2019.02.15(金)

ドローンの機能がまるわかり!機体の特徴をわかりやすく解説します

ドローンの機能がまるわかり!機体の特徴をわかりやすく解説します

ドローンは、測量や農業などのビジネスシーンで活躍しています。また、今までにない上空からの撮影ができることで、プライベートでも使われることも多いです。ドローンがここまで急速に普及したのには、さまざまな機能が搭載されており、操縦者をサポートしてくれるからということも大きいでしょう。

そこで、本コラムではドローンの機能に着目し、ドローン飛行がどのような機能によって、実現されているのかを解説します。また、コラム後半では機能が充実しているおすすめドローンもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

気圧センサー機能でホバリングが簡単に

ドローンの機能に必要不可欠なのは、たくさんのセンサーです。ドローンには、加速度センサーやジャイロセンサーなどのあらゆるセンサーが搭載されています。ドローンは飛行させて使うものなので「気圧センサー」が搭載されている機体も多く販売されています。

気圧センサーは、機体周辺の気圧を測定し、飛行高度を一定に保つために利用されるセンサーです。高度を一定に保つことで、ホバリングが簡単におこなえます。機体によっては、「自動飛行機能+気圧センサー」で高度を測定し、その場でホバリングを自動でおこなってくれる機体もあります。

気圧センサーが重要な理由は、気圧がわずかな高度の違いでも変化するためです。気圧センサーがついていれば、気圧を測定することで一定の飛行高度を保ち、ホバリングをはじめとした一部の操縦を簡単におこなうことができるでしょう。

気圧センサー機能でホバリングが簡単に

GPS機能でより安定した飛行を楽しめる

ドローンの機能といえば、自動飛行も代表的なもののひとつです。自動飛行機能があれば、ドローンを安定して飛行させることができ、操縦者の負担を減らすこともできます。自動飛行機能をおこなうためにかかせないのは、「GPS機能」です。

GPS機能とは、衛星から位置情報を受信し、機体の位置を把握できる機能をいいます。位置がわかることで、あらかじめ登録した飛行ルートを自動で飛ぶことができるのです。また、飛行場所を制限する機能がある機体にも、GPS機能は搭載されています。位置情報が読み取れるので、範囲外での飛行を制限できるのです。

さらに、GPS機能は自動飛行以外にも役立ちます。機体紛失時にも、GPS機能がついていれば機体の位置がわかるので、機体を探すときの手助けとなるでしょう。

ワンキーリターン機能があれば初心者も安心

自動飛行のひとつである「ワンキーリターン機能」は、ドローン初心者にはおすすめの機能です。ワンキーリターン機能も、ドローンの機能として代表的といえます。

ドローンを操縦していると「思った以上に遠くに飛ばしてしまった」というようなことがあります。このような状況ではあわててしまい、冷静に対処することがむずかしいかもしれません。しかし、ワンキーリターン機能を使えば、簡単に離陸ポイント周辺に戻すことが可能です。ワンキーリターン機能は、簡単なボタン操作だけでおこなえます。

似たような機能として「リターントゥーホーム」という機能もあります。離陸地点を記録し、ボタン操作だけで、離陸地点に着陸してくれる機能です。ワンキーリターン機能は、おおまかな離陸場所に戻すことができるだけで、着陸までは基本的にはできません。着陸までできるリターントゥーホーム機能は、初心者には欲しい機能かもしれません。

これらの機能は初心者の操作を手助けしてくれますが、目視外飛行をおこなうためにも必要な機能です。目視外飛行をおこなうと機体を目で確認しないため、機体を見失ってしまうことがあります。機体を見失った場合に、ワンキーリターン機能やリターントゥーホーム機能を使えば、自動で自分の近くに戻すことができるのです。

低バッテリーアラート機能で墜落を防ぐ

ドローンの機能として「低バッテリーアラート機能」も便利でしょう。ドローンのバッテリーは、充電して使います。充電が切れたり、飛行可能時間をこえたりするとドローンが操作できなくなって墜落してしまうかもしれません。

とくに初心者は、ドローン飛行に夢中になってしまって、飛行時間を気にせずに機体を飛ばしてしまうこともあるでしょう。低バッテリーアラート機能があれば、バッテリーが少なくなったときに「音」で知らせてくれます。

バッテリー残量がなくなる前に音で知らせてくれるので、墜落を未然に防ぐことが可能です。バッテリー残量は、気にしていないと見落としてしまいがちなので、音による警告はとても助かる機能といえます。

万が一に備えて!衝突回避機能があると安心

ドローンによっては「衝突回避機能」が搭載されており、障害物を自動で回避することも可能です。いろいろなところを飛行させて楽しむドローンには、機能としてあるととても便利なものでしょう。

障害物に衝突してしまうと、機体やぶつかったものが損傷してしまいます。ドローンをぶつけたものが人の所有物であった場合には、トラブルになることもあるでしょう。

障害物回避機能がついていれば、ある程度は安心してドローンを飛ばすことができます。機体によっては5km以上の距離にある障害物も検知できるのです。自動飛行を楽しんでいるときに障害物がある飛行ルートであっても、ドローンが自動で対応してくれるのです。

機能充実!おすすめドローン4選

便利な機能を知っても、「どのドローンにどの機能がついているの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。ドローン選びの参考にもなるように、機能が充実している機体を4つご紹介します。


DBPOWER U818A

Photo by Amazon


低バッテリーアラート機能がついているドローンです。ほかにも、ボタン操作で離着陸がおこなえる機能もついているので、初心者にはとくにおすすめの機体となっています。専用のコントローラだけでなく、スマホでの操作もできます。


DJI Mavic Air

Photo by Amazon


折り畳み式のドローンで、自動回避機能がついています。センサーによって障害物を検知し、回避するので安全に操縦できるでしょう。また、手のジェスチャーでドローンを操作できるというスマートキャプチャーの機能もついています。

Holy Stone HS160

Photo by Amazon

折り畳み式で、ポケットに入る大きさのドローンです。気圧センサーが搭載されており、自動ホバリングが可能です。ボタン操作で離着陸が可能であり、大きさもあわせて考えるとセルフィーに向いているドローンといえます。


Parrot Bebop 2

Photo by Amazon


GPS機能を搭載しており、自動で対象を追いかけることが可能なドローンです。1400万画素の高性能カメラも特徴のひとつです。なにかと接触した際に、自動制御されるプロペラがついているので初心者にも扱いやすい機体です。

不具合発生時には機能が使えないことも

ドローンの機能は操縦者のサポートをしてくれます。しかし、なにかの拍子に不具合が起きた場合には、機能が使えなくなることがあります。

もしものときに備えて、手動操作もできるようにしておきましょう。また、一度身につけたから良いというわけではありません。操作技術が衰えないように、日々の練習が必要です。

操作練習におすすめなのは、ドローンスクールで練習することです。スクールでは、ベテラン講師から操作のノウハウを直接教えてもらうことができます。また、講師が近くにいることで疑問や相談をしやすいというのもスクールならではの利点といえるでしょう。

スクールによっては、講習を受講後にも割引サービスで練習場を借りることができます。ドローンは、航空法をはじめとした多くのルールによって飛行場所が制限されています。割引サービスが受講できるスクールを選ぶと、飛行可能場所が近くにない場合でも受講後も練習場が安く使えるので、練習環境に困ることはないでしょう。

不具合発生時には機能が使えないことも

まとめ

ドローンの機能はさまざまです。気圧センサーがあればホバリングの手助けになり、GPS機能があれば自動飛行ができます。自動飛行には、ワンキーリターン機能などの初心者にとくに役立つ飛行もあるので、使えると便利でしょう。また、低バッテリーアラート機能や衝突回避機能もあると、もしものときに役立ちます。

こうしたドローンの機能は、操縦の負担を軽減してくれるとても便利なものです。しかし、ドローンに不具合が生じたときには手動操作が必要になります。ドローンを飛ばすのであれば、必ず操作技術も身につけておきましょう。

操作を身につけるのであれば、ドローンスクールがおすすめです。全国各地にスクールはありますので、お近くのスクールを調べてみてはいかがですか。スクールを活用して、充実したドローンライフをお過ごしください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト