2019.02.21(木)

農業起業に必要な情報をまとめてご紹介!経営のコツや便利なドローン

農業起業に必要な情報をまとめてご紹介!経営のコツや便利なドローン

現在、同業他社に転職する方もいれば異業種に転職する方なども多くいらっしゃいます。また、新たに起業する方もなかにはみえるでしょう。とくにセカンドライフとして、また、都市部でのあわただしい日常からスローライフにあこがれて、などの理由から「農業」を始める方も多いようです。

今回は、農業を始めるために必要な情報をご紹介します。新たに農業を始めたい方に向けて、起業に必要な流れやコスト、ほかにも農業とドローンの関係性にも触れます。ぜひ、参考にしてみてください。

農業を始めるときの流れやコスト

新たに農業を始める場合には、流れを確認して準備が必要です。おもな流れは「就農の勉強」「農地の確保」「資金の調達」になります。

就農の勉強は、農業をおこなう上で必要な知識を身につけることです。家庭菜園のような趣味ではなく、仕事として農業を起業するのであれば、やはり最低限の農業知識や技術を身につけるべきでしょう。就農の勉強は、都道府県が認める大学や農業法人などで研修する方法があります。

つづいて、農地の確保ですが、通常の土地売買とは異なっています。農地法という法律で規制されており、各自治体の農業委員会へ許可を受ける必要があるのです。ほかにも、農地が確保できるとしても面積や日照条件、土壌状態、価格なども踏まえて検討することが重要です。農地がないから、と焦って土地を決めてしまわずに、慎重に選ぶようにしましょう。

最後に、資金の調達についてお話しします。農業を起業して、実際に運営するには少なくとも1千万程度必要といわれています。農地や農業機械・設備の購入、家畜や肥料、作物の種代などが必要であり、多くのコストがかかるのです。

就農の勉強にも費用はかかるので、資金の調達が一番大変かもしれません。自身で資金の調達がむずかしいときには、補助金などの支援制度を利用するとよいのではないでしょうか。たとえば「農業次世代人材投資資金 準備型」は、就農の勉強で必要な資金として利用できます。このような支援制度を使えば、起業に必要な最低限のコストをまかなえるのではないでしょうか。

農業を始めるときの流れやコスト"

農業で利益を出すことは難しい?

農業を始めると、最初は作物の育成に手がかかるため、利益を考えることが少ないかもしれません。しかし、実際に出荷して販売するときには、利益が気になってくるのではないでしょうか。農業で利益を上げることは、むずかしいという意見もあります。そこで、利益を出すためには抑えておくべき2点をご紹介します。

あいまいさは失敗のもと

経営に失敗する人は、農業をあいまいに始めているかもしれません。自分の好きな作物を育てて「売れれば儲かる」と、いうあいまいな考えでは利益を出すことがむずかしいでしょう。

農業は台風などの影響で、不作になることも考えられます。なにも対策していなければ、強風によって作物が折れてしまい、出荷できなくなるかもしれません。天候の影響も考えておくことなど、しっかりと農業経営について考えることが重要です。

利益を出すために必要なのは「計画性」

計画性が農業においてはもっとも重要といえるでしょう。農業は、作物の育成から販売までを長期的におこなう仕事なので、計画をしっかり立てていないと利益は思うように出せません。

販売ルートの確保や利益率の高い農作物を育てるなどもあらかじめ決めておくとよいといわれています。販売ルートによっては直売に向いている作物があったり、向いていない作物があったりするので、事前準備と同様に計画も考えておく必要があります。

就農して経験を積むのもひとつの手

農業を始めるといっても、起業だけがすべてではありません。農業法人に就職するというのも、農業を始めるひとつの方法です。

いずれは、自身で起業することが夢だとしても、農業法人で経験を積めば起業のときに役立つでしょう。また、はじめから起業すると、いくら就農の勉強をしたとしてもノウハウは不十分かもしれません。農業法人に就職すれば、サラリーマンと同様に給料をもらいながら、農業に必要な勉強ができます。ただし、給料をもらいながら勉強できるといっても、デメリットもあります。

たとえば、いずれは独立する目的がある人が農業法人に就農したとします。しかし、サラリーマンと同じで、自分のやりたい仕事や育成したい作物の担当となるとは限りません。そのため、自身に必要なノウハウを身につけられるかはわからないのです。

農業法人に就農するときはこのような状況が考えられるので、事前に自分が育成したい作物があるのか、どのような業務があるのか、などを確認することをオススメします。就農してからのギャップを感じないためにも、一般企業に就職するときと同様に会社の雰囲気や待遇なども確認するとよいでしょう。

ドローンの操縦ができると農業のさまざまな場面で役に立つ

農業を始めるときにはドローンが飛ばせるようになっていると、農作業を効率的に進めることができるでしょう。農業では、人手不足の問題やスマート農業の観点からドローンの活用が普及しています。

スマート農業とは、ドローンなどの最先端技術を駆使した新たな農業です。スマート農業の特徴は、作物の品質向上や生産性の向上が容易になること、新しく農業を始める方にノウハウを補填してくれる役割があること、などがあります。

スマート農業には、ビニールハウスにセンサーを設置する方法や収穫ロボットを導入するなどがあります。そのなかでも、とくに注目を集めているのがドローンです。なぜなら、ドローンは農作業の省力化や生産性の向上などの総合的なメリットが大きいのです。

農業でドローンを使えば、自動飛行によって農薬散布や種まきが簡単におこなえます。また、上空からの調査で作物の健康状態や土壌の状態を「見える化」して確認できます。これらをドローン1台でまかなえることが、利用される理由のひとつなのでしょう。

農業でも活躍するドローンを操縦できるようにするためには、独学による方法かドローンスクールを利用する方法が一般的です。オススメなのは、ドローンスクールです。

スクールならば、農業に特化したコースが用意されていることも多く、実際の農薬散布などを練習できます。講師が近くにいることで、相談や質問をしやすい環境となっているのも特徴です。

ほかにも、農薬散布などの規制されている飛行方法を実施する際に必要な国土交通省の地方航空局への申請手続きで役立つ資格も取得できるのです。申請手続きについて詳しく知りたい方は、こちらの「ドローンの農薬散布に免許はいる?必要な許可や申請方法について 」を参考にしてみてください。

ドローンの操縦ができると農業のさまざまな場面で役に立つ

まとめ

農業を始めるには、事前準備が必要です。また、農業起業を成功させるためには計画をしっかりと立てることも重要です。そのためにも就農の勉強、農地の確保、資金の調達などの必要な流れを確認しましょう。そのなかでも、苦労するのが資金の調達ですが、補助金などの支援制度を活用することでまかなえます。

それでも、いきなり起業するのが不安という方は農業法人に就農するのもひとつの手段です。法人で農業に必要なノウハウをしっかりと勉強することで、独立した際にもきっと役立つでしょう。

農業を始める方や独立する方は、ドローンを操縦できるようになっていると農作業で役立ちます。自動飛行を利用すれば、自身の負担を最小限に抑えながら農薬散布などがおこなえます。操縦できるようにするためには練習が必要ですが、練習場所としてはドローンスクールがオススメです。スクールは、全国各地に所在しているので、一度お近くのスクールに連絡してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト