2018.12.27(木)

これから需要が増える仕事はなに?!ドローンがつくる将来のビジネス

これから需要が増える仕事はなに?!ドローンがつくる将来のビジネス

ドローンの市場規模は年々大きくなっています。ドローン市場の大半を占めている事業は「ドローンを活用したサービス提供事業」で、ますますの拡大が期待されています。今後は新たな企業が、ドローン市場に続々と参入してくるでしょう。

このコラムでは、現在のドローン市場規模からこれから需要が増える仕事まで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンビジネスが熱い!市場規模について

日本国内でのドローンの市場規模は、2017年に約500億円を超えました。この金額は前年より約150億円も増えているのです。

また2024年には、ドローン市場の規模が2,530億円規模にまで膨れ上がると推測されています。市場の成長には、ドローンを利用したビジネスをおこなう企業の増加が理由のひとつです。

さらに、ドローンの機体にかかわる市場も注目が集まっており、これから機体の需要が増えることで仕事の幅が急速に広がると予想されています。機体市場に期待されているのは、位置情報なしでも安定して飛行できるドローンの開発です。

こうしたドローンは、災害など緊急時に、倒壊した家屋内に取り残された人たちの捜索に役立てようと検討されています。しかし、屋内ではGPSを使用してドローンの位置を計測できないおそれがあります。位置情報を使用しなくても安定した自動飛行ができるドローンが開発されれば、災害など緊急時に危険な現場でも活躍できるといわれているのです。

ドローンビジネスが熱い!市場規模について

近年、需要の高い仕事はインフラ点検と測量

ドローン市場のなかには、これから需要が増える仕事が多くあります。近年では、ドローンを利用したインフラ点検と測量に、注目が集まっています。

ドローンがインフラ点検で利用されている例として、砂防えんてい調査という業務があります。災害時に起こる土石流などの被害を防ぐための、堤防を調査する仕事です。

砂防えんてい調査は、がけ近くでの上り下りが必要なため、作業員には常に落下の危険がともないます。その危険を回避するために、ドローンを使って調査をおこないます。調査にドローンを使うことで人件費を削減でき、作業員にかかる負担も軽減できるようになりました。

測量に関しても、測量用のドローンで3次元データや断面図などを作り出すことができ、確実な調査を可能にしています。従来の測量と比べ、必要とする機械の数や作業の負担を減らすこともできるのです。

砂防えんてい調査と測量にドローンを活用して、人件費や設備費用の削減を可能にしました。ドローンに搭載されているカメラを使い映像を保存し、作業員同士の共有ができるため、データの蓄積にも役立つのです。

これから需要が増える仕事は「ドローン管制士」

これから需要が増える仕事として注目されているのが、ドローン管制士です。ドローン管制士とは、いったいどんな業務をおこなうのでしょうか。

ドローン管制士の業務は、離れた場所でドローンを操縦している人に対し、操作の指示を出すことです。操作の指示は、ドローンの飛行映像を見ながらおこないます。

今後、ドローンによる配送業務などが実現した場合、上空には荷物を持ったドローンが飛び交います。ドローン同士の衝突事故を防止するためには、操縦士に指示を出すドローン管制士の存在が不可欠なのです。ドローンは目視内での飛行が義務付けられていますが、ドローン管制士の指示があれば目視外でも飛行できるようになるでしょう。

ドローン管制士になるには、「ドローン管制士4級」という民間資格が必要です。ドローン管制士4級を取得するためには、「ドローンザワールド」という店舗で講習を受ける方法があります。

これから需要が増える仕事は「ドローン管制士」

ドローン開発やプログラミング制御も期待大

これから需要が増える仕事のひとつとして、機体そのものの開発があげられます。ドローンはさまざまな用途で利用できるように、使用目的に適した機体も数多く開発されてきました。ビジネス以外でも軍事用のドローンなど、技術開発が進んでいます。

ドローンの市場は、これからさらに拡大していくため、新たな需要にあったドローンの開発ができれば、ドローン市場に新規参入することができるでしょう。

また、ドローンにはGPSや障害回避センサーなどさまざまな機能が搭載されています。その機能は、綿密にプログラミングされています。ドローンの機体開発を一括でおこなうことができれば、ドローン市場でのシェア率をあげられるかもしれません。

前述したように、メーカーでもGPSを使わない状態で飛行できるドローンなど、新機種の開発がすすめられています。GPSを使わなくても安定飛行が可能な機体が開発されると、ドローン産業は大きく変わってくるのではないでしょうか。

ドローン開発やプログラミング制御も期待大

まとめ

ドローンの市場規模はこれから先、大幅に拡大していくと予想されます。そのため、これから需要が増える仕事には無限の可能性があるのです。

ドローンを新しく開発することで、市場に新規参入できるかもしれません。ドローンの開発に関しては、今まで使われていなかった場所で、ドローンを使用して効率があげられる業務を考えてみましょう。アイデア次第では、ドローン市場に新規参入できる可能性が広がってきます。

ドローンをサービスとして提供するときには、ドローンの操縦技術も重要になってきます。ドローンスクールでは、操縦技術や法律などに関しても学ぶことができるので、興味のある方は一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト