2019.01.24(木)

ドローンの資格にはJUIDAとDPA!どちらで取得すればいいの?

JUIDAとDPAは何が違うの?資格取得のメリットやスクールの特色を紹介

ドローンの知識や操縦技術を証明するための資格を取得 するにはJUIDAとDPAと2つの認定校がありますが違いはあるのでしょうか。

JUIDAとDPAでは取得できる資格が違うのです。JUIDAでは「無人航空機操縦技能証明書」と「安全運行管理者証明書」が、DPAでは「ドローン操縦士回転翼3級」が取得できます。

このコラムでは、資格の違いやスクール情報を紹介しています。ドローンを業務で飛行させるとき、有資格者が必要とされることが多いです。今後、業務でドローンの活用を考えている方は、このコラムを読んで参考にしてみてください。

ドローンの認定資格には種類がある

ドローンには、認定資格というものがあります。ドローンの認定資格を取得するときに利用する方が多いのが「JUIDA」と「DPA」です。この2つが発行している認定証はそれぞれ違いがあります。

JUIDAが発行しているもの

「無人航空機操縦技能証明書」

「安全運航管理者証明書」

DPAが発行しているもの

「ドローン操縦士回転翼3級」

この2つ以外にも、DJICAMPやドローン検定というものがあるのですが、これはどんなものなのでしょうか。

DJICAMPでは、「DJIスペシャリスト」という資格を取得できます。この資格は、ドローンに対する操縦技術や法律的なことを学ぶことができます。

ドローン検定は、ドローン検定協会が実施している、無人航空機を扱うための知識やを身につけることができます。

JUIDA・DPAの認定資格を取得するメリット

認定資格の取得を考えている方のなかで、人気があるのはJUIDAとDPAです。JUIDA認定資格とDPA認定資格にはどんな違いやメリットがあるのでしょうか。それぞれをみていきましょう。

【JUIDA認定資格】

JUIDAとは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会と呼ばれており、いろいろな分野に最適なドローンの開発をするための支援をおこなっています。また、ドローンの操縦士を育てるためにたくさんのドローンスクールと提携しています。

認定スクールでは、認定資格を取得するための授業が主におこなわれています。さらに、ドローンの飛行技術や飛行させるためのルールを徹底的に学べるようになっているのです。

JUIDA認定資格には、無人航空機操縦技能証明書と安全運航管理者証明書という2種類の資格があります。

ドローンの資格にはJUIDAとDPA!どちらで取得すればいいの?
【無人航空機操縦技能証明書】

無人航空機操縦技能証明書を取得することで、ドローンの技能や知識を学ぶことができ、測量士など仕事に活かすことのできる資格になるのです 。この資格を取得するメリットは以下になります。

  • 国土交通省に飛行許可の申請をおこなうときに申請をしやすくなります。

  • ドローンの資格は数が少ないため、仕事で有利に使えます。

  • 証明書があることでドローンの飛行に対して信頼を得ることができます。

【安全運行管理者証明書】

無人航空機操縦技能証明書を取得している方で、さらに飛行の経験のある方が取得可能です。ドローンを安全に飛行させるための知識とリスクアセスメントを学ぶことができます。この資格を取得するメリットは以下になります。

  • 操縦技術の信頼性を得ることができます。
  • ドローンを使用するときの事故を防ぐための知識があることで信頼性が得られます。

【DPA認定資格】

DPAとは、一般社団法人ドローン操縦士協会と呼ばれています。こちらの団体もドローンの操縦士を育てるためにたくさんのドローンスクールと提携しています。DPAの認定スクールでは、JUIDAと違い、ドローン操縦はもちろんですが、空撮や農薬散布といったドローンビジネスをおこないたい方に対する専門的なことが学べるようになっています。

DPA認定のドローン操縦士回転翼3級とはどんな資格でメリットはどんなものなのか紹介していきます。

【ドローン操縦士回転翼3級】

ドローン操縦士回転翼3級は、取得後では無人航空機操縦技能証明書と似ていますが、今後は国家資格になる可能性があります。さらに、農業などの産業用ドローンを扱うときには大変有効な資格です。この資格を取得するメリットは以下になります。

  • 農薬散布などをおこなうときには国土交通省への申請が必要になります。この資格を取得している方は、申請を省略することができます。
  • ドローンの飛行に申請が必要な業務をおこなうとき、周辺住民や関係各所に連絡するでしょう。そのとき資格があることで信頼感を得ることができます。
  • 農薬散布やインフラ整備などでドローンをビジネスで取り入れるときには、DPA認定資格があることで信頼を得ることができます。

JUIDAとDPAの認定資格は、国土交通省が定める要件を満たしている資格になるので、飛行許可を申請するときに申請を省略することができます。

JUIDA認定校の受講内容や特徴

JUIDA認定校にはどんなコースがあるのでしょうか。さまざまな認定校のコースや費用を紹介していきます。

操縦士技能・安全運航管理者4日間コース

座学2日間、実技2日間の計4日間で、操縦士技能と安全運航管理者の資格を得ることができます。受講費用は認定校によって変動はありますが、だいたい25万円くらいになるようです。

JUIDAの認定校では、基本3日から4日で操縦士技能と安全運航管理者の認定資格を取得できます。金額は20万円を超えるところが多いようですが、安心して認定資格を取得できるのが特徴になっているようです。

JUIDAはDPAと違って、飛行に関する技術を見つけることに重点を置いているようですが、DPAはどうなのでしょうか。

DPA認定校の受講内容や特徴

ドローンの資格にはJUIDAとDPA!どちらで取得すればいいの?

DPA認定校にはどんなコースがあるのでしょうか。さまざまな認定校のコースや費用を紹介していきます。

空撮について学べるコース

コース名はスクールによってさまざまですが、空撮を学べるコースがあります。一例として、 たった1日でドローンとGoProカメラを利用した撮影技術や動画編集技術を学ぶことができます。実技で必要な機材を無料で使うことができるのです。費用は6万円が相場です。

農業での活用について学べるコース

こちらもスクールによってコース名が違うのですが、農薬散布に関する操縦技術やメンテナンス知識を学ぶことができる農業専門コースになります。受講日数は3日もしくは5日です。費用は3日で15万円、5日で25万円が相場となっています。

PDAはJUIDAと違い専門的なことを学べるところが多いです。ここで学んだことを活かしてドローンビジネスに活用できる技術と知識を身につけられるのではないでしょうか。

JUIDAとDPAのどちらかで迷ったら

JUIDAとDPAの違いは大きく、操縦技術をしっかりと身につけるのか、操縦技術を身につけるうえで専門的なことも学ぶのかということです。ドローンを扱う人の費用目的はさまざまでしょう。

JUIDA認定校をおすすめする理由は、JUIDAのコースは飛行の技術を基礎から学ぶことができます。また、ドローン飛行のときに必要となる安全運航に関する知識を学び、安全運航管理者という資格を取得することができます。

さらに、操縦技術に関しても操縦士技能の資格を得ることもできるのです。まずは、ドローンの操縦技術や安全運航に関することを学びたい方は、JUIDA認定校をおすすめします。

飛行経験があり、これからドローンビジネスとしてドローンを扱いたい方は、専門的な知識や技術が学べるDPAに行ってみるのはいかがでしょうか。

まとめ

ドローンにはJUIDAやDPAという2つの認定校があります。この認定校で取得できる資格は違いました。

JUIDAでは、「無人航空機操縦技能証明書」と「安全運行管理者証明書」が、DPAでは「ドローン操縦士回転翼3級」が取得できます。そして、JUIDAは操縦技術と安全運航に関することをしっかり学ぶことができます。

DPAでは、空撮や農業用ドローンなど専門的なことを学ぶことができるのです。これからさきドローンはさまざまな場所で活躍するでしょう。ドローンの操縦技術をあげたい方は操縦技術や安全運航が学べるJUIDA認定校をおすすめします。

専門的な知識や技術を学びたい方は、DPA認定校で学ぶことをおすすめします。JUIDAで操縦技術や安全運航を学んだあとに、DPAで専門的なことを学ぶということもおすすめです。

ドローンをはじめたい方もドローンの経験がある方も、資格取得を目指している方は自分に最適な資格が取得できるドローンスクールに通ってみるにはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト