2018.12.20(木)

ドローンを使った仕事はこんなにある?!ドローンの使い道を紹介!

ドローンを使った仕事はこんなにある?!ドローンの使い道を紹介!

現在ではかなり普及しているドローンですが、いったいどのようなことに使われているかご存知でしょうか?ドローンをあまりよく知らない方は、ラジコン飛行機のようなものの一種だと感じるかもしれません。

もちろんドローンには、玩具として飛ばして楽しむという一面もあります。しかし最近では、産業分野において幅広い仕事に活躍できると注目を集めているのです。

しかし、ドローンを使った仕事と聞いても、なかなか思い浮かばないのではないでしょうか。そこで今回は、ドローンを使った仕事を産業別に紹介していきます。特に今後ドローンを業務に導入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドローンを使った仕事【測量・調査】

「手軽に低空飛行ができる」というドローンの能力を使った仕事が、測量・調査業務です。

もともと測量の分野では、航空機を使って撮った写真をもとに測量をおこなう「航空写真測量法」という手法があります。しかし航空機の使用には高い費用がかかってしまううえに、準備にも時間がかかってしまうものでした。

その点ドローンは、低価格かつ迅速に飛行することができます。また、航空機に比べるとドローンは低空を飛行するので、より解像度の高いデータを取得することができるのです。

一方でドローンには欠点もあります。ドローンは小型であるため、航空機よりも小さな範囲しか撮影できません。そのため、広い範囲の測量をおこなう場合、ドローンのほうが時間がかかってしまうのです。

狭いところや入り組んだところのちょっとした測量にはドローンを、広大な範囲の測量には航空機を、といったように、場面によって使い分けることが大切でしょう。

ドローンを使った仕事【測量・調査】

ドローンを使った仕事【インフラ点検】

インフラ点検とは、高速道路の高架や橋梁などのインフラにおいて重要な設備を点検する仕事です。劣化具合を事前に把握することで、事故の発生を未然に防ぎます。

しかし、点検すべきインフラ設備は高いところや入り組んだところにあることも多く、人間が点検するのは大変です。そこで活躍するのがドローンです。ドローンであればどんな高いところや狭いところにも入り込んでいって点検することができます。

人間が検査するときに必要な足場や命綱なども、ドローンには必要ありません。そのため、点検業務にかかる時間や費用を大きく抑えることができるのです。

さらに、事故の危険が少ないのもドローンのメリットです。操縦者は離れたところから作業ができるため、滑落や倒壊による事故の被害を抑えられます。

また、ドローンは搭載する装備を変えることで、さまざまな点検に対応していきます。高性能カメラを搭載すれば表面の細かな傷やひびも見逃しませんし、赤外線カメラであれば外部からの目視ではわからない設備内部の破損すらも発見することができるのです。

インフラ点検が、ドローンを使った仕事として広く認知される日も近いかもしれません。

ドローンを使った仕事【農業】

世界で初めて開発されたドローンは軍事用のものでしたが、じつは民間で最初のドローンを使った仕事は農業分野だといわれています。

農業におけるドローンの主な仕事は農薬散布です。ドローンに農薬と散布機を搭載することで、上空から農薬散布ができます。

ドローンを用いた農薬散布は、人力でおこなう場合に比べてさまざまな利点があります。

まずもっとも大きいのが、効率化を図れるという点です。農薬散布にかかる時間も手間も大幅に短縮することができます。

また、作業員に直接農薬がかかってしまう農薬被ばくも、ドローンを用いることで避けることができます。ほかにも、多くの作物に一斉に農薬を散布することで、害虫などが移動することも防ぐことができるのです。

ドローンに搭載する散布用農薬の種類が少ないなどの課題もありますが、現在ドローンがもっとも活躍している産業の1つであるといえるでしょう。

ドローンを使った仕事【農業】

ドローンを使った仕事【空撮】

ドローンを使った仕事としてもっとも一般に知られているのは、この空撮業務でしょう。ニュースやバラエティーなどのテレビ番組でも、ドローンによる空撮映像はよく使われています。

最近はドローンに搭載されるカメラも進歩しており、4K映像の撮影や光学ズームレンズの搭載など、プロのカメラマンが用いるカメラと比べても劣らないものになっています。ドローンの自律飛行能力とあわせて、手軽に撮影できるのも魅力です。

その手軽さから、業務というだけでなく趣味としても空撮用ドローンの需要は広がっています。今後の発展が期待できる分野といえるでしょう。

ドローンを使った仕事【空撮】

ドローンを使った仕事【物流】

まだ実用化にはいたっていませんが、ドローンの将来的な活躍が期待されている分野も数多くあります。物流分野はその1つです。

物流分野におけるドローンを使った仕事は大きく分けて2つあります。

1つ目が、単純に現在おこなわれている物流の一部をドローンに置き換えるというものです。ドローンは道路の状態に影響を受けず、広い発着場も必要としないため、コンスタントに物流を維持するうえで活躍できるのではないかと期待されています。

特に災害時にドローンは真価を発揮するでしょう。道路が崩落してトラックが入れないが、ヘリコプターが着陸するスペースもない、というような孤立地帯にも、ドローンであれば物資を届けることができるのです。

2つ目が、離島への配達です。小さな離島には航空機が着陸することが困難なので、現在その物流はもっぱら船によっておこなわれています。しかし、店の仕入れなど大口の物流はともかく、個人でのネット注文といった小口の物流まで船ですべて補うのは大変です。

その点ドローンであれば、少しの空間があれば着陸可能なので場所を選びません。また、災害などで船や港が損害を受けた場合でも物流を途切れさせないという利点もあります。

技術的な問題や法的な問題などまだまだクリアすべき課題は多く、ドローンによる物流はいまだ実験段階です。しかし近い将来には、ネットで注文した商品がドローンによって運ばれてくる……といった光景が当たり前になるかもしれません。

ドローンを使った仕事【警備】

ドローンを警備に使用しようという動きもあります。ドローンはカメラを搭載して自律飛行ができる無人航空機であるため、自動で動く監視カメラのような運用ができるでしょう。

ドローンに期待されているのは、低空における警備です。現在の警備体制では、地上は人間が警備し、上空は衛星などが警備しています。そのため、その中間である低空領域が弱くなってしまっているのです。

ドローンを警備に導入するメリットはいくつか考えられます。

1つは通信によるドローン間での情報共有です。人間の警備員と違ってドローンは常にお互いの情報を共有することができるので、より効率的な警備が可能とされています。

ほかにも、多くの装備を同時使用可能であるという点も挙げられます。顔認識可能なカメラや火災を即座に発見できる赤外線カメラなどいくつもの装備を搭載することで、さまざまな状況に対応できるのではないかと期待されているのです。

一方で課題も多く残されています。たとえば、警備ドローンは市街地上空を飛行することになるので、万が一墜落したときの被害が大きくなってしまいます。また、現在では複数のドローンの制御技術は研究段階であり、ドローン同士が衝突してしまう危険が残されています。警備が人間の代わりにドローンを使った仕事となる日はまだ少し遠いかもしれません。

複数のドローンによる巡回警備はいまだ実現されていませんが、ドローンを用いた警備システム自体は一部実現しています。一般的なセンサーに不審者が引っかかった際に、ドローンが現場に急行し、不審者の映像を撮影するというものです。

ドローンを使った仕事【警備】

ドローンを使った仕事【災害救助】

人が近づきにくいところにも入りこめるというドローンの特性を使った仕事として、災害救助が広く知られています。

もっとも一般的な使い道としては、遭難者の探索です。山間部での遭難者を人間が捜索するのは困難ですが、ドローンであれば上空から赤外線カメラによって探知することができるのです。

また、火災の現場でもドローンは用いられており、火災現場にいち早く到着し情報収集をおこなう指揮官のような役割を担っています。

火が回って有毒なガスが発生してしまっているなど危険な状態の災害現場であっても、ドローンなら接近可能です。内部の状況を把握することの難易度をぐっと下げることができるでしょう。

ドローンを使った仕事【エンターテインメント】

ドローンはエンターテインメントの分野においても活用されています。平壌オリンピックの開会式でドローンが使われたことは、みなさんも記憶に新しいのではないでしょうか。

平壌オリンピックのような空飛ぶ光源としての使い道以外にも、ダンサーの動きにあわせてドローンを動かすなどの使い方もあるようです。今後もドローンを使ったユニークな作品がでてくるかもしれません。

エンターテイメント業界は、今後も広がりを見せていくでしょう。ドローンを使った仕事の1つとして、ドローンがたくさん使われていくのではないでしょうか。

ドローンを使った仕事【エンターテインメント】

ドローンスクールには専門コースも用意されている

ドローンを使った仕事では、かなり高レベルなドローン操縦技術や正確な法知識などが求められることがほとんどです。そういったものを独学で身につけるのは難しいので、ドローンを仕事に使おうと思っている方はドローンスクールを受講してみるとよいでしょう。

ドローンスクールには一般的なコース以外にも、産業用ドローン向けのコースがあります。特に農薬散布ドローンなど一般的に多く使われているものならば、専用コースを受講するのがおすすめです。

また、ドローンスクールを受講することでドローンの認定資格を得ることができます。業務をするうえで、ドローンの操縦技術があることを簡単に証明できるこの認定資格は、強い味方となってくれることでしょう。

まとめ

ドローンはさまざまな分野において活躍しています。ドローンを使った仕事には意外なものも多かったのではないでしょうか。

現在すでに普及している産業用ドローンもあれば、まだ実験段階のものもあります。今後の展開にも目が離せません。

ドローンを仕事に使いたい場合には、ドローンスクールで技術や知識を身につけましょう。認定資格も取得できるのでおすすめです。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト