2019.01.30(水)

ドローンの墜落原因は?原因を知って墜落を回避、安全飛行に努めよう

ドローンの墜落原因は?原因を知って墜落を回避、安全飛行に努めよう

ドローンはビジネスで使えば作業効率を高めたり、費用を削減できたりします。プライベートでも上空からの構図で撮影ができたり、便利な機能を使うことで多くの楽しみ方が味わえたりします。そんな便利で楽しいドローンが墜落してしまったら、みなさんはどうしますか。

年間数十件も国土交通省へのドローンによる事故報告があげられています。ドローンの墜落原因はいろいろな要因が考えられますが、よくある墜落原因もあるのです。

コラムでは、よくあるドローンの墜落原因を6つご紹介します。事故事例を知って、ドローンを墜落させないようにしましょう。

ドローン墜落原因【風の影響】

空を飛ばすドローンと風は、切っても切れない関係といえるでしょう。突風を受けると機体のバランスが崩れてしまい、正常な飛行ができなくなるかもしれません。そのため、ほんの少しの風であってもドローンの墜落原因になります。小さな機体が多いドローンは、小さいがゆえに風の影響を受けやすいのです。

また、風の影響はほかの墜落原因とも関連しています。風に流されてしまい機体とプロポ(コントローラ)との距離が伸び、接続範囲外となって通信がロストすることで墜落するおそれがあります。

風の強い日には、ドローンを飛ばすことを中止したほうがよいかもしれません。別日に振り替えるなどして対応するようにしましょう。

ドローン墜落原因【風の影響】

ドローン墜落原因【電波障害】

ドローンの墜落原因には、電波障害もあります。ドローン本体とプロポの間で電波を使用しするため、無線での遠隔操作がおこなえるのです。そのため、電波障害によって機体本体とプロポで正常にやり取りがおこなえないと不具合が起きて墜落してしまうのです。

電波障害は、電線や磁場が強い鉄塔、アンテナや携帯会社の基地局付近でおこりやすいといわれています。ほかにも都心部などのオフィスが数多く建ち並ぶ場所では、電波が混線しやすいので、ドローンが電波障害を受けてしまうかもしれません。

ドローンを飛行させる場合には、鉄塔の近くやオフィス街周辺を避けるとよいでしょう。強風によって電力線の近くに飛ばされることも考えられるので、ドローンの飛行中は風にも気をつけるようにしてください。

ドローン墜落原因【通信ロスト】

ドローン本体とプロポの通信がロストしても、ドローンは墜落してしまいます。電波障害と通信ロストは、電波に関係するドローンの墜落原因です。

電波障害は、通信環境に混戦などの問題があったりしたときにおこるおそれがあります。一方の通信ロストは、機体本体とプロポの通信が途絶えたときにおこるのです。

機体本体とプロポの間で、電波の通信ができる距離は決まっています。ドローンをあまりにも遠くに飛ばしてしまうと、通信可能な距離を超えるおそれがあります。機体とプロポで通信がロストすると、操縦指示も送れないのでドローンが墜落してしまうかもしれません。

ドローンを飛ばすときには、自身と機体との距離を意識しましょう。ワンキーリターン機能がある機体を選べば、簡単に離陸地点付近に戻すことができるので安心です。ドローンによっては、飛行エリアを事前に設定することで、エリア外での飛行を制限できる機体もあります。

ドローン墜落原因【バッテリー切れ】

意外とよくあるドローンの墜落原因は、バッテリー切れです。バッテリー切れは、2つの状況に分けられます。

ひとつは、バッテリーを充電し忘れたという場合です。バッテリーを充電し忘れてしまうことで、ドローンを飛行させてもすぐに動かなくなり、墜落してしまいます。

もうひとつは、飛ばしている最中にバッテリーが切れる場合です。充電をきちんとしていても、ドローンを飛ばすことに夢中になってしまいバッテリーが切れに気づかず、機体を墜落させてしまうことが考えられます。

飛行前にはバッテリーを必ず充電し、飛行中は操縦している機体の飛行可能時間を考えながら飛ばすようにしましょう。バッテリーの残量が少なくなると、音でバッテリー低下を知らせてくれる機体もあります。音で知らせてくれることで、バッテリーが切れる前に機体をすみやかに着陸させることが可能です。

ドローン墜落原因【バッテリー切れ】

ドローン墜落原因【緊急停止機能】

ドローンを墜落させてしまったことがある方の中には、無意識に緊急停止機能の操作をしてしまい墜落させてしまったということがあるかもしれません。緊急停止機能は、安全のためだけでなくドローンの墜落原因にもなるので覚えておきましょう。

多くのドローンは、プロポの左右についているスティックをハの字、もしくは内側に逆ハの字に押し倒すと緊急停止機能が働きます。緊急停止機能は、機体のモーターを強制的に止めてしまうので、飛行中におこなってしまうと墜落してしまうのです。

ドローンを無理に速く飛行させようとプロポを操作すると、プロペラにつながるモーター部が緊急停止して墜落するかもしれないので気をつけてください。じつは大手ドローンメーカーもドローンの墜落原因に、緊急停止機能をあげています。ドローン操縦者は常に落ち着いて操作することを心がけておきましょう。

ドローン墜落原因【パーツの不具合】

最後にご紹介するドローンの墜落原因は、パーツの不具合です。ドローンは、日々のメンテナンスをおこたると飛行中に不具合が生じて墜落するかもしれません。

たとえば、ドローンにあるプロペラが一部破損していたとします。損傷に気づかず、ドローンを飛ばしてしまうと墜落のリスクが高まってしまうのです。一部でもプロペラが損傷していると機体が飛行中にバランスを崩しやすく、墜落しやすくなるので気をつけてください。

また、モーターなども日々チェックしましょう。動力源となるモーターに不具合があると正常な飛行ができず、墜落するおそれが高まります。

日々のメンテナンスをきちんとおこなっていれば、パーツの不具合による墜落は避けられます。少なくとも飛行前日には、パーツの状態を確認するようにしてください。

ドローンは墜落すると凶器に…安全飛行について学ぼう

ドローンの墜落原因はさまざまで、風や電波障害などいろいろあります。墜落するとドローンの一部が破損、もしかしたら本体が完全に壊れてしまうかもしれません。最悪の場合、墜落時にほかの人にぶつかってケガをさせてしまうおそれもあるのです。

便利で楽しいはずのドローンが、ときには人を傷つける凶器となることも操縦者は忘れてはいけません。操縦者は、墜落時の危険を未然に防ぐためにも安全飛行を心がけましょう。

安全飛行についてきちんと学びたいという方や初めて勉強するという方は、ドローンスクールに通うとよいのではないでしょうか。スクールであれば安全飛行に関する知識や法律、日々のメンテナンスに関してなど、ドローンについて幅広く勉強できます。

安全飛行のためには、知識と操縦技術のふたつが必要です。スクールで、知識と技術を同時に身につけるとよいのではないでしょうか。

ドローンは墜落すると凶器に…安全飛行について学ぼう

まとめ

ドローンの墜落原因は、風の影響や電波障害、バッテリー切れなど多岐に渡ります。環境の問題もあれば、不注意からの事故もあるので操縦者は安全飛行に努めなければなりません。バッテリー切れやパーツの不具合などは、日常的に気をつけておくべきメンテナンスです。メンテナンスをうっかり忘れてしまっただけで、大きな事故につながるおそれがあります。

墜落すると機体の損傷だけでなく、ほかの人を巻き込んでしまうおそれもあります。今回ご紹介したドローンの墜落原因を踏まえて、墜落を未然に防ぐように心がけましょう。

墜落させないようにドローンの安全飛行について、正しく学びたいという方はドローンスクールに通うことをおすすめします。スクールで、安全飛行に必要な知識と操縦技術を学ぶことが、安全飛行の第一歩となるでしょう。一度、スクールで勉強することを検討してみてはどうでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト