2019.02.05(火)

産業用ドローンの種類はさまざま!分野別に機種の特徴を紹介します

産業用ドローンの種類はさまざま!分野別に機種の特徴を紹介します

ドローンという言葉は一般的になりつつありますが、実際に見たことがあるという人は、まだ多くはないのではないでしょうか。ドローンになにができるのかというのも、知っている人は多いとはいえないでしょう。

じつは、ドローンはプライベートに使用されているだけではないのです。測量や農業などの産業では、すでにドローンをおおいに活用している現場があり、いまも実験が重ねられている分野も少なくありません。今回は、そんな産業用ドローンについて紹介していきます。

ドローンを活用している主な産業

「ドローンを仕事に活かすことができないか」と実験を繰り返している分野が多くあります。ここでは、すでに実験段階を終え、ドローンを活用している産業を見ていきましょう。

空撮

産業用ドローンの活用法として最も有名なものが、この空撮分野なのではないでしょうか。

ドローンは小型で軽量設計な機体が多く、持ち運びが容易で自分の都合に合わせて撮影ができます。また、ドローンは航空機と違いホバリングができるため、上空で制止するような飛行からの撮影が可能です。

インフラ点検

ドローンの小型かつ飛行可能である、という利点を利用しているのがインフラ点検です。ドローンであれば、高いところや狭いところにも入り込んで点検することができます。

従来のインフラ点検では、高速道路の架橋などを点検するので、作業をおこなえるように足場を組む必要があります。しかし、高い位置に足場を用意することが多いため、作業現場では常時、作業員に落下などの危険があるのです。ドローンを使うことで、こうした危険を避けることが可能になりました。

測量

産業用ドローンは、測量の分野でも活躍しています。もともと測量では小型航空機を用いた、航空写真測量という測量法がありました。現在は小型航空機の代わりにドローンを使用することが多くなってきているのです。

ドローンによる測量は、小型航空機を使うよりも手早くかつ低コストでおこなうことが可能です。また、ドローンは航空機よりも低空を飛行するため、より解像度の高いデータを取得できます。

建築

建築分野では上空から現場の撮影をするときなどに使われています。また、建物の検査をする場合などにも、さまざまな方向からくまなく調べることが可能なので、ドローンはおおいに活躍しています。

農業

農業における産業用ドローンの仕事は、農薬の散布がメインです。上空から広範囲に農薬を散布することで、作業時間を短縮することができます。

また、ドローンによる農薬散布は安全面においても優秀です。実際に農薬を散布している現場から離れた場所で作業ができるため、作業者に農薬がかかってしまう農薬被ばくを防ぐことができます。

ドローンを活用している主な産業

空撮分野に適した産業用ドローン

実際に空撮分野で使われている産業用ドローンとして有名なのが、DJIによって開発されたPHANTOM 4 PRO V2.0です。世界トップシェアを誇るドローンメーカー「DJI」が開発したPHANTOMシリーズの最新機種であり、非常に高い性能を持ちます。

まず、空撮において重要な装備であるカメラですが、PHANTOM 4 PRO V2.0には4K映像を60fpsで撮影可能となっています。また、静止画を連続撮影するといったことも可能です。

空撮に必要な飛行能力においても、全方位に5つのセンサーを搭載することで安定した飛行を実現しています。また、プロペラ形状の最適化により、従来のPHANTOMシリーズよりも静かに飛行できるのです。

測量・点検・建築分野に適した産業用ドローン

点検・建設業務で活躍している産業用ドローンに、enRouteのPG700があります。ドローンを点検に用いる場合は、空撮のときと違い大きな障害物に接近する必要があるため、常に衝突の危険と隣り合わせです。

しかし、このドローンはプロペラにネットのようなガードを取りつけることで、壁や柱にぶつかっても飛行を継続できるようになっています。そのため、従来の機体と比べ、ビルの壁面や高架などの現場でも安全に飛行できます。

また、搭載したバッテリーに加え、地上から給電コードをとおして充電しながらの飛行が可能です。十分な電力を確保できるため、長時間の作業になっても効率的におこなえます。

農業分野に適した産業用ドローン

農業分野においては、さまざまな農業機械を開発してきたヤンマーの開発した産業用ドローンMG-1が有名です。農業現場では、以前から無人ラジコンヘリによる農薬散布がおこなわれてきました。

ドローンは、ラジコンヘリと比べると自律飛行が可能なぶん、操縦が簡単だといわれています。また、ドローンはラジコンヘリよりも安定した飛行ができるため、狭い場所や山肌などにある農地には適しています。

ほかにも、事前に農薬を散布する範囲を設定しておくことで、効率的なルートを自動で飛行してくれる自立散布システムの搭載も予定されています。作業の負担を軽減するだけでなく、農薬の散布漏れなども防ぐことができるでしょう。

農業分野に適した産業用ドローン

ドローンスクールで機種体験&講習を受けるのもアリ

さまざまな分野で用いられている産業用ドローンですが、実際に導入しようと思うと種類が多すぎて迷ってしまうかもしれません。また、操縦がむずかしいといわれるドローンをしっかりと使いこなせるか、という不安を持つ方も多いでしょう。

産業用ドローンは一般的なドローンと比べても高価な機体が多いので、とりあえず購入してみるといったことも困難です。効率的にドローンを運用できなければ、大きな損失となってしまうおそれもあります。

そんな方には、ドローンスクールで最新の産業用ドローンを体験してみることをおすすめします。実際にドローンに触れてみることで、ビジネスへの運用法などわかることもあるのではないでしょうか。

また、ドローンスクールでの講師のなかには、産業用ドローンを使って仕事をしていたという方も少なくありません。ドローンスクールでの講習を受けることで、彼らの実体験に基づいた解説を聞くのもよいでしょう。

まとめ

産業用ドローンはすでにさまざまな分野で活用されており、さらに今後の活躍も期待されています。ドローンの活用法は、非常に多岐にわたっているのです。

どういった分野で使うのかということによって、ドローンに求められる能力は違います。そのため、各分野に専門的な能力を持った産業用ドローンがあるといえます。

産業用ドローンには、多くの機種があります。どれがいいのか迷った際には、ドローンスクールで機種体験をしてみましょう。講習を受けて技術や知識を身につけることもおすすめです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト