2018.12.27(木)

ドローンの防水性能について考えてみよう!メリットと活用シーン

ドローンの防水性能について考えてみよう!メリットと活用シーン

ドローンは、空撮や調査、プライベートなどで活躍する、とても便利な小型無人飛行機です。しかし、多くのドローンは防水機能が施されておらず、「水」に弱いのです。

このコラムではドローンの防水性能について、メリットや防水が役立つシーン、その他の弱点についてご紹介します。ドローンについて深く考えるきっかけになれば幸いです。

ドローンに防水性能が高いとどんなメリットがある?

前述したように、ドローンの多くは防水性能が施されていない機体が多いです。では、ドローンに防水性能が搭載されている、もしくは防水に優れているとどのようなメリットがあるのでしょうか。

機体に防水性能があるメリットは、従来のドローンと比べて壊れにくいことです。屋外でドローンを飛ばすときに、もっとも影響を受けるのが天候です。風が強い日にはドローンの操縦を控える方も多いでしょう。

しかし、天候がよくても突然雨に降られることもあるでしょう。ドローンに防水性能がなければ、雨水があたると故障につながるおそれがあるのです。そのため、防水性能が高いドローンのほうが壊れにくくなります。

最近開発されているドローンの中には、完全防水の機体があります。水上から離陸でき、着陸も水上できるという、従来のドローンにはなかった性能です。なかには、水中を自在に動ける機体もあります。

従来は上空からの撮影を楽しむ、ビジネスで活用するというのがドローンの活用方法でした。しかし空中・水中対応のドローンであれば空撮だけでなく、水中アクティビティなどの従来ではドローンが活用されていなかったシーンの撮影が可能です。魚の群れを水中と空中両方から撮影もできるので、楽しみが広がります。

ドローンに防水性能が高いとどんなメリットがある?

ドローンの防水性能はビジネスシーンで求められる

プライベートだけでなく、ドローンの防水性能はビジネスでこそ真価を発揮するでしょう。たとえば農業、測量、点検などです。これらのビジネスシーンで考えてみましょう。

農業では、農薬散布でドローンは活用されています。農薬散布は農薬という危険物を輸送するので、国土交通省へ許可申請をしなければいけません。しかし、フライト予定日に雨が降った場合、防水性能がないドローンでは別日にあらためて許可申請をする必要があります。

測量や点検でも、従来のドローンでは雨に当たるとドローンの故障につながるため、フライト日を変更する必要がありました。さらに、測量の現場が山の近くであれば、急に天候が変化するおそれもあります。山は起伏によって雲が発生しやすいため、峠を境に天候が逆転している状況が多いです。

そのため、山の付近で雨が予想されるときには、ドローンで思ったような仕事ができません。状況によっては、工期に遅延が生じてしまうこともあるでしょう。しかし、防水機能があるドローンであれば、雨天時にも飛行できるため、フライトの予定日を変更する必要がないのです。

ほかの活用シーンとしては災害時もあります。災害が発生したときは、少しでも早く災害状況を確認することが必要です。日本では近頃大雨災害によって、甚大な被害が出ています。雨が降っていると状況確認も大変なのです。

そこで、防水機能があるドローンの活躍が期待されています。ドローンに防水性能があれば、雨天でも状況確認をおこなえるのです。また、ドローンは遠隔操作で飛ばすので、人的被害を減らすこともできます。

このように、仕事や緊急時にはドローンの飛行が必要となるケースが多いです。防水性能が優れているドローンであれば、雨のときにも活躍できるため、大きな真価を発揮するでしょう。

ドローンの弱点は水だけじゃない!砂にも注意

ドローンの弱点は水だけでなく「砂」もあります。ドローンの防水性能で守れるのは水だけなので、砂については操縦者が注意しなければなりません。屋外での飛行は雨水だけでなく、風によって舞う砂ほこりの影響を受けるおそれがあります。

砂ほこりはドローンの内部に入り込み、機械の不具合を起こします。とくにプロペラのモーター部分に入ると致命的です。また、砂ほこりだけでなく、周囲の状況によってはもっと大きな砂や石などが舞うこともあります。大きな石がドローンと衝突するとキズができたり、ドローンが破損したりするおそれもあるのです。

砂ほこりが舞いやすい風が強い日には、ドローンを飛行させることを控えたほうがよいでしょう。ドローンを飛行させる前には「雨」「風」を確認して、ときには飛行を別日に振り替えることも検討しましょう。

天候不良時にドローンの飛行を避けることは、ドローン本体を守るだけでなく、操縦者を守ることにもつながります。雨や風が強い日にドローンを飛行させると、事故につながるおそれがあります。

墜落など、事故を起こしてしまった場合、周囲の人にケガをさせてしまっては大変です。ドローンを守るのはもちろんのこと、自分が加害者にならないためにも冷静に判断してください。

ドローンの弱点は水だけじゃない!砂にも注意

まとめ

ドローンの多くは、防水性能が施されていないため、ドローンが濡れると壊れるおそれがあるので注意が必要です。ドローンに防水性能があると、壊れにくく長持ちするというメリットがあります。機体に防水性能がついていれば、突然雨が降ってきても安心でしょう。

また、水だけでなく「砂」にも注意しましょう。砂もドローンの故障原因となります。風が強い日には砂ほこりが舞いやすく、ドローンの内部に砂が入り込むおそれがあります。天候が悪い日には、ドローン操縦士としてフライトをあきらめるというのも大切です。

安心安全にドローンを飛ばすためには、機体性能だけでなく操縦技術も必要となります。操縦技術をしっかりと身につけるのであれば、ドローンスクールがおすすめです。確かな操縦技術を手にして、安全なドローン飛行をおこないましょう。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト