2018.12.20(木)

ドローンを安定して飛ばしたい…オススメ機種や操作のコツを紹介!

ドローンを安定して飛ばしたい…オススメ機種や操作のコツを紹介!

現在では、ドローンもかなり一般的なものになってきました。個人的にドローンで遊ぶということも決して珍しくありません。

それだけに、ドローンの操縦がうまくいかないという方も増えているのではないでしょうか。安定した飛行ができないと墜落の危険も高く、落ち着いて遊ぶこともできません。

そこで今回は、ドローンの安定した飛行についてお話ししていきます。安定性の高いおすすめドローンや、練習のコツなどを紹介しますので、ドローン初心者の方はぜひ参考にしてください。

ドローンの安定性はなにで決まる?

そもそも、ドローンの安定性はなにによって決まるのでしょうか。

ドローンの安定性に大きな影響を与える装備として第一に挙げられるのが、センサー類です。さまざまなセンサーのおかげで、ドローンは安定した飛行ができるのです。

一口にセンサーといっても、その種類はいくつもあります。たとえば、気圧センサーというセンサーによって、ドローンは現在の高度と速度を取得することができます。また、ジャイロセンサーというセンサーでは、機体の傾きや加速度を検出できるのです。

こうしたセンサー類のほかにも、ドローンの安定性に寄与しているものがあります。それは、GPSです。

GPSのついたドローンでは、常に自分の位置を計測しています。これによって、突風に流されたりしてしまっても、ある程度までなら自動で位置を修正することができるのです。

安定性の高いドローンを選ぶ場合には、センサーの能力やGPSの有無を気にするとよいでしょう。

ドローンの安定性はなにで決まる?

安定性に優れたドローン3選【200g未満】

実際に安定性の高いドローンについて紹介していきましょう。ここでは200g以下の小さなドローンに焦点をしぼって紹介します。いわゆるトイドローンと呼ばれるものです。

U31W

>安定性に優れたドローン3選【200g未満】

Photo by Amazon

こちらの商品には6軸ジャイロセンサーがついています。前後・左右・上下の3方向およびピッチ・ヨー・ロール(前後左右の傾きや回転)の3方向にもセンサーがついているため、ドローンの安定性は高いといえるでしょう。

また、離発着がボタン1つでできるのもこのドローンの特徴です。ドローンを使い始めた段階では離発着に戸惑うことが多いようですが、そこを簡略化してくれているために、すぐに安定した飛行に入ることができます。

X401H

このドローン最大の特徴は、気圧センサーが搭載されていることです。本格的なドローンではそこまで珍しい機能ではありませんが、このサイズのトイドローンに搭載されていることはあまり多くありません。

この気圧センサーによって、高度を一定に保つことができます。室内でドローンを使うときには特に頼もしい機能になってくれることでしょう。

HS200

安定性に優れたドローン3選【200g未満】

Photo by Amazon

トイドローンは小さくて軽いため、風などがある状況では安定した飛行は難しいところです。しかしこのドローンは、トイドローンとしては重めの120gという重量とジャイロセンサーなどのおかげで、屋外であってもある程度安定して飛行することができます。

また、ワンキーリターン機能というものが搭載されているのも特徴の1つです。これは、ボタンを押すだけでドローンが手元に戻ってくるという機能です。この機能のおかげで、仮に風に流されてしまったりしても、簡単にドローンを回収することができます。

安定性に優れたドローン3選【200g以上】

200g以上のドローンは、空撮などの目的を持って運用するようなものが多くなります。サイズ的に室内で飛ばすのは難しく、かといって屋外では法規制が厳しい……といった事情により、手軽に遊ぶために飛ばすというのが大変になってくるためです。

そのため、200g以上のドローンの安定性というのは、業務上必要なかなりハイレベルのものになります。

MavicAIR

安定性に優れたドローン3選【200g以上】

Photo by Amazon

200g以上のドローンのなかでは入門的な性能のドローンです。そこまで大きくなく、価格も控えめです。

しかし、その性能はやはりトイドローンとは比べものになりません。安定性という点に限定しても、たとえば障害物探知機能によって、進行方向前方にある障害物をある程度自動で避けて飛行することができます。

また、自動追尾機能やアクティブトラック機能(指定した地点まで自動で飛行する機能)もついています。トイドローンでは得られなかった体験ができることでしょう。

Karma

安定性に優れたドローン3選【200g以上】

Photo by Amazon

GoProという、アクションカメラを主に開発しているメーカーが作ったドローンがこのKarmaです。アクションカメラによる激しい映像の撮影のために、ドローン本体の安定性も非常に高くなっています。

その特徴は4つのオート飛行モードがあることです。簡単な操作で実行可能なので、安定した飛行によるダイナミックな映像を楽しむことができるでしょう。

Inspire2

安定性に優れたドローン3選【200g以上】

Photo by Amazon

Inspire2は、プロ仕様のドローンといっても差し支えないレベルのものです。ドローン周囲についたいくつもの障害物センサーによって障害物を自動で回避するだけでなく、飛行中に周囲の状況を確認することで、自動的に安全な飛行ルートを割り出すこともできます。

また、3,440gという重量を誇るため風などに強く、屋外でも安定して飛行できます。

アナログ操作の練習にはナノドローンがオススメ

ドローンを安定して飛行させるためには、ドローン本体の性能だけでなく、しっかりとした操縦技術も必要です。アナログ操作を練習する際には、ナノドローンを使うとよいでしょう。ナノドローンとは、一般にはトイドローンよりもさらに小さいドローンのことを指します。

トイドローンよりも小さいため、室内でも手軽に飛ばすことができます。持ち運びも簡単なので、飛ばす機会を作るのは難しくないでしょう。

その一方でナノドローンは非常に小さいため、あまり多くの機能は搭載されていません。また、小さい分機体重量も軽いため、風などにも弱いドローンです。つまり、安定性の低いドローンであるといえます。

ドローンの操縦を練習するうえでは、ドローンにあまり安定機能がついていないほうが上達しやすいといわれています。場所を選ばず飛ばすことができてかつ安定性がそこまで高くないナノドローンは、ドローンの操縦を練習するのに最適だといえるでしょう。

アナログ操作でドローンを安定して飛ばすためには

ドローン操縦を上達させるためには練習あるのみです。まずはナノドローンなどの室内で飛ばすことができるドローンを使って、練習していきましょう。

最初に練習すべきはホバリングです。簡単に思えるかもしれませんが、これが意外と難しいものです。まずは一定の高さでドローンを安定して静止させることを目指しましょう。

ホバリングができるようになったら、徐々にドローンを動かしていきます。一定の間隔を行き来させることができるようになれば上出来です。

ドローン操縦に必要な距離感をつかむことができたら、あとは旋回や離発着などの難易度の高い動作にチャレンジしてみるとよいでしょう。

これらの練習を独学のみでおこなうのは容易ではありません。少しでも不安がある場合はドローンスクールを受講することをおすすめします。

特に200g以上のドローンを使いたいという方はドローンスクールの受講が便利です。大きなドローンは室内でも屋外でもなかなか飛ばせないので、独学の場合は練習場所を確保することにすら苦労するからです。

まとめ

ドローンの安定性は、機体のセンサー類やGPSの有無に左右されます。安定した飛行がしたいという方は、センサーやGPSがあるかどうかに気をつけてドローンを選びましょう。

また、当然ですがドローンの安定性は操縦者の操縦技術にも依存します。操縦者自身が上達することも、安定した飛行には大切だといえます。

操縦技術を上達させるためには、ナノドローンを使うのがおすすめです。ナノドローンは安定性には欠けますが、それゆえに細かな操縦を要求されます。

しかし、独学でドローンの操縦技術を身につけるのは非常に難しいことです。特に200g以上の大きなドローンを使う方は、ドローンスクールを受講することをおすすめします。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト