2019.02.07(木)

今さらだけど知りたいドローン!基本知識をまとめてお伝えします!

今さらだけど知りたいドローン!基本知識をまとめてお伝えします!

ニュースなどで、ドローンという言葉を耳にすることも増えてきました。ドローンが普及し始めたことで「自分もドローンデビューしたい!」と思うようになった方もいるのではないでしょうか。

このコラムではドローン初心者の方に向けて、ドローンについての基本的なことをお話しします。機体の選び方やオススメ機種、操縦のコツなども紹介するので、「今さらドローンについて聞けない……」という方やドローンデビューを考えている方はぜひご一読ください。

今話題のドローンってなに?

ドローンとは、「無人航空機」のことです。無人航空機は人が乗り込んで操縦しないもので、飛行機やヘリコプターなどは有人航空機に当てはまります。

ドローンは本来、大きさに関わらず無人航空機全体のことをいいます。しかしドローンが普及したことで、一般的には比較的小さな機体がドローンと呼ばれることが多くなりました。そのため、無人ヘリコプターなどはドローンとは呼ばれず、分けられることもあります。

そして、ドローンが昨今話題となっている理由は、個人的に操縦して楽しめるだけでなく、産業への活用も期待されているからです。ドローン自体は昔からありましたが、小型化や遠隔操作の進歩などの技術成長によって、使用できる用途が増えました。日本政府も、ドローンを普及させて、経済をさらに発展させたいと考えているようです。

今話題のドローンってなに?

主なドローンの種類と選び方

ドローンには数多くの種類があります。ここでは、簡単にドローンの種類を説明するために用途別にご紹介していきましょう。また、実際にドローンを購入するときの選び方もいくつかご紹介しますので、購入時の参考にしてみてください。

【種類】

空撮用ドローン

空撮に特化したドローンは、カメラの性能がとても優れています。4K対応のカメラや、撮影モードを変更できる機体もあり、より多くの撮影状況に対応できるのが空撮用ドローンです。

トイドローン(ホビー用)

ホビー用のドローンは、一般的には200g未満の機体をさします。200g未満のドローンは一部の規制対象外となるので、多くの場所で飛ばすことができるという特徴があります。

また、空撮用などの本格的な機体を操縦する前の練習機として購入するケースもあるようです。

農業用ドローン

農薬が運べるように、パワーがあるのが農業用ドローンの特徴です。機体によっては赤外線センサーなどの高性能機能が搭載されており、農作物の管理をデジタル化させることもできます。

自動飛行ができるドローン

ドローンの使用ケースによっては、操縦せずに自動飛行させたいこともあるでしょう。自動飛行はすべての機体ができるわけではなく、一部の機体が対応しています。自動飛行は操縦者の負担を軽減してくれるでしょう。

【選び方】

用途にあっているか

農業でドローンを使用したいなら農業用の機体を購入しなければいけませんし、空撮をメインにするのであれば空撮用の機体を購入しなければいけません。自身の用途を考えて、適した機体を選ぶようにしましょう。

重さ

トイドローンでご紹介したように、200g未満のドローンは一部の規制対象外となり、比較的自由に飛ばすことができます。操縦の練習機として購入する場合には、重さにも注目するとよいのではないでしょうか。

技適マーク

日本には、電波の公平な利用を目的とした「電波法」という法律があります。そして、電波を利用するものには、「技適マーク」というマークがついていないと違法となる場合があるのです。

ドローンは無線電波を利用して飛行するものなので、購入時には技適マークがついていることを確認してください。ドローンは海外製の機体が多く、海外製の機体には技適マークがついていないことがあります。

その他

初心者であれば、操縦をアシストしてくれる機体を選ぶとよいでしょう。たとえば、ボタン操作だけで離着陸できる、自動で離陸地点に戻ってくるという機能があると便利です。

また、カメラがついている機体を選ぶこともおすすめです。ドローンの醍醐味の1つはやはり空撮なので、はじめからカメラがついている機体を購入すると飛行の楽しみも増えるでしょう。

入門機種から本格機種まで!おすすめドローン

ドローンの種類や選び方がわかっても「その中からどの機体を選べばいいのかわからない」という方もいるのではないでしょうか。そこで、機体選びに迷っている方に向けて「入門機種」と「本格機種」の2つに分けて、おすすめの機体をご紹介します。

【入門機種】


・Luxon ミニドローン


入門機種から本格機種まで!おすすめドローン Photo by Amazon


手のひらサイズで、室内でも楽しめるドローンです。プロペラが障害物にぶつかった際に守ってくれるプロペラガードがついているので、初心者も安心です。ボタン操作でドローンが戻ってくるワンキーリターンという機能がついています。


・DJI Tello 入門機種から本格機種まで!おすすめドローン Photo by Amazon


手のひらからトスするだけで、その場でホバリングするドローンです。トイドローンの中でも高性能なカメラが搭載されています。バッテリーが少なくなると、音で警告してくれる機能もついています。


【本格機種】


・Parrot ANAFI 入門機種から本格機種まで!おすすめドローン Photo by Amazon


通常はドローンから正面や下方向にしかカメラの向きは調整できませんが、このドローンは上方向にもカメラを向けることができます。映像をスローモーションやハイスピードで撮影できる機能があるので、本格的な映像作品をつくりたい方にもおすすめの機体です。


・DJI PHANTOM 4 PRO 入門機種から本格機種まで!おすすめドローン Photo by Amazon


モニターに飛行ルートを描くだけで、自動飛行させることができるドローンです。高性能の障害物検知センサーがついており、障害物を自動で回避することができるので、初心者も安心して飛行させることができるでしょう。

まずは室内から!ドローンを飛ばせる場所

ドローンを飛ばすことができない場所は「空港周辺」「人口が多い地域」「150m以上の上空」です。これらの場所の飛行は「航空法」という法律によって規制されており、許可がなければ飛ばすことはできません。

また、国の重要施設(大使館や原子力施設など)は「小型無人機等禁止法」によってドローンの飛行を制限しています。

これらを踏まえると、飛ばせる場所としてまず思い浮かぶのは自宅などの室内空間でしょう。自宅の中では、ドローンを自由に飛ばすことができます。室内で大型のドローンを飛ばすのは危険ですので、トイドローンなどの小型の機体を飛ばすようにしましょう。

そのほかにドローンを飛ばせる場所の代表例としては、河川敷があげられることが多いです。河川敷は障害物が少ないため衝突事故の可能性が低いため、操縦練習にはうってつけの場所と考えられます。人通りも少なく、墜落した場合の人的被害のリスクも低いという利点もあります。

ただし、自治体によっては河川敷でドローンを飛ばすことを禁止している場合があるので、必ず事前に自治体に問い合わせて確認するようにしましょう。

ドローンの基本的な操作方法とコツ

ドローン操縦のコツは「ゆっくりと操作すること」です。コントローラーは、通常はプロポと呼ばれています。プロポを急速に操作してしまうと、墜落や障害物に激突するおそれがあるため、操縦はゆっくりとおこなってください。

あとは飛行練習を繰り返しおこなうことが重要です。ドローンの操縦は奥行きなどの空間把握能力が必要なのではじめは難しいかもしれませんが、繰り返し練習することで身につけられます。基本的な操作をご紹介しますので、何度も練習して操縦感覚を身体に覚えさせましょう。

離着陸

離着陸は初心者にとって最初の壁といわれることもあります。とくに着陸がむずかしく、機体のバランスを崩したり、勢いよくプロポを操作したりすると地面と衝突してしまいます。着陸のコツは、斜めに機体を下ろすことです。斜めに下ろすことで風の抵抗を減らすことができ、バランスを保ちやすくなります。

移動

前・後・右・左の移動や上昇・下降が基本となります。離陸する地点を中心に上昇させ、前方に移動させて離陸地点の上空に戻します。その後、右や左などの別方向に移動させ、離陸地点の上空に戻すというのを繰り返して練習してみてください。

基本操作に慣れてきたら、その場にとどまらせるホバリングや四角移動の練習も取り入れてみましょう。

ドローンの基本的な操作方法とコツ

ドローンは危険な一面も!飛行の注意点

ドローンは楽しくて便利な道具ですが、危険な一面もあります。ここで飛行させる際の注意点を確認しましょう。

飛行させるときに、まずは飛行場所の安全確認が大切です。航空法で定められている人口が多い地域でないか、周囲の状況も確認しましょう。人口が多い地域でなくとも、障害物が多い地域では衝突のリスクが高まり、事故につながるおそれもあります。

また、人通りが多い場所では、墜落したときにケガをさせてしまうかもしれません。そのため、飛行場所の安全確認を怠らないようにしてください。

天候の確認も大切です。趣味で楽しむドローンの場合は機体が小さいことが多く、風の影響を受けやすいので飛ばされるおそれがあります。飛ばされると機体を制御できずに、墜落や衝突などの事故につながります。飛行前に風の大きさを確認して、風が強い場合にはドローンの飛行をあきらめることも大切です。

安全確認をおこなっても、必ず大丈夫というわけではありません。国土交通省へ報告されているドローンの事故は、年間数十件にもおよびます。報告されていない事故も考えると、もっと多いでしょう。ドローンデビューを考えているならば、楽しいことだけでなく、事故などの危険が潜んでいることも覚えておいてください。

趣味だけじゃない!ドローンの活躍

ドローンは個人の趣味としてあるだけでなく、仕事シーンでも活躍しています。たとえば、農業の現場でも活躍している農業用ドローンです。農薬散布や農作物の調査をドローンがおこなうことで、今までよりも効率的に農作物の管理ができるようになりました。

また、従来ヘリコプターでおこなっていた農薬散布からドローン散布に切り替えることで、コストの削減ができるという利点もあります。

ほかに、インフラ点検や測量現場などでもドローンは活躍しています。さらに災害時の調査に利用されるなど、多くの分野でドローンは活用されているのです。今後は警備や物流業界での活躍も期待されており、活躍の場はますます広がっていくことが予想されています。

本格的に学びたいならドローンスクールがおすすめ

ドローンデビューを考えている方の中には「ドローンの操縦技術や関連知識をどうやって身につければいいの?」と疑問に思う方もいるでしょう。独学で勉強する方法もありますが、おすすめは「ドローンスクールに通うこと」です。

スクールでは、経験豊富な講師から直接操縦技術を学ぶことができます。講師が近くにいることで、疑問や相談がしやすく技術の向上が図れる環境も整っているのです。

また、ドローンは、航空法などいくつかの法律によって規制されています。独学で法律を勉強することはなかなか大変で、法解釈を間違えると違反飛行につながるおそれもあるのです。スクールで正しい法解釈を学ぶことで、安全にドローンを飛行させることができるようになるでしょう。

本格的に学びたいならドローンスクールがおすすめ

まとめ

ドローンとは、本来は無人航空機全般のことをさします。しかし現在は比較的に小型の機体をドローンと呼ぶことが多いです。このコラムではわかりやすいように用途ごとに、ドローンをご紹介しました。選び方についてもポイントやおすすめの機種をいくつかご紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

趣味だけでなく仕事でも活躍しているドローンは、安全に飛行させることが大切です。ドローンの操縦のコツや基本操作を参考に、繰り返し練習しましょう。

操縦に不安がある方は、ドローンスクールで操縦技術を身につけるのもひとつの手段です。ドローンスクールは全国各地にありますので、一度お近くのスクールについて調べてみてはいかがでしょうか。スクールを活用して、ドローンデビューを果たしてみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト