2019.02.21(木)

未来の職業「ドローン管制士」とは?仕事の内容や資格について解説

未来の職業「ドローン管制士」とは?仕事の内容や資格について解説

ドローンは、空を利用できるとても便利な機器です。測量現場で利用すれば、従来の方法よりも短時間かつ効率的に調査や分析ができます。農業であれば、ドローンの自動飛行によって種まきや農薬散布、農作物の生育管理が容易におこなえるでしょう。現在でも、これだけ活躍しているドローンですが、今後はもっと活躍すると考えられています。

ドローンの数が増えれば、飛行を管理する必要が高まるでしょう。そのため、ドローンを管制する役割や仕事が求められるようになります。

今回は、現在でも少しずつクローズアップされ始めた「ドローン管制サービス」や「ドローン管制士」についてご紹介します。ドローンに興味がある方や将来的な仕事に興味のある方は、ぜひご一読ください。

ドローン管制サービスってなに?必要性について

将来的には都市部などの上空で、ドローンによる目視外での自動飛行を目標としています。目標が達成されれば、物流や警備など分野でドローンが活用されるようになり、人の頭上をドローンが飛び交うかもしれません。空を飛び交うドローンの数も多くなるため、飛行を管理・制限することが必要です。

そこで、近年注目されているのが「ドローン管制サービス」です。ドローン管制サービスでは、ドローンの飛行状況を把握したり、フライトプランを空港などと共有したりして、飛行機とドローンが接触しないように飛行を管理しています。

多くのドローンが空を飛び交うと、ドローン同士の衝突や飛行機やヘリコプターとの接触がおこるかもしれません。また、離着陸の地点が重なるとドローン飛行が混雑するでしょう。衝突や円滑な運航のためにも、ドローン管制サービスが重要なのです。フライトプランを事前に関係者に通知したり、自身のドローンとほかのドローンが接触しないように位置情報を把握したりすることで、事故などを避けることができます。

ドローン管制サービスってなに?必要性について

ドローン管制サービス参入を試みている主な企業

ドローンが普及すればするほど、ドローン管制サービスの必要性は高くなるでしょう。そこで、ドローンの管制サービスを展開している企業をいくつかご紹介します。

楽天

楽天では、楽天AirMapというドローン管制サービスを開始しました。システムの対象は、空域の管理者とドローン操縦士です。システムを使えば、空域の管理者は管理するエリアの飛行規則や飛行情報の把握ができます。また、操縦者は飛行に関する申請手続きを簡単におこなえます。

テラドローン

ドローンに関するサービス全般を提供しているテラドローンからも、ドローン管制サービスのTerra UTMというアプリが配信されています。アプリでは、ドローン操縦士が簡単に自動飛行をできたり、飛行申請がおこなえたりします。また天候の確認もできるのが特徴です。

KDDI、プロドローン、ゼンリン(共同開発)

KDDI・プロドローン・ゼンリンは共同開発で、スマートドローンプラットフォームを展開しています。ドローン同士や障害物などとの衝突を防ぐ管制サービスだけでなく、ドローンが取得した情報を管理・分析できるサービスも利用できます。

需要が高まることが予想される「ドローン管制士」

いち早く管制の必要性を見出した多くの企業が、ドローンの管制サービスに参入し始めています。サービスという形ではなく「ドローン管制士」という人材にも注目が集まっています。

ドローン管制士は、ドローンの飛行状況を細かく把握し管理・制限し、ドローンの安全な運用をおこなうための人材です。機体の位置情報をリアルタイムで確認し、必要であれば指示を出すことができます。これからも急速な普及が見込まれるドローンを、一台一台管理するのはむずかしいです。そのため、管制室などの1つの場所で管理することが必要で、管制室で働くのがドローン管制士なのです。

管制士になるためには、「知識」が必要です。ドローンの構造や機体性能などのドローンに関する知識は必要不可欠でしょう。また、航空法や小型無人機等飛行禁止法など、ドローンに関係する各種法律知識も求められます。法律を知らないまま指示を出してしまうと、飛行が禁止されている場所や方法などを伝えることになりかねないのです。

将来を見据えてドローン管制士の資格を取ろう!

ドローン管制士に興味が湧いた方や将来を見据えて管制士を目指そうと思った方は、資格が必要になります。ドローン ザ ワールドという企業が展開している「ドローン管制士」資格が必要です。ドローン ザ ワールドは、ドローンによる点検や調査、防犯・防災、ドローンスクールやセミナー、イベント撮影や空撮ツアーなど展開している企業です。

一度に複数のドローンの管理やドローン操縦士に的確な指示を出すことが求められるため、ドローン管制士資格が必要なのです。管制士になるためには、専門のコースを受講しなければなりません。受講するためには、ドローン ザ ワールドの会員サービスであるスカイビジネスに入会する必要があります。

専門コースでは、管制士として使用するアプリを実際に使い、フライトプランの変更や支持を与える練習をおこないます。そのため、コースで学んだことは実践でも即使えるでしょう。

将来を見据えてドローン管制士の資格を取ろう!

まとめ

ドローンの普及が進み、もっと利用されるようになれば、一度に複数のドローンを管理することが必要になります。そのため、注目を集めているのがドローン管制サービスであり、ドローン管制士なのです。

ドローンが都市部でも数多く飛び交うようになれば、ドローン同士の衝突や飛行機などの接触などが考えられます。事故を減らすためにも、ドローンの飛行状況を把握し管理・制限する管制サービスや管制士が必要になります。

管制サービスは多くの企業が手掛けており、自分の都合にあったサービスを利用するとよいでしょう。しかし、管制士の場合は資格が必要です。将来的にも重要な役割を担うドローン管制士を目指すのであれば、資格を取得しましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト