2019.01.29(火)

ドローンの意味って?名前の由来や定義をわかりやすく解説

ドローンの意味って?名前の由来や定義をわかりやすく解説

テレビやニュースなどでたびたび取り上げられる「ドローン」。誰もが耳にしたことがありますし、実際映像などで見たことある方も多いかと思います。しかし、ドローンという意味を知っている人は少ないのではないでしょうか?

実はドローンという名前、2つの説が有力です。なじみ深いドローン、実は意外な由来が存在しているのです。

当コラムではドローンの名前の意味から、成り立ち、現在のドローンについてまるっとご紹介!一読するとたった数分で、ドローンの意外な一面を知ることができますよ。

ドローンの意味を知ろう!名前の由来

ドローンはその名の通り英語圏で誕生しました。英語で表記すると「Drone」となりドローンの意味を日本語に訳すると「雄のハチ」のことです。“ドローンが飛行するときの飛行音が雄バチの羽音に似ている”ことから、名づけられたといわれています。

もう一説には「ターゲット・ドローン」と呼ばれる機体が元とも言われています。ターゲット・ドローンとは第2次世界大戦中に、パイロットの飛行訓練の的として使用されていた、空を飛ぶ「射撃訓練用の無人機」のことを指します。もともとターゲット・ドローンは、イギリスの機体「クィーン・ビー(女王バチ)」に対する形で名づけられたのですが、現在の形の無人航空機にこのなごりが残ったとも考えられています。

ドローンの意味を知ろう!名前の由来

ドローンの定義は?ラジコンとの違い

ドローンとラジコンは両方とも「コントローラーを操作する」、「小型の機器もある」、「無人飛行する」など、比べてみるととてもよく似ています。これらのことから、たびたび混同されやすいので、違いがよくわからないという人も多いです。ドローンの意味の次は、定義についてフォーカスを当ててみましょう。

ドローンの定義は「無人で空を飛ぶ航空機」。より踏み込んでいくと、「操作に自律性があるかないか」という点にあります。

一般にドローンもラジコンも無線で操縦します。ドローンの特徴は、GPS・電子コンパス・センサーなどが搭載されているという点です。これらの機器がドローンの操縦者の操作を助けているので、ドローンは初心者でもある程度スムーズな飛行が可能です。

それに対して、ラジコンは人の手で操縦を行います。自身の手で操作を行うため、操縦者の技量によって飛行が大きく左右されます。屋外などで操縦するとき、強風が吹くことも少なくありませんが、ラジコンは風が吹いたときの立て直しも操縦者の操作で行います。巧みな操縦をこなすには長年の経験とセンスが必要になってくるため、ラジコンの操作は難易度が高いとされています。自動車でいうならば、ラジコンはミッション車、ドローンはオートマ車のような難易度……でしょうか。

また、ラジコンは機体を目で確認しなければ飛行できませんが、ドローンはモニターで機体を確認しながら飛行させることができるという違いもあります。ラジコンでは飛ばせられなかった広範囲まで、無人で飛行できるのがメリットといえるでしょう。

ドローンの意味は変化しつつある

ドローンの意味は変化しつつある

ドローンの意味である、「雄バチ」から、ドローンは空中を飛行する機体というイメージが思い浮かびます。しかし、最近ではその定義外のドローンも注目を集めています。それが「水中ドローン」と「有人ドローン」です。

水中ドローンとは、文字通り水中で活動する無人機です。水中ドローンの活動は水のなかでおこなわれるため、無線ではなくケーブルでつないで操縦をおこないます。その活動は、現在のところ水中の撮影などがメインのようです。しかし、産業へ応用できる機体の開発も進んでいます。水中ドローンは、近い将来産業方面での活用が期待できるでしょう。

世界では、有人ドローンとよばれる機体も登場しています。ドローンの定義である「無人」ではありませんが、1人乗車が可能なバイク型などユニークな形のドローンが開発されています。

現在、アメリカ、ロシア、中国などの企業・グループで実用に向けて取り組みがなされています。操縦のほとんどがプログラミングされており、自動で飛行し目的地まで人の輸送をおこないます。搭乗者が操縦をおこなうことはほとんどないといってよいでしょう。ドローンの有人飛行は、もうすぐそばまで来ているのかもしれませんね。

ビジネスにおけるドローンの利活用

ドローン本来の意味や定義から外れて、さまざまな形態の開発が進んでいるのが、現在のドローンの状況でしょう。ドローンはビジネスの世界でも注目され、いろいろな業種で利用・活用が開始されつつあります。

測量やインフラ設備の点検の場面などですでに導入が開始されているところもあります。人手と時間をかけておこなわれていた作業や、高所などの危険度が高い場所での作業が、短時間かつ安全にできるようになってきているのです。

物流方面でも、ドローンによる荷物の配送が検討されています。ドローンによる配送が可能になれば、道路の渋滞などに影響されないスピーディな配送が可能になるでしょう。

また、ドローンで農薬散布をするなど、農業での活用も始まっています。その結果、農作業の負担を減らし、人手不足を解消する助けとなっているようです。

まとめ

ドローンの意味は「雄バチ」が由来です。飛行中の音が蜂のブーンという音に似ていたこと、もしくは別機体の名前を取ってきたことが有力とされています。

ドローンの素晴らしいところは何といっても無人飛行が可能なところになります。突然風にあおられた場合の機体の安定性が高いのはもちろん、オートで目的地に到着してくれるなど、ラジコンとは異なる点もたくさんあります。

水中ドローンや有人ドローンなど、ちょっと変わったドローンにも注目が集まっています。この先、ドローンはさまざまな分野で利用が進んでいくでしょう。新たなドローンの開発により、ドローンのビジネスチャンスも広がっています。ドローンは、ビジネスの世界で将来性のある分野であるといえるのではないでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト