2019.02.07(木)

ドローンの墜落事故をなくすために。原因を知って対策をたてよう

ドローンの墜落事故をなくすために。原因を知って対策をたてよう。

ドローンの利用が広まるにつれて、ドローンの墜落による事故・事件のニュースを耳にすることもでてきました。なぜ、ドローンは墜落するのでしょう。操縦者が、ドローンの操縦をあやまったからでしょうか。

それとも、ドローンの機体に問題があるのでしょうか。ドローンが墜落する原因はいくつかあるようです。このコラムでは、ドローンの墜落原因を検証し、対策方法をご紹介します。

大垣市ドローン墜落事故…原因はなに?

2017年11月4日、岐阜県大垣市のイベント会場においてドローンの墜落事故がおきました。この事故では、ドローンの墜落により男女合わせて6人が軽傷をおっています。

ドローンをイベントで飛行させる場合は、安全に配慮した計画を事前に航空局へ申請しています。にもかかわらず、なぜ事故はおきたのでしょうか。この事故の原因はいくつかあるようです。機体のバランスの悪さ・操縦者の技術不足などが、問題点として指摘されました。

また、ドローンのプロペラは、高速で回転し墜落時も動いている場合があります。墜落時に回転しているプロペラが、人にあたればけがをするかもしれません。そういった安全対策の不備も、けが人のでる事故につながったと考えられているようです。

大垣市ドローン墜落事故…原因はなに?

そのほかドローンが墜落する原因

安全対策をとっているはずのドローンでも、墜落するときはあります。ドローンが墜落する原因とはなんでしょう。ひとつはドローン操縦者のミス、あるいは技術不足です。

ドローンは、あるていど自動で飛行するシステムを備えています。しかし、完全な自動飛行ではありません。ドローンを自分の思い通りに操縦するには、練習も必要です。人前でドローンを飛行させる前に、まずは安全な場所でじゅうぶんに練習をつみましょう。

ドローンが墜落する原因のひとつに、バッテリー切れがあります。バッテリーはドローンの電力源です。供給される電力がなくなれば、ドローンは飛行できず墜落してしまいます。

軽量に作られているドローンは、風の影響も受けやすいといわれています。ドローンが風に流されてなにかに接触し、制御ができなくなって墜落するケースも見受けられるようです。

また、通信不良が原因でおこる墜落もあります。ドローンはコントローラーからの電波を受信して、飛行しています。その電波の通信が途切れてしまうと、ドローンは飛行できなくなって墜落してしまうのです。

機体の故障が原因で、ドローンが墜落する場合もあります。ドローンの機体は、それほど頑丈にはできていません。ドローンは飛行のバランスが崩れると墜落してしまいます。プロペラが傷ついただけでも、飛行に影響をあたえることもあるので注意が必要です。

ドローンを墜落させないためには

ドローンの墜落を防ぐためには、どのような点に注意をすればよいのでしょうか。ドローンの飛行前にいくつかのチェックをおこなうことで、ドローンの墜落回数は減らせます。

大きな注意点のひとつは天候です。ドローンの機体は天候の影響を受けやすく、とくに強風はドローンの飛行に悪影響をおよぼします。風の強い日は飛行を取りやめるくらいの配慮も必要でしょう。

ドローンの飛行前に、機体のチェックをしっかりおこなうことも、ドローンの墜落をなくすことにつながります。ドローンのプロペラは、飛行中なにかにあたって傷つきやすい部品です。傷のついたプロペラで飛行していると、機体のバランスが崩れて墜落しやすくなります。

ほかにもドローンのバッテリーは、なんども使用していると消耗がはやくなります。飛行中にバッテリーが切れれば、ドローンは墜落してしまいます。そういった事態をなくすためにも、バッテリーなどの機体部品のチェックは大切です。

墜落防止機能を備えたドローンを選ぼう

最近では、墜落防止のための機能がついたドローンも登場してきています。墜落防止機能には、さまざまな種類があるようです。いくつかご紹介しましょう。

最新のドローンでは、なんらかの事情でコントローラーが、操縦者の手から離れてしまっても空中で静止し続けるドローンがあります。また、搭載されたカメラで障害物を認識し、自動で回避をおこなう機能も開発されています。

墜落防止機能のなかには、バッテリーが残り少なくなったときに、自動で離陸地点まで戻ってくる機能もあります。こういった機能があるドローンであれば、バッテリーによる墜落を防ぐとこができるでしょう。

緊急時はアナログ操縦が必要!スクールで学ぼう

ドローンは、あるていど自律して飛行するので、初心者でも簡単に操縦することができます。しかし、通信不良などがおきた場合、自分でおこなうマニュアル操縦をする必要もしょうじます。

しかし、自分でドローンの操縦練習をおこなうには、場所の確保の問題があります。ドローンの練習には、ドローンを飛行させるのにじゅうぶんな広さが必要です。また、人や物にぶつからないような配慮もいるでしょう。

そういった場所を自分で見つけるのは、なかなか大変です。また、初心者がひとりでドローンの練習をおこなうより、ドローンの操縦に慣れた人から指導を受ければ、技術の習得も容易になるのではないでしょうか。

そう考えたときにおすすめなのが、ドローンスクールです。ドローンスクールでは、初心者用の講習会も開かれています。ドローンの基礎を学びたい人に向けた、ドローン操縦の基礎を1日で学ぶことができるコースもあります。

ドローンスクールでは、ほかにも受講者の目的にあわせたコースがいろいろあります。ドローンスクールで基礎を学べば、ドローンが墜落しそうなときも冷静に対処することができるのではないでしょうか。

緊急時はアナログ操縦が必要!スクールで学ぼう

まとめ

ドローンの利用が広まるにつれて、ドローンの墜落事故もおきるようになってきました。原因は、操縦者の操縦ミスや技術不足・機体の整備不良・電波通信の不具合・天候の影響などがあります。

ドローンの墜落を防ぐため、ドローンの飛行前にいくつかの点に注意しましょう。ひとつめの注意点は、飛行当日の天候です。ドローンは天候の影響を受けやすいので、悪天候の場合は飛行を取りやめることも大切です。

ドローンの飛行前の機体チェックも必要です。プロペラやバッテリーのチェックを事前におこなうことで、ドローンの墜落リスクは減らせます。

ドローンが制御不能になった場合に備えて、自分の操縦技術を磨くことも大切です。初心者が技術の向上を目指すなら、ドローンスクールで講習を受けることがおすすめです。

ドローンスクールには、初心者向けの基礎コースも用意されています。ドローンの墜落を防ぐためにも、ドローンスクールで基本的な操縦方法を学びましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト