2019.01.30(水)

ドローン保険は強い味方!安心安全に操縦するためのドローン保険とは

ドローン保険は強い味方!安心安全に操縦するためのドローン保険とは

ドローン操縦士のみなさんやこれからドローンデビューをしようと考えている初心者の方は、ドローンの危険性についてどれくらい備えていますか。ドローンは屋外で飛行させるため、突風の影響で墜落するおそれがあります。

墜落したらドローン本体が壊れることもあるでしょう。もしかしたらほかの方をケガさせてしまうかもしれません。ドローンを飛ばすときのリスクに備えるために、「ドローン保険」に入っておきましょう。

このコラムではドローン保険の種類やおすすめをご紹介します。どんなドローン保険があるのかを知って、自分に合った保険に加入しましょう。

ドローン保険ってなに?必要性について

自動車に普段乗っている方は、もしもの場合に備えて自動車保険に加入している人も多いのではないでしょうか。事故を起こしてしまったときの車の修理や事故によるケガの補償をするために、自動車保険はあります。同じように、事故をおこすおそれのあるドローンにも自動車保険のような保険があるのです。

ドローンはビジネスやプライベート、多くのシーンで活用できます。安全に飛行させていても突風にあおられたり、突然制御不能になったりとトラブルもおこるかもしれません。最悪、ドローンが墜落するおそれもあります。

墜落時にドローン本体が壊れたり、場合によっては墜落した機体が人にぶつかりケガをさせたりしてしまうおそれもあるでしょう。もしかしたら、墜落したドローンを紛失してしまうことも考えられます。

ドローンの保険は、ドローンに関するリスクに備える保険です。ドローンを操縦しているとなにが起こるかわからないので、もしもの場合に備えてドローン保険に加入することをおすすめします。

ドローン保険の種類は大きくわけて2種類

ドローン保険は墜落や事故、紛失などのリスクに備えて加入することがおすすめです。ドローン保険は、補償できる保証内容によって大きく2種類に分けられます。

賠償保険

賠償保険は「人にケガをさせてしまった」「ドローンが墜落して、自動車の窓ガラスを割ってしまった」という場合に適用される保険です。ほかにも、ドローンで空撮をおこなっているときに起こりうる、プライバシーの権利や肖像権などの人権侵害で訴えられた場合に対応できる保険もあります。

機体保険

ドローンが墜落したときには、人へのケガや周囲の損害もありますが、ドローン本体が壊れることもあります。ドローンが損傷した場合に対応できるのが機体保険です。ドローン本体そのものの破損に備えるのなら、機体保険に加入しましょう。

オススメの保険サービス【個人向け】

プライベートでドローンを楽しむ方でも、墜落によるリスクに備えておいたほうがよいでしょう。そこで、個人向けのドローン保険をご紹介します。

RCK 【ホビー用】ラジコン保険

RCK(一般財団法人 日本ラジコン電波安全協会)に、ラジコン操縦士として登録した方のみが加入できる賠償保険になります。支払われる補償限度額は1億円までになっていますが、RCK 【ホビー用】ラジコン保険では事故内容によっては保険が下りない場合があるのです。

RCK 【ホビー用】ラジコン保険の皆さん自身の負担額(免責額)は5万円となっています。補償金額が5万円以内の場合、保険がおりないので注意しましょう。

グッド保険サービス ドローン保険(個人向けホビー用)

賠償保険と機体保険が、一体の保険となっています。ドローンの操縦でケガをさせてしまったとしても、この保険があれば相手への賠償と自分のドローンの修理が1つの保険で対応できるのは便利でしょう。

また、示談補償のサービスもついているのがこの保険の特徴です。ケガをさせた相手との話し合いも対応してくれるのは、ありがたいサービスなのではないでしょうか。

オススメの保険サービス【法人向け】

ビジネスでドローンを活用する場合には、法人向けのドローン保険に加入するとよいでしょう。ビジネスでドローンを使用する場合、その業務の多様性から事故の可能性も多くなります。だからこそ、より手厚いサービスをおこなっている保険を選ぶことが大切なのです。この章では、賠償保険と機体保険それぞれのおすすめドローン保険をご紹介します。

損害保険ジャパン日本興亜 JUIDA会員向け団体ドローン保険

JUIDAの認定証を持っている方が加入できる、法人・個人事業主向けの賠償保険です。1年ごとの保険料は保険プランによりことなり、それぞれの保証金額は以下のようになっています。


【1年ごとの保険料に対する補償金額】


保険料:3,360円 …… 補償金額:1億円

保険料:4,800円 …… 補償金額:3億円

保険料:5,640円 …… 補償金額:5億円

保険料:7,440円 …… 補償金額:10億円

ご紹介している保険料は、1機体ごとに支払う料金になります。法人で契約する場合には、会社が所持している機体数分かけるようにしましょう。JUIDAの認定証を持っている方で、ビジネスシーンでドローンを活用する場合にはおすすめです。

エアロエントリー DJI機体保険

DJIのドローンを活用している人のみが加入できる機体保険です。法人だけでなく、個人の方も加入することができます。

また、エアロエントリーのDJI機体保険では機体そのものの代金の補償だけでなく、ドローンを紛失したときの捜索や回収にかかった費用も負担してくれるのです。ドローンを見失ってしまって探し出すための費用もばかになりません。ドローン本体の修理・交換代金だけでなく、捜索や回収にかかる料金も負担してくれるのは、心強い味方になってくれるのではないでしょうか。

ただし、エアロエントリーのDJI機体保険を活用するさいには注意点があります。保険を利用してドローン本体を買い替える場合、機体が手元に回収できなければ保険が使用できません。また、事故が起きたときの自己負担金額が保険金額の2%に設定されているので、修理金額によっては保険がおりないことがあります。

ドローン専用保険以外の選択肢もある

一口に保険といっても、さまざまな種類のものがあります。ドローンにおいても同様で、ドローン以外にも対象物がある保険に入っていれば事故が起きたときに保険がおりることがあるのです。ドローン保険ではない総合的な保険の場合、ひとつの保険で「労災事故」「賠償責任」「休業」「工事」「財産」などあらゆる補償がついているものがあります。補償内容が複数ついている保険であれば、複数の保険を管理する手間がはぶけるので管理も簡単といえるでしょう。

しかし、こういった複数のものを対象にした保険は、ドローン専門の保険に比べて補償内容が最低限となっています。ドローンの機体修理など補償内容が充実していた方が安心できる方は、ドローン専用の保険に加入した方がよいかもしれません。

保険を過信しない!安全に飛行させよう

ドローン保険は、もしもの場合のリスクに備えるためのものです。だからこそ、「保険に加入しているから大丈夫!」と気楽に考えて無茶な使い方をするのはやめましょう。やはりドローンを安全に活用するには「操縦技術を磨く」「正しい知識を身につける」ことが重要です。

ごくまれにしかドローンを操縦しないという場合は、操縦技術がなかなか上がらないでしょう。自動車でも、久しぶりに運転すると車幅のとらえ方や運転感覚がにぶっていると感じることがありますよね?

自動車でも運転技術が伴っていなければ、事故の危険性は高まります。同じように、ドローンも操縦技術を磨くことで事故の危険性を減らすことができるのです。

操縦技術を磨く、正しい知識を身につけたいときは、ドローンスクールに通うことをおすすめします。スクールでは、講師1人に対して少人数の講義形式が多く、操縦に関する疑問や相談がしやすい環境となっています。操縦練習が10時間以上の受講コースもあるため、初心者でもドローンの操縦技術を身に着けやすいのです。

また、ドローンを安全に飛行させるためには、ドローンに関する知識を学ばなければなりません。とくに航空法や小型無人機等飛行禁止法などの法律関係は重要です。スクールで正しい法解釈を学ぶことで、安心安全にドローンを飛ばすことができるのではないでしょうか。

まとめ

ドローン保険は「賠償保険」と「機体保険」に大きく分けることができます。人や物などに対応している賠償保険、ドローン本体の損傷や盗難に備える機体保険はどちらも大切です。おすすめの保険をご紹介しましたので、ドローン保険に加入していない方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、ドローン保険に加入したらからといって万全というわけではありません。安全にドローンを飛ばすためにも、「操縦技術」「正しい知識」を身につけることが大切です。

操縦技術や知識を身につける方法なら、ドローンスクールに通うのもひとつの手です。ドローンスクールは全国各地にあるので、ぜひ一度検討してみてください。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト