2019.02.07(木)

今話題のドローンの魅力を紹介!あなたの知らないドローンの世界

今話題のドローンの魅力を紹介!あなたの知らないドローンの世界

現在、ドローンの利用者は増えてきています。ドローンの魅力はどんな点にあるのでしょうか。ドローンは操縦して楽しむほかにも、さまざまな楽しみかたができます。

たとえば、ドローンで映像を撮影して楽しむ、あるいはレースに参加するといった楽しみかたがあります。また、遊びとして楽しむだけではなく、ドローンをビジネスに利用することもできます。このコラムでは、ドローンの魅力をいろいろな角度から解説していきます。

難しいけど楽しい!トイドローンの魅力

遊びでドローンを始める人は、トイドローンから始める人も多いのではないでしょうか。トイドローンは値段も手ごろで、量販店などで簡単に手に入れることができます。機体も軽量に作られており、すこし高級なおもちゃという感覚で購入する人もいるようです。

トイドローンの魅力は、価格・手軽さ以外にもあります。それは、トイドローンを操縦するおもしろさです。トイドローンの機体は軽いため、飛行の安定性に欠けるところがあります。そのため、トイドローンは操縦が意外に難しいようです。

トイドローンは、とくに屋外で風などの外的影響を受けやすいとされています。また、トイドローンの飛行速度は高速です。飛行させているうちに機体を見失ってしまうこともあるようです。

トイドローンのそういった操縦の難しさは、逆に操縦のおもしろさにつながっています。トイドローンを自在に飛行させることができるようになれば、レースや空中撮影など楽しさの幅が広がり、ドローンの魅力を最大限に味わえること間違いなしです。トイドローンには、操縦者が技術の腕を磨く楽しみがあるといえるでしょう。

難しいけど楽しい!トイドローンの魅力

インパクト大!ドローンによる空撮の魅力

ドローンの魅力として、空中撮影の楽しさをあげる人も多いようです。ドローンを使用した空撮では、普段人が目で見ることのできない映像が撮影できます。普通の人はなかなか訪れることが難しいジャングルや雪山の迫力を、空から自分の力で撮影できたら…ロマンが広がりますよね。

ドローンによる空撮の魅力はほかにもあります。レースで走る車をドローンで追いかけながら撮影すれば、スピード感・臨場感にあふれた映像が撮影可能です。また、建築物の撮影では、普段は近づけない高所の細部もドローンで撮影することができるでしょう。普段何気なく見ているものでも、いつもと視点を変えるだけで人々があっと驚く映像になります。

ドローン撮影の魅力は、自分のアイデアや工夫次第で見たことのないような映像にであえるという点にあるでしょう。また、その映像を公開することで、ほかの人と楽しみをわかちあうこともできるかもでしれません。

新しいアクティビティ!ドローンスポーツの魅力

ドローンの新しい楽しみかたのひとつとして、ドローンスポーツという分野が生まれました。ドローンスポーツの代表といえば、「ドローンレース」ではないでしょうか。ドローンレースとは、自作したドローンで飛行速度や技術を競う競技です。

さらに「ドローンボール」なら、チームでプレイする楽しさを味わえます。空中でおこなわれるサッカーのような競技です。このドローンボールという競技は、5人でチームを組んでおこなわれます。自分のドローンが、相手チームのゴールをくぐれば点が入るのです。

ドローンボールでは、球体形のフレームに入ったドローンを操作します。ドローンがフレームに入っているため、ゴールなどにぶつかっても壊れにくく、操作を間違って人にぶつかっても安全です。

ドローンはショーの世界でも利用され始めています。「ドローンライトショー」では、LEDライトを搭載した多数のドローを飛行させます。あらかじめプログラミングされたライトが点滅することにより、空中に画像を描くことができるのです。

ドローンショーはプロジェクションマッピングとは異なっていて、画像を映し出すスクリーンが必要なく、遠くからでもショーを楽しむことができます。このように、ドローンの魅力的な利用方法として新しい分野がどんどん開発されています。

ビジネス分野におけるドローンの魅力とは

ドローンは、遊びとして楽しむだけではありません。ドローンはビジネスの世界にも影響をあたえつつあります。ドローンの利用が期待されている分野はいろいろあり、そのひとつが物流分野です。

ドローンを配送に利用することができれば、道路事情に関係なく荷物の配送が可能になるでしょう。人手不足が心配されている物流業界の問題解決ができるかもしれません。また、インフラ点検・測量の分野ではドローンの利用が開始されています。

人が出向かずとも、高所やへき地のインフラ点検・測量ができるため、労力と時間の節約につながっています。ほかにもさまざまな産業分野でドローンを利用したビジネスが検討されています。これからもドローンを使った魅力あるビジネスが登場するのではないでしょうか。

ドローンの魅力の裏には厳しい規制がある

ドローンの魅力はざまざまですが、使用するには法律の壁があります。現在ドローンは「航空法」という法律で飛行条件が規制されています。たとえば、ドローンは人口が密集した場所や、空港・軍事施設周辺を飛行するはできません。また、イベントが行われているエリアの上空を飛行することも禁止されています。そのため、ショーでドローンを使用する場合も注意が必要です。

現行の法律では、ドローンによる荷物の配送は難しい状態にあります。しかし、こういった規制はドローンビジネスの需要が高まるにつれて、変更が検討されています。法律が変更されることによって、ドローンの魅力はますます高まることが予想されています。

ドローンの魅力の裏には厳しい規制がある

まとめ

ドローンの魅力はたくさんあります。遊びとしてのトイドローンの飛行は、操縦の難しさがおもしろさにつながっています。ドローンで空中から撮影すれば、自分のアイデア次第で世界中の誰も見たことのない映像を撮影できるかもしれません。

ドローンスポーツという新しい分野でドローンを楽しむ人も増えてきました。ドローンレースは、ドローンの操縦技術・スピードを競う新しいモータースポーツです。ドローンを使った空中サッカーのようなドローンボールも注目されています。ドローンを利用したライトショーもおこなわれるようになっています。

ドローンはビジネスの分野でも活用が進んでいます。現在は法律でドローンの飛行条件が規制されています。しかし、ドローンのビジネスへの需要が高まるにつれて、そういった規制の変更が検討されていくようです。ドローンの魅力は、趣味の分野でもビジネスの分野でもこれからも増していくことでしょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト