2019.02.07(木)

ドローンの使い道はさまざま!趣味からビジネスまでわかりやすく解説

ドローンの使い道はさまざま!趣味からビジネスまでわかりやすく解説

現在は家電量販店でもドローンを取り扱っており、テレビ番組の映像作成にドローンが活用されています。読者の中にもすでに、ドローンを使っている方がいるかもしれません。しかし、なかには「最近になってドローンに興味が湧いてきた!」というドローン初心者の方もいるのではないでしょうか。

今回は、初心者の方に向けて「ドローンの使い道」について掘り下げていきます。趣味としての使い道やビジネスとしての使い道、検討されている今後の使い道など、あらゆるドローンの使い道をご紹介します。初心者の方は、コラムを参考に自分にピッタリの使い道を考えてみてください。

趣味としてのドローンの使い道

まずは「趣味」としてのドローンの使い道について考えてみましょう。第一に思い浮かぶのは「空撮」ではないでしょうか。テレビ番組でも、ドローンが空撮した映像をよく見かけます。空撮は撮影する範囲を全体的に録画できるため、映像のバリエーションが増えるのです。また、今までにはなかなか見かけなかった上空からの映像は、見る者の目には新鮮に映ります。

もう一つの使い道は、「ラジコン」としての遊び方があげられます。ヘリコプターの形のラジコンは遊んだ経験がある方も多いかもしれませんが、4つのプロペラがあるドローンを操縦したことがある方は、少ないのではないでしょうか。空に憧れがある方は、ヘリコプターとは違った良さがあるドローンの飛行が趣味となるかもしれません。

ドローンに馴染みのない方はなかなか思いつかないかもしれませんが、近年、新しいモータースポーツとしてドローンレースというモータースポーツが流行っているのです。障害物を避けてゴールを目指すというのも、比較的に簡単におこなえるドローンだからこそ盛り上がりを見せているのでしょう。

また、ドローンレースではFPV飛行というモニター越しに操縦する方法をよく利用します。FPVはモニター越しに操縦するため、自分がドローンに乗りこんで直接操縦しているような体験ができます。FPV飛行ができることも、趣味として楽しみ方を広げてくれているのかもしれません。

ドローンの資格取得メリット②ベテランパイロットから確かな操縦技術を学べる

ビジネスとしてのドローンの使い道

ドローンの使い道は、趣味だけではありません。つづいては、ビジネスにおけるドローンの使い道をご紹介します。

ドローンは、ダムや橋などのインフラ設備を点検するツールとして利用されています。ドローンを使うことで高所作業の危険を回避できるほか、人員を最小限に抑えることができるのです。また、従来の点検業務に必要だった足場の設置が必要なくなるため、費用を削減することもできます。

つぎに測量現場でも、ドローンは使われています。従来では調査結果を図面におこし、パソコンにデータとして保存する方法がとられていました。しかし、ときには図面におこしてもパソコンに保存せず、管理が不十分なこともあったようです。ドローンを使えば、測量結果を簡単にパソコンに保存できるため、管理も容易になります。従来の測量よりも短時間で調査ができるので、ドローンを使うメリットは大きいといえるでしょう。

そのほかに、農業の現場でもドローンは利用されているのです。農業では、人手不足が深刻な問題となっています。また、働く人も高齢者が多いため、作業が大変ということもあるのです。しかし、ドローンを使えば農薬散布や種まきを簡単におこなうことができます。従来の方法よりもコストが抑えられるという利点があることも、農業でドローンが使用されている理由でしょう。

実現が期待されるドローンの使い道

現在、本格的な始動をみすえて実証実験がおこなわれているドローンの使い道もあります。それは「物流」の分野です。たとえば、楽天は対象のゴルフ場限定で、注文した飲み物やゴルフボールをドローンが運ぶというサービスを始めました。また、すでに終了したサービスですが、注文した商品をドローンが配達地点まで自動で運ぶというサービスが南相馬市でおこなわれていました。

さらに日本郵便では、福島県にある2つの郵便局間をドローンが自動飛行で物資を運ぶという事業が始まっています。従来の車でおこなった配達よりも、かかる時間を短くできたようです。

ほかにも、全国各地でドローンによる輸送実験がおこなわれています。これらのことからもわかるように、物流業界ではドローン利用への期待が高まっているのです。

しかし、物流業界でドローン利用が本格的に実現されていないことには課題もあるからなのです。物流にドローンを利用するのであれば自動飛行が必要不可欠ですが、機体を管理できる環境が整わないとドローンによる事故が多発するおそれがあります。

また、物資を落下させることも考えられるので、飛行地点の安全確保などの必要もあります。これらの問題が解決されれば、本格的に物流業界でもドローンは利用されるでしょう。

規制緩和でドローンの使い道は広がる

ドローンの使い道は、今後の規制緩和で大きく広がっていくでしょう。日本政府としても、輸送などにドローンを利用したいと考えています。2018年には、ドローンを活用する方針を定めた「空の産業革命に向けたロードマップ」を取り決めました。

ロードマップでは、ドローンにレベル1~4の飛行状態を定めています。現在の目標であるレベル3とは、無人地帯での目視外飛行(ドローンを目で見ない操縦方法)になります。ゆくゆくは離島や山岳部への荷物の配送や被災状況の調査などをめざしています。

レベル3までを2020年代前半までにおこなえるようにし、2020年代前半ではレベル4の有人地帯での目視外飛行を目標としています。さらに、より高いレベルへの利用も考えており、都心部での物流や警備にもドローンを利用したいとしているのです。

このようにドローンに対する目標は明確に決められており、将来的には多くの分野でドローンが利用されているでしょう。ドローンを利用したビジネスは、まさに今が参入のチャンスなのではないでしょうか。本格利用が始まった後では、他社に後れをとることになってしまいます。

ドローンを使うことを考えているのであれば、ドローンについての知識が必要です。また、操縦できるようにもならなければいけません。そこで、おすすめなのがドローンスクールに通って、知識や操縦技術を身につける方法です。スクールなら、講師から操縦のノウハウを直接教えてもらえますし、正しい法知識を勉強できます。ビジネスにドローンを利用したいと考えているのであれば、一度調べてみてはいかがでしょうか。

規制緩和でドローンの使い道は広がる

まとめ

ドローンの使い道は、趣味や仕事など幅広い利用方法があります。趣味であれば、空撮やドローンレースが楽しめます。ビジネスであれば、測量や農業などの分野ですでにドローンは活躍しています。今後は、物流などの分野での活躍も期待されているのです。

ドローンは、今後ますます使い道が増えていくでしょう。なぜなら、日本政府も利用しようと考えており、利用するための方針や環境を整備しているからです。

ドローンをビジネスチャンスとして考えている方は、ドローンスクールで必要な知識や技術を身につけることをおすすめします。スクールは、全国各地に所在しているのでお近くのスクールに連絡してみてはいかがでしょうか。本コラムが、ドローンの使い道を見つける参考になれば幸いです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト