛行ルートを登録しておけば、機体がルートに従って自動飛行をおこないながら農薬を散布してくれます。

ほかにも、作物や土壌の管理も可能です。上空から農地を撮影し、撮影映像をもとに作物の健康状態や害虫の発生個所、土壌の状態が見える化で確認できます。害虫が発生した箇所にのみ農薬を散布することで、過剰に農薬を与えずに済むというメリットもあるのです。

農業とドローンの両方が学べるスクールもある!

農業においては、とても便利なツールであるドローンを扱えるようになるためには操縦練習や法律などの知識の習得が必要です。スキルの習得にオススメなのが、ドローンスクールに通う方法になります。

スクールであれば、十分な操縦練習ができますし、法律についても正しい解釈を学べます。また、農業に特化したコースを受講すれば、ドローンの操縦に加えて農業においても必要な知識を取得できるのです。

ドローンが農業を変える

まとめ

農業で儲かるかどうかは、経営のポイントが重要になってきます。販売ルートの明確化や栽培する作物の選定、ほかにも就農時の研修を上手に活用すると、収入を増やすことができるかもしれません。しかし、経営のポイントを抑えたとしても農家の現状や苦労、問題なども踏まえて就農することが大切です。

問題や苦労を改善する方法には、ドローンを活用する手段もあります。ドローンを使えば、効率的に作業ができるほか、費用を削減もできるので収入面も向上するかもしれません。

操縦できるようになるためには、ドローンスクールで必要なスキルを学ぶことをオススメします。スクールによっては農業専門のコースがあるので、必要スキルを学んで農業にドローンを活用してみてはどうでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト