2019.01.29(火)

空撮カメラマンになるために重要なこととは?必要な準備と心得

空撮カメラマンになるために重要なこととは?必要な準備と心得

空撮カメラマンと聞いたらとてもかっこよく聞こえるのではないでしょうか。また、動画サイトなどでもドローンで撮影した空撮映像などもよく見かけます。しかし、空撮カメラマンという仕事は飽和状態になっているのです。

産業用ドローンを使った空撮は市場として需要が高まりつつありますが、メディアなどの映像関係に関しては需要が少ないです。では、空撮カメラマンになるためにはどうすればいいのでしょうか。

このコラムでは、空撮カメラマンになるために必要な知識な技術についてわかりやすく紹介しています。さらに、空撮カメラマンに必要な技術が習得できるスクールも紹介しているので、ぜひ読んで参考にしてみてください。

空撮カメラマンにはどうすればなれる?

ドローンで空撮をおこなっている映像をたくさん見るようになっていきました。そのため、ドローンを使った空撮映像を撮影することを仕事にしたいと考える方もいるでしょう。

ドローンの空撮には、どのような仕事があるのでしょうか。

映像関係

テレビのCMやアーティストのミュージックビデオ、コンサートやイベント会場撮影、ニュース映像、番組企画制作

警備・監視業務

イベント会場などでの不審者のチェック、企業のオフィスや大きな施設内警備、鳥獣被害抑止のための監視、不法投棄監視

空撮カメラマンにはどうすればなれる?

企業・行政機関

太陽光パネル点検、工事現場での測量、高所での建物検査や調査、インフラ点検、災害状況の確認、海上での救助や捜索

ここで紹介した仕事は一部ですが、空撮での仕事はさまざまな種類があります。では、ドローンの空撮カメラマンになるためにはなにが必要になるのでしょうか。

ドローンの空撮カメラマンになるには、ドローンの操縦技術を磨くことが大前提になります。ドローンの操縦ができるようになれば、ドローンの空撮カメラマンとして撮影技術を身につける必要があります。

その技術を身につけるため、ドローンを活用したサービスをおこなっている企業に就職するという方法があります。就職することで、ドローンの空撮カメラマンとして撮影技術を身につけることができます。

さらに、就職先からの独立や最初から個人でドローンの空撮カメラマンになりたいと考えた方は、コンポジットを作成してみるといいでしょう。コンポジットとは、自分のプロフィールや経歴、作品などをまとめた職務経歴書のようなものです。

このコンポジットを見た依頼者が「こんな撮影ができるなら依頼してみよう」と思ってくれるかもしれません。ドローンの空撮カメラマンとして認めてもらうためには、撮影技術を身につけて上手にアピールすることが大切になってきます。

空撮カメラマンになるには勇気も必要

ドローン市場は業種によって需要が高くなっていますが、その業種は限られています。需要が高いといわれている業種は、産業用のドローンが活用されている農業、インフラ点検、監視、警備関連です。

従来は人や設備など時間とコストがかかるという問題点のある業種でした。産業用のドローンを活用することで、人件費や設備、時間とコストの削減が可能になったため需要が高くなってきているのです。

では、空撮はどうなのでしょうか。ドローン市場での空撮は、飽和状態になっています。実際、メディアで使われているドローンはとても数が少ないです。テレビなどで使われていてもほんの少しだけという状態が現実です。

映画の制作会社などは、ドローンを取り入れている会社があったりします。しかし、1本の映画を作成するのにドローンの出番はどのくらいでしょうか。現実、そんなに使用されることはありません。

ドローンスクールを卒業後に空撮の仕事があるかといわれればないでしょう。そのため、ドローンの空撮カメラマンとして認められるためには、先ほども紹介したように、就職などをして撮影技術を身につけましょう。

ドローンの空撮カメラマンとして、認められるには大変な苦労があるかもしれません。そのため、空撮カメラマンになるには勇気が必要かもしれませんが、認められることで夢は広がるかもしれないので、挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

空撮カメラマンになるには勇気も必要

空撮カメラマンはクリエイターと心得る

ドローンの空撮カメラマンは撮影技術を必要とすることでクリエイターととらえられていることが多いです。映像クリエイターであり、写真クリエイターでもあるのです。

空撮カメラマンとして認めてもらうには、見た人が「素敵だな」「すごいな」など魅了されるものをつくる必要があります。魅了されるものをつくるときには、編集技術も必要になってくるのです。

「どうすれば、より良くみせることができるのか?」「違うアングルで撮ればもっとよくみえたのか?」など試行錯誤することもあるでしょう。撮影や編集技術をあげるには、さまざまな作品を見ることで吸収できるものもあるはずです。

自分で制作した映像や写真などをネット上で公開することで、「この空撮カメラマンすごい」などと評判があがる可能性もあります。空撮カメラマンはクリエイターであることも意識しながらよりよい作品を作り上げることを忘れないようにしましょう。

空撮カメラマンの作品を見てみよう!

空撮で撮影された映像にはどんなものがあるのでしょうか。ここでは、いくつか空撮カメラマンが撮影した動画を紹介していきます。

d-girlsのミュージックビデオになります。このミュージックビデオはドローンを高速で飛ばしながら操縦しています。ドローンの操縦技術が高ければここまでアクロバティックな動きをさせることができるのです。

花火は普通下から見ますよね。しかし、ドローンで空撮をおこなうことで今まで見たこともないような迫力のある映像を見ることができるのです。夜の飛行をおこなうときには、ドローンの飛行ルール規制外のため、申請が必要になので注意してください。

この動画は海外の景色を撮影した動画です。ドローンを使うことで普段見ることのできない角度から形式を見ることもできます。そのため、とても幻想的な映像を撮ることが可能になるのです。

空撮カメラマンにおすすめのドローン3選

ドローンで空撮をおこなうときは、動画でも写真でも飛行していることでブレが発生してしまうことがあります。ドローンには、ブレを軽減させるジンバルという機能があるのです。空撮カメラマンとして撮影するときにはジンバル機能がついたドローンを選ぶようにしましょう。

また、空撮をおこないたいときには、空撮に適したドローンを選択する必要があります。ドローンには、カメラ付きや後付けができるといった種類のものがあるのです。

後付けできるものに関しては、カメラの性能を自分で選ぶことができます。しかし、カメラ付きのものは、カメラの交換ができないので購入前にカメラの性能などをしっかり確認しましょう。そして、自分がおこなう撮影環境に最適なドローンを選択するようにしてください。

空撮をおこなうのに最適なドローンをいくつか紹介していきます。

SPARK Controller Combo

この機体には、クイックショット、アクティブトラック、タップフライ、といった空撮に適した機能が搭載されています。

クイックショットは、タップするだけで4通りの撮影パターンをおこなうことが可能になっています。アクティブショットは、動いている被写体を自動認識することで被写体の動作スピードにあわせて飛行してくれます。タップフライは、撮影したい場所をタップすることで障害物などを避けながら指定場所まで撮影しながら飛行してくれるのです。

ANAFI PF728005

ANAFI PF728005には、2100万画素の写真と4K動画が撮れるカメラが搭載されています。そのため、本格的な空撮がおこなえます。カメラをズームしたときに解像度を落とさずに撮影できる「ロスレスデジタルズーム機能」があるのです。さらにカメラが上下180°動く「180°チルトジンバル」が搭載されています。

ホーリー・ストーン HS-100B

本格的な空撮ドローンを購入したいけど価格にお悩みの方はこのホーリー・ストーンHS-100Bがおすすめです。ホーリー・ストーンHS-100Bは、HDの広角レンズが搭載されているので迫力のある映像を撮ることができます。また、GPSや気圧センサーも搭載されているので空撮には最適な機体です。

意外と危険なドローン!規制や飛行技術をスクールで学ぼう

ドローンを飛行させるときには、さまざまな規制があります。この規制を守っていれば楽しく飛ばすことができます。ドローンの規制に関しては、「知らないとまずい?!航空法違反になるドローンの飛ばし方と罰則」を参考にしてください。

しかし、ドローンを飛行させるときのルールを学ぶことはとてもむずかしいです。飛行のルールをしっかり学びたい方は、ドローンスクールで学ぶことをおすすめします。ドローンスクールでは、飛行技術はもちろんのこと法律に関しても学ぶことができます。

ドローンスクールで学ぶことで、安全運航管理者という資格を取得することができるメリットもあります。この資格があれば、ドローンを安全に飛ばすために必要な知識をもっているという証明になります。

ドローンスクールで学び資格を取得することで、空撮カメラマンとして信用度をあがるため、仕事を依頼する相手も安心してまかせることができるでしょう。空撮カメラマンになりたい方は、ドローンスクールでしっかり学ぶことをおすすめします。

まとめ

空撮カメラマンになるためには、飛行技術や撮影技術など必要なものはたくさんあります。しかし、飽和状態にある空撮カメラマンになりたい方は、自分の技術向上のために産業用の空撮ドローンをサービス提供している企業に就職することも方法のひとつではないでしょうか。

実際、メディアやクリエイター的な部分での空撮カメラマンになるには撮影技術はもちろんのこと編集技術も身につけなければいけません。そのため、第一線で活躍するためにはたくさんの努力が必要になってきます。

ドローンスクールに通うことで、知識を得ることもできます。また、操縦技術や法律関係も学ぶことができるので、空撮カメラマンとして信頼度があがることは間違いないでしょう。

そのため、空撮カメラマンを目指している方はドローンスクールで操縦技術や法律関係を学び、資格取得もおこなって自身の操縦士としてのスキルをあげてみるのはいかかがでしょうか。そうすることで、空撮カメラマンとしても道も開けてくるでしょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト