2019.02.21(木)

ドローンとIoTが不可能を可能に変えていく!新しいビジネスの形

ドローンとIoTが不可能を可能に変えていく!新しいビジネスの形

現在、ドローンは多方面のビジネス分野で活用されています。みなさんも、テレビ番組の映像がドローンによる空撮映像だったというのを見かけたことがあるのではないでしょうか。このようにメディアをはじめ、多くのビジネスでドローンは利用されているのです。

ドローンが多くのビジネスで利用されているのは、メリットがあるからです。そのメリットを生み出している根幹となっているのが「IoT技術」になります。

本コラムではドローンとIoTの関係性を解説し、どのようなビジネスシーンでドローンが使われているのか、メリットは何なのかをご説明します。ドローンビジネスに興味のある方だけでなく、そもそもIoTがわからないという方も参考になる内容ですので、ぜひご一読ください。

IoTでいろいろなものがネットワークにつながる

ドローンとIoTの関係性について考える前に、そもそもIoTとは何なのでしょうか。IoTとはInternet of Thingsの略で、日本では「モノのインターネット」という意味で捉えられています。簡単にご説明するのであれば、あなたの車がほかの車とインターネットを介してつながるということです。

たとえば、すべての車にIoT技術が搭載されているとします。走行中の車がほかの車とインターネットを介してつながることで、周囲の情報を得られるのです。ほかの車から得る情報で渋滞や事故などを把握できるのがIoTの魅力です。また、遠隔操作であれば車とスマホがつながることで、直接車に乗り込んで操縦しなくても、スマホを用いることで間接的に操縦ができるのです。

IoTがわかりにくいという方は、スマートスピーカーをイメージしてください。スピーカーに「電気を消して」といえば、家の照明を消してくれます。これは、スピーカーと照明器具がインターネットでつながり、スピーカー越しに操作ができるようになっているのです。

このようにIoTは現在の情報化社会では、とても重要な役割を持っています。IoTがあるからこそ、便利で快適な生活を送れるのです。IoTは車やスピーカー以外の多くの機器に搭載されつつあり、そのひとつがドローンです。ドローンにIoTが使われるとどうなるのか見てみましょう。

IoTでいろいろなものがネットワークにつながる

ドローンもIoTのうちのひとつ

ドローンは、IoTの代表例ともいえるでしょう。通常、ドローンはプロポと呼ばれる送信機(コントローラ)を用いて操縦をします。しかし、現在販売されているドローンはプロポだけではなく、お使いのスマートフォンやタブレットでも操縦できます。これは、IoTによってドローン本体とスマホがインターネットを介してつながっているため、操縦が可能なのです。

また、スマホやタブレットとドローンを連携させると、ドローンが上空から撮影した映像をリアルタイムで確認できたり、解析できたりします。リアルタイムでの解析など利便性がメリットであり、多くのビジネスでドローンが活用されている理由のひとつです。ドローンを活用するメリットは、IoTがもたらしてくれたといっても過言ではないでしょう。

利用されているビジネスシーンとしては、測量やインフラ設備の点検などがあります。どちらの場合でも、従来の作業では時間がかかったり、多くのコストがかかったりしていました。しかし、ドローンを活用するとこれらの問題を解決できるのです。

空からの情報調査によって、多くの範囲を一度に測定・調査することが容易になります。それによって、仕事の作業時間が大幅に縮小できるのです。また、ドローンを使えば測量器具を最小限に抑えられたり、インフラ設備を点検するための足場建設が不要になったりして、コストを削減できるのです。ほかにも、IoTによって調査業況をリアルタイムで確認でき、調査データの管理も簡単なことも魅力といえます。

ドローンが変えた農業「スマート農業」

ドローンやIoTを利用して、成功した実例といえば農業といえます。ドローンやIoTなどの最先端技術を利用した農業を「スマート農業」といいます。スマート農業は最先端技術を駆使して、省力化や高品質な農作物を安定的に育成・収穫するために政府も推進している新たな農業形態です。スマート農業は高品質な農作物の育成や収穫だけでなく、農業界における高齢化や人手不足などの解消にも期待されています。

現在、農業は深刻な人手不足に直面しています。新たな人材がいないため、多くの農家は高齢者ばかりです。農作業は自分の身体を使った作業が多いので、高齢者の農家には負担が大きいです。しかし、人手不足のなかでは後継者がいないため、自分で作業をするしかありません。また、長年の経験で使ったノウハウで農作物を育てることが多いことや農業の3K問題(きつい・汚い・危険)などによって、新たに農業を始めてみようと思う人がいないのです。

しかし、農業にドローン(IoT)を活用すれば問題のいくつかを解決できます。たとえば、農薬散布で考えてみましょう。従来の農薬散布は、人が農薬をせおって散布したり、ヘリコプターによる上空から散布したりする方法がおこなわれていました。農薬を背負って散布する方法は高齢者の農家には重労働ですし、ヘリコプターによる散布方法はコストがとても高くなります。

ドローンは遠隔操作で農薬散布できるため、農家の負担は軽減されます。さらに、自動操縦できるドローンを使えば最小限の負担ですませることができるでしょう。また、ヘリコプターを使うよりも、ドローンは散布コストが少ないので、費用負担も大幅に抑えられます。

ほかにも、ドローンを使うメリットは農作物の管理が簡単になることです。空撮によって、農作物の育成状態を確認できます。従来であれば、経験にもとづくノウハウによって収穫時期な育成状態を確認していました。しかし、ドローンを使えば目に見えるデータとして農作物の状態を確認できるため、管理が簡単になるのです。これは、高齢化問題だけでなく新たに農業を始める方にも有用ですので、後継者や人手不足の問題解決にも期待できるでしょう。

ドローンは今後もっと活躍していく

測量やインフラ点検、農業などでは、ドローンやIoTがすでに活用されています。とくにドローンは、普及が進んだことで環境整備や技術開発などを進めている段階です。環境整備などがおこなわれれば、もっと多くのビジネスで利用されるようになるでしょう。

期待されている分野としては、配送や警備などがあります。しかし、配送や警備では人の上空を飛ばすため、現在の法環境では実施することがむずかしいのです。また、自動操縦などの技術がもっと進歩し、安全性を向上させることが必要です。これらの課題が解決されれば、ドローンはより多くの分野で活躍するようになり、ドローンがビジネスチャンスをもたらしてくれるかもしれません。

今後、ドローンをビジネスに活用しようと考えている方にオススメなのが、「ドローン資格」です。ドローンを利用するために必要不可欠というわけではありませんが、仕事でドローンを扱う場合には取得をオススメします。

ドローンには多くの規制があります。代表的な規制例として、航空法があげられるでしょう。航空法は、ドローンの飛行場所や方法を制限している法律です。航空法で制限されている飛行場所や方法を実施するためには、国土交通省から許可申請をする必要があります。

申請時に役立つのがドローン資格であり、資格を持っていると手続きで必要な書類が一部免除になります。また、取得資格として添付でき、あなたのドローンスキルを明確に証明できるのです。資格を持っていると、飛行場所や方法によって必要な申請が通りやすくなり、仕事の幅も広がるのではないでしょうか。

ドローンは今後もっと活躍してい

まとめ

IoTとはモノのインターネットのことをいい、あなたの身の回りにある機器がインターネットでつながることです。機器がつながることで情報収集が容易になったり、遠隔操作ができたりするため、生活をより豊かにしてくれます。IoTのひとつにはドローンも含まれており、すでに農業や測量などの分野で活躍しています。

今後は配送や警備などの新たな分野での活躍も期待されており、ドローンが新たなビジネスチャンスをつかむきっかけになるかもしれません。ドローンを利用したいと考えている方は、ドローン資格を取得しておくと仕事の幅も広がって便利です。

ドローン資格は、ドローンスクールで取得できます。スクールは全国の至るところに所在していますので、一度お近くのスクールに連絡してみてはいかがでしょうか。

ドローンなどのIoT技術が利用すれば、仕事の効率化やコスト削減が図れます。ぜひ、有効にIoT技術を活用してください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト