2019.02.21(木)

ドローンの電波干渉はなぜ発生する?原因と対策方法、リスクについて

ドローンの電波干渉はなぜ発生する?原因と対策方法、リスクについて

私たちの生活環境では、さまざまな電波が使用されているためドローンを飛ばす際、混線してしまう可能性があります。そのため、ドローンを飛ばすときには、電波干渉というリスクがあることを考えなければいけません。

ドローンの電波干渉といっても原因はさまざまですが、対処法や予防法はあるのです。このコラムでは、ドローンの電波干渉の原因や対処法について紹介しているので、ぜひ参考にして読んでみてください。

ドローンの電波干渉が発生する原因

ドローンを飛ばす際、主に3つの電波帯を使用します。使用される電波帯は2.4GHz、5.6GHz、5.8GHzです。そのなかでも、2.4GHzの電波帯使用時のドローン飛行は電波干渉を受けやすいので注意が必要です。

2.4GHzの電波帯が電波干渉を受けやすい原因としては、私たちの生活環境で多く使用されている電波帯のため混線してしまう可能性があるのです。2.4GHz帯は以下の機器で使用されています。

  • 無線LAN
  • コードレス電話
  • 医療機器
  • ペースメーカー
  • 電子レンジ

しかし、電波干渉の原因はこれだけではありません。そのほかの原因として、磁場の強力な場所、携帯電話基地局、電力線などで電波干渉をおこす可能性があると考えられています。

さらに、ドローンを飛ばしている際、周囲の環境で電波干渉をおこす可能性もあります。ドローンが飛行している周囲に建物などがあった際には、送信機からでている電波が建物によって遮断される可能性があります。

ドローンの電波干渉が発生する原因

ドローンの電波干渉が発生するとどうなる?

ドローンを飛ばしている際に、電波干渉を受けたときにはどうなるのでしょうか?ドローンが電波干渉を受けた際には、送信機からドローンへ飛ばしている信号が受信できなくなってしまいます。

送信機からの信号をドローンが受信できなくなった際、ドローンは制御不能になってしまいます。しかし、ドローンは送信機から信号が受信できなくなると、その場所でホバリングを20秒間おこなうのです。その後、出発地点にドローンが自動で帰還するという機能が搭載されていますが、墜落する危険性もあるので過信しないように注意しましょう。

また、ドローンはGPSを利用して自動で飛行させることも可能ですが、電波干渉が原因でGPSを受信できなくなることも考えられます。ドローンはそのとき、制御不能になり風にのって流れていってしまう可能性があります。

そのため、ドローンが勝手に飛んでいき障害物に衝突して墜落ということが発生してしまうこともあるのです。

ドローンの電波干渉が発生した際の対処方法

ドローンを飛ばす際、電波干渉が発生してしまうことを考えたうえで飛ばすことは大切なことです。電波干渉というものは、どれだけ安全に配慮していても目に見目ないものなのでいつどういった状況でおこるかわかりません。

ドローンには、電波干渉がおこって飛行ができなくなったときのことを考えて事前に対処法を設定しておくことができます。

設定のなかにGoHome設定というものがあります。この設定をおこなうことで、ドローンが電波干渉を起こした際、出発地点に自動でもどってくるのです。

このときに注意していただきたいのが、GoHome設定は最短距離でもどってくることになっています。そのため、障害物を避けることができないため、もどってくるときに障害物に衝突してしまうというリスクがともないます。

ドローンが障害物に衝突するリスクを回避する方法もあります。設定の段階で、ドローンがもどってくるときの飛行高度を周囲の建物より10m上を飛ぶように設定しておくようにしましょう。

もうひとつの対処法として、降下設定というものがあります。降下設定は、電波干渉がおこった場所にドローンを着陸させる設定です。しかし、電波干渉がおこった際、そこがどんな場所でどんな地形なのか予測することができないです。もしかすると人がいる場所や水面の上かもしれません。

このように、電波干渉がおこる場所はどこか想定することができないため、降下設定はあまりおすすめできないかもしれません。そのため、おすすめの対処法はGoHome設定ではないでしょうか。

ドローンの電波干渉が発生した際の対処方法

ドローンの電波干渉を予防するためには

ドローンを飛ばすときには、あらかじめ電波干渉がおこりづらい環境であるかを確認することで予防することができます。確認方法はさまざまあるので紹介していきます。

フライトの前には、送信機やドローンの電波チャンネルの品質をしっかり確認するようにしましょう。しっかり確認せずに飛行させることで、電波干渉で電波レベルが急に落ちてしまうということも考えられます。

ドローンを飛行させるためのアプリケーションによっては、電波干渉がおこりやすいときに、知らせてくれるものもあるので活用するようにしましょう。

さらに、電波干渉を予防するために、事前にフライトの周辺環境を確認することで予防することも可能です。

たとえば、海沿いであれば灯台などは電波を発しているものもあります。また、山沿いでは電波塔に注意が必要です。アマチュア無線の電波塔からは強力な電波がでている可能性がとても大きいので注意が必要です。

さらに、パラボラアンテナなどが近くにあることで、電波干渉を受ける可能性がとても高くなります。電波は目に見えないものなので、アプリケーションで確認することや、目視で周辺の環境を確認しましょう。

フライト前にしっかりと確認をおこなうことで、ドローンの電波干渉の危険を少しでも軽減することができるでしょう。

まとめ

ドローンを飛ばすときには、必ず電波を使用することになります。私たちが生活しているなかには、あらゆる電波が使用されています。そのため、ドローンを飛ばすときには、ドローンが電波干渉をおこしてしまう危険性があります。

ドローンが電波干渉をしてしまうことでさまざまな危険性を招く可能性が高くなります。ドローンの設定によっては、自動でもどってくるようすることもできます。

電波干渉のリスクを避けるためドローンを飛行させるときには、あらかじめ電波干渉の原因になる環境があるのかを確認するようにましょう。そうすることで、電波干渉のリスクを避けることができるでしょう。

ドローンを安全に飛ばしたい方は、ドローンスクールをのぞいてみてはいかがでしょうか。ドローンスクールでは、ドローンに関する技術や知識を基礎から学ぶことができるのでおすすめです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト