2018.12.27(木)

ドローン操作の悩みを解決!練習方法や場所、気をつけるべきことは?

ドローン操作の悩みを解決!練習方法や場所、気をつけるべきことは?

最近では、ドローンに触れる機会が多くなってきました。テレビ番組などのドローンの空撮映像を目にして、「ドローンデビューをしよう!」と決めた方もいるのではないでしょうか。また、はじめたばかりで「ドローンの練習方法がわからない」と悩んでいる方もいるかもしれません。

初心者の方に向けて、ドローンの基本操作から応用編の練習方法をご紹介します。ほかにも練習場所に困った場合の、解決方法についても解説していきます。ドローン操作の悩みがある方は、ぜひ一度読んでみてください。

ドローンの操作練習はGPS非搭載の機種でOK

自動飛行をさせたい方は、はじめからGPS機能が搭載されているドローンを購入するのもよいです。自動飛行は、操縦者の負担を軽減してくれる便利な機能となります。

しかし、ドローンの操作練習には、GPS機能がなくても大きな問題はありません。まずはマニュアル操作でドローンの感覚を覚えることが大切なので、GPS機能はなくてもよいのです。

また、飛行中の機体にトラブルが起こった場合には、マニュアル操縦でドローンを無事着陸させなければいけません。そのためにも、マニュアル操作で感覚を覚えることが大切です。

練習には、室内でも飛行させられるトイドローンをおすすめします。低価格で販売されているトイドローンのなかにも高性能な機体もあるため、十分に練習できるでしょう。室内で飛ばせる機体であれば、屋外で練習できない雨の日でも、家のなかでドローンの飛行練習ができます。これらの理由から、ドローンの操作練習には、トイドローンがおすすめなのです。

プロポの役割と操作モードを確認しよう

はじめたばかりでは、ドローンを操作するための「プロポ」についてもわからない方が多いでしょう。プロポは、ドローンのコントローラになります。プロポとドローンが無線電波でやり取りをして、機体に指示を与え操縦します。

プロポの操作方法は、「モード1」と「モード2」の2種類のタイプに分けることができます。モード1では、右スティックで上下移動を、左スティックで前後移動をおこない、逆にモード2は、プロポの右スティックで前後移動をし、左スティックで上昇・下降をします。

日本の製品と比べ、海外メーカーのドローンには、モード2の機体が多いです。販売されているドローンは海外メーカー品が多いため、モード2に慣れておくとよいかもしれません。

プロポの役割と操作モードを確認しよう

最初の難関?!ドローンの離着陸

ドローン初心者にとっては離着陸が、最初の壁となるでしょう。とくに着陸は、障害物と機体のバランスが大切です。注意を怠ると、ドローンの着陸が上手くいかず、ドローンを損傷させてしまうおそれもあります。

離着陸にはドローンを腰くらいの高さまで上昇させ、下降させるという練習方法があります。これを繰り返しおこなうことで、離着陸の感覚をつかめるようになるでしょう。

ドローン操作のコツは、プロポのスティック操作をゆっくりとおこなうことです。スティックを勢いよく操作すると機体の操作がむずかしくなり、そのまま着陸させると、機体が地面と激突していまいます。そのため、ゆっくりとプロポを操作するよう注意が必要です。着陸時には、ドローンを斜めに下降させると風の抵抗を減らせます。

ドローンの基本操作と練習方法

ドローンの基本操作は、「スロットル」「エルロン」「エレベーター」「ラダー」です。この4つが基本となるので、確実に操作を覚えましょう。前述したように、ドローン操作のコツはプロポをゆっくりと操作することです。

スロットル

スロットルは、機体の上下移動です。離着陸では腰くらいまでの高さでしたが、スロットル練習は目線の高さくらいまで上昇させて、そこから下降させます。慣れてきたら、離陸からはじめて、もっと上空に飛ばして着陸までさせてみましょう。

エルロン

機体の向きを変えずに左右に移動させることを、エルロンといいます。練習は自分の正面上に機体を飛行させ、右に2m移動、正面に戻し左に2m移動させて正面に戻すという方法があります。慣れてきたら、5m、10mと移動距離をのばしていきましょう。

エレベーター

機体の前後移動をエレベーターといいます。エルロンと同じように、機体の向きは変えません。自分の正面上に、機体を飛行させ、前に2m、後ろに2m移動させる練習方法があります。慣れてきたら、徐々に移動距離をのばしていくとよいです。

ラダー

ラダーとは、機体の左右への回転です。スロットルを左操作すれば左回転を、右操作すれば右回転をします。中心ポイントを決め、右回転・左回転のどちらも練習しましょう。

ドローンの基本操作と練習方法

ドローンの操作練習【応用編】

基本をマスターしたら、ドローンの応用操作に進みましょう。ここでは「ホバリング」「四角形飛行」「8の字飛行」の操作練習をご紹介します。

ホバリング

ドローンを空中でその場にとどめる飛行方法を、ホバリングといいます。ホバリングは、離着陸やエルロン、エレベーターと組み合わせると練習の効率がよいです。離陸して腰くらいの高さまで機体を上昇させ、その場で1~2分程度ホバリングをし、着陸させるという練習方法があります。

前後左右の移動練習にもホバリングを組み合わせられるのです。前に移動させて1分程度ホバリング、もとの位置にも戻した後、後ろに移動させてなど、ほかの練習と組み合わせましょう。

四角形飛行

ドローンの向きを変えずに前方向に移動、続いて右、後ろ左へと移動させる練習方法を四角形飛行といいます。ホバリングも組み合わせて練習するとよいでしょう。その際には機体を「前→右→後→左」と逆方向の「後→右→前→左」に飛行できるよう、練習してみてください。

8の字飛行

エルロン、エレベーター、ラダーを組み合わせて「8の字」を描くように飛行させる練習をしましょう。これができればドローンの空撮中に、撮影対象を常に中心とした映像を撮影できます。ラダー操作も加わるのでむずかしいですが、練習を繰り返し、できるようにしてみましょう。

ドローンの操作練習で気をつけること

ドローンの操作練習では「周囲」に注意してください。ドローンの基本操作を練習には大きなスペースを使いませんが、四角形飛行や8の字飛行では広い空間が必要となります。周囲の障害物や人へぶつけるおそれがないことなど、安全を確認してから飛行練習させるようにしてください。

また、風の強さも確認しましょう。風が強いと、思ったようにドローンを操縦できません。ときにはドローンが飛ばされるおそれもあります。

とくにトイドローンで練習する場合、トイドローンは200g未満で軽い機体が多いため、風の影響を受けやすいです。飛行前には、天候を確認するのを忘れないようにしましょう。

ほかに航空法など、法律の確認も大切です。200g以上の機体は、航空法によってドローンの飛行可能エリアが制限されます。飛行禁止エリアもあるため、練習場所が航空法の規制エリアかどうか確認が必要です。

飛行可能エリアについては、こちらの「知らないとまずい?!航空法違反になるドローンの飛ばし方と罰則 」で解説しています。よろしければ、あわせてお読みください。

ドローンの操作練習で気をつけること

ドローン操作の練習場所がない場合は

飛行可能エリアが近くになく、ドローンの操作練習ができないという場合には、「シミュレーター」で練習する方法があります。DJIのドローン専用アプリをダウンロードすると、お使いのスマホやタブレットで、シミュレーションによる練習が可能となります。

シミュレーションがおこなえるのはDJI社のドローンに限られますので、シミュレーターの練習にはDJIのドローンが必要です。墜落する危険がなく、どの時間帯でも練習できるので、ドローンの操縦を理解するツールとして活用してみてください。

続いてご紹介する練習方法は、「ドローンスクール」に通う方法です。スクールであれば、実際のドローンで練習できます。シミュレーターは、あくまで疑似体験のため、実際のドローンを使った操縦練習が重要です。

ドローンを貸し出してくれるスクールもあるので、ドローンを持っていなくても操縦練習できます。スクールは全国各地にあるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ドローンの操作練習機として、トイドローンがおすすめです。トイドローンは安価なうえ室内でも飛ばせるので、操作の練習に便利な機体です。練習の際に、プロポは「モード2」で練習することをおすすめします。市販されているドローンは、モード2の機体が多いので練習段階で慣れておきましょう。

コラムでは基本的な練習方法から応用編までの練習方法をご紹介しました。自主練習の際には、ぜひ参考にしてみてください。

「独学での操作練習」「練習場所がない!」と悩んでいる方は、ドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。スクールなら屋内外でドローンの操作練習ができます。スクールを活用して、ドローンの操作をマスターしてみましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト