2019.02.14(木)

ドローン検定はいつどこで受験できる?取得メリットや勉強方法を解説

ドローン検定はいつどこで受験できる?取得メリットや勉強方法を解説

テレビなどでドローンが撮影した映像を見かける機会も多くなり、ドローンが普及している実感がわく方もいるでしょう。ドローンがこれだけ普及した理由には、免許制度がなく誰でもドローンを操縦できることがあげられるます。しかし、ドローンに免許はありませんが、「資格」があるのです。その資格のひとつに「ドローン検定」があります。

本コラムでは、ドローン検定はなにが証明できるのか、試験の内容について解説していきます。ドローンに興味がある方やドローン操縦士の方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

ドローン検定とは?取得メリット

ドローン資格の1つである「ドローン検定」とは、どのような資格なのでしょうか。ドローン検定は「ドローンを扱う人の知識を評価し、知識の向上と周囲への理解」を目的としています。ドローン検定には、ドローンに関わる人が正しい知識を身につける機会になって欲しいという考えもあるようです。

ドローン検定は1級から4級まであり、数字が低いほどむずかしいです。資格取得のメリットは、操縦者が持つ知識の証明としての役割だけではありません。ほかにも、国土交通省への飛行許可申請のときに、証明書として添付できるのです。また、国土交通省が認定している基礎技能講習を受講時には、座学が免除されます。

ほかにも、ドローン検定が提携している団体の講習が受けられたり、就職・転職の場で自身のPRポイントとしての役割もあったりします。ドローンに関わる方であれば、メリットがたくさんあるドローン検定はもっておいて損はない資格といえるでしょう。

ドローン検定とは?取得メリット

ドローン検定の開催時期や受験概要

実際にドローン検定を受ける場合に気になるのは「試験の開催時期」や「試験会場」ではないでしょうか。ここからは試験の概要について紹介していきます。

ドローン検定は、奇数月に開催されることが多いです。また、年に6回は受験チャンスがあるので、不合格になったとしても2ヶ月後にはまた試験を受けられます。しかし、ドローン検定1級に関しては、年に3回しか受験できません。1級を受ける場合には、試験開催日程をきちんと確認しておきましょう。

申し込み期限は、試験の前月の末日です。末日が休日の場合には、次の平日となります。余裕を持った申し込みを心がけましょう。

試験会場は全国40の会場があります。北海道や青森県、東京は試験会場が2つありますが、ほかの都道府県は基本的には試験会場は1つです。全国に40ヶ所もあるので、都合のいい試験会場で受験できるでしょう。しかし、試験会場によっては早い段階で店員が満員になることもあるので注意してください。

ドローン検定は、基本的には誰でも受験することができます。しかし、2級は3級に合格した方、1級は2級の合格者のみが受験資格があります。3級と4級に関しては、特別な受験資格はありません。

試験にかかる料金は、受験する試験によって異なります。4級は3,000円、3級は5,500円の料金が必要です。2級になると12,000円、1級は18,000円も受験料がかかります。しっかりと勉強して、一度の試験で合格を目指しましょう。

まずは4・3級から!試験の内容と勉強方法

ドローン検定の2級や1級はとてもむずかしいうえ、それぞれひとつ下の級を合格していないと受験できません。そのため、まずは4級か3級のドローン検定が目標となります。

ドローン検定の試験はマークシート方式で、1つの問題に対して4つの選択肢があります。問題数は全部で50問あり、1問2点で100点満点の試験です。合格するには80点以上が必要になります。

4級と3級の試験内容は大きく変わりませんが、問題の難易度は異なっています。4級・3級で同じ問題内容は「基礎知識」「工学」「気象」「専門知識」「法令」です。3級の場合は、上記に加えて「物理学」の範囲も追加されます。

基礎知識ではドローンに関する用語や動作についての問題が出題され、工学では航空工学に関する問題が出題されます。専門知識は、ドローンの構造や制御について、ほかにもバッテリーやプロポに関する問題内容です。法令に関しては、無人航空機や電波法に関する問題が出題されるようです。

出題内容からもわかるように、項目の範囲はかなり広くなっています。それぞれの専門書を準備するのは大変なので、ドローンに関するテキストを購入して勉強するのがよいのではないでしょうか。ドローン検定の4級と3級の試験内容に対応したテキストも販売されています。

【ドローンの教科書】 Photo by Amazon

操縦技術の証明はドローンスクールで

ドローン検定は、飛行や機体に関する知識を証明できる資格です。機体の操縦技術を証明するのであれば、検定とは別の「操縦技術証明証」などが最適でしょう。操縦技術に関する資格は、ドローンスクールに通うことで取得できます。

しかし、すべてのドローンスクールで資格が取得できるわけではなく、資格を発行しているJUIDAやDPAなどが認定しているスクールでしか取得できません。資格取得目的でスクールを選ぶ場合には、資格発行団体が認定しているか確認してください。

スクールは資格取得が可能なだけでなく、操縦技術やドローンに関する知識も学べます。ドローン検定にも役立つ気象に関してやドローンの構造についても勉強するので、検定の受験を考えている人にもおすすめです。

ドローン検定と操縦技術が証明できる資格の2つを持っていると、仕事を探す際に大きな強みになるでしょう。ぜひ、ドローンスクールに通ってみることも検討してみてください。

操縦技術の証明はドローンスクールで

まとめ

ドローン検定は「ドローンを扱う人の知識を評価し、知識の向上と周囲への理解」を目的といておこなわれている試験です。検定に合格すると、ドローンに関する知識を有していることの証明以外にも多くのメリットがあります。

試験は年に6回開催されており、全国各地のいたるところに会場があります。コラムでご紹介した試験内容や料金を参考に、受験してみてください。

ドローン検定は知識の証明なので、操縦技術があることを証明できるわけではありません。操縦技術に関しては、操縦技術証明証などの別の資格が必要です。資格はドローンスクールに通うなどで取得ができます。スクールではドローン検定にも役立つ勉強ができるので、通ってみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト