2018.12.17(月)

ドローンの飛行時間ってどのくらい?安全に飛行させる方法を解説

ドローンの飛行時間ってどのくらい?安全に飛行させる方法を解説

ドローンを飛ばしたときに、ドローンの飛行時間が足りなくなったことはないでしょうか。飛行環境や操縦する人の技術によって、ドローンの飛行時間は短くなってしまうのです。

ドローンの飛行時間を延ばすには、使用用途ごとにいくつかの方法があります。このコラムでは、ドローンの飛行時間を延ばすための方法や飛行時間の長い機体を紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

どれくらい飛べる?ドローンの飛行時間

ドローンは機体によって、飛行できる時間が違います。一般的なドローンの飛行時間は、20~30分程度が平均値です。購入したドローンの説明書などで、機体の飛行時間を確認できます。

ドローンは空撮やインフラ整備、点検業務など、使用用途によって長時間飛行が求められます。しかし、平均飛行時間が20~30分のため、ドローンを効率的に運用できないこともあるのです。

ドローンを飛行させるとき、気温や気圧など周辺環境によって機体の飛行時間が変動してしまいます。気温の低い場所ではバッテリーの機能が低下し、電気の消費が早まるためです。

また、空気の薄い上空だと、推進力を得るためにプロペラを高速回転させる必要があります。バッテリーを多く消耗するため、飛行時間が短くなります。そのため最近では、ドローンの飛行時間を延ばすための方法が考えられています。

どれくらい飛べる?ドローンの飛行時間

空撮に必要な飛行時間と長く飛ばすコツ

ドローンは活用方法の1つとして、空撮に利用されている方もいるのではないでしょうか。空撮をおこなうときは、映像をとるためにドローンを長時間飛行するかと思います。しかし、思ったより飛行時間が短いことも多いのではないでしょうか。では、どうすればドローンを長時間飛ばすことができるのでしょうか。

ドローンの長時間飛行で、重要になってくるのがバッテリーです。ドローンのバッテリー消費は、飛ばし方ひとつで大きく変わってきます。

たとえば、飛ばしているときに上下左右の動きが激しいときは、ドローンのバッテリー消費も激しくなります。結果、飛行時間が短くなってくるのです。

ドローンを長時間飛行させるためには、無駄な動きを少なくしてバッテリー消費を抑えることがコツになります。離陸して撮影ポイントに到着したら、ドローンをホバリングさせて動きを安定させてください。

無駄な動きをさせずに安定した飛行をおこなうためには、練習も必要です。自分で練習するのが不安な方は、操縦技術が学べるドローンスクールを利用してみてはいかがでしょうか。

空撮に必要な飛行時間と長く飛ばすコツ

落下すると危険!安全にドローンを飛ばそう

ドローンを飛行させる場合は、墜落する危険性も考えておかなければいけません。バッテリーの消費量を確認せずに飛行すると、バッテリーが切れて墜落するおそれがあります。30分間飛行できるドローンの場合は、バッテリーを20%残して24分間の飛行にするなど、計画を立てることが重要です。

ドローンを安全に飛行させるためには、さまざまなルールがあります。これらのルールは安全ガイドラインに記載されているので、確認してみてください。

ドローンを楽しむルールのひとつに、ドローンを飛行させる時間に関するルールがあります。ドローンを飛ばせる時間帯は、日の出から日没までと決められているのです。たとえば、ドローンを暗い時間に飛ばすには、別途申請が必要なので注意しましょう。

飛行時間の長いおすすめドローン機種3つ

長時間飛行できるドローンには、どんな種類の機体があるのでしょうか。ドローンには飛行時間が長い機体もあるので、いくつか紹介していきます。

・DJI Phantom4

ドローンで空撮をおこなうときによく利用されているドローンになります。このドローンは障害物センサーや空撮するときに便利な、被写体自動追従機能が搭載されているのです。そのため、はじめての方でも操縦がしやすいドローンで、飛行時間は最大で28分という長さになっています。

・DJI Mavic Pro

このドローンはいろいろな種類のドローンのなかでも、コンパクトに収納できる特徴を持ちます。自動追尾機能が搭載されているため、操作性が安定しているのです。さらに DJI Mavic Pro には、バッテリーが2個付いているため、飛行最大時間が27分になります。

・Yuneec Typhoon

Yuneec Typhoonは本格的な空撮ドローンで、最大飛行時間は25分になっています。GPSが内蔵されており、飛行可能範囲を決めて飛行させることができるのです。そのため、Yuneec Typhoonは安全性に秀でたドローンになっています。

飛行時間の長いおすすめドローン機種3つ

【番外編】長時間飛行できる特殊なドローン

ドローンの飛行時間は、おすすめの機体でも最大で28分です。しかし、さらに長時間飛行ができるドローンがあります。この章では、「Solar-powered unmanned aerial vehicles」と「GAIA 160 Hybrid Drone」、「DRONEBOX」 という3つのドローンをご紹介します。

・Solar-powered unmanned aerial vehicles

5枚のソーラーパネルが取り付けられている、ソーラー充電式ドローンです。ソーラーパネルが取り付けられているため、飛行しながら動力を供給でき、最大飛行時間が1時間という画期的なドローンです。

・GAIA 160 Hybrid Drone

ヘキサコプターといって、6つのプロペラがある特徴的なドローンです。2000Wの電力が発電できる発電機(4kg)が搭載されているため、バッテリーで電力の供給が可能になります。

最大積載量が8kgなのでバッテリー、発電機、ガソリンを積んで飛行ができます。ガソリンを使って発電機を駆動し続ければ、6時間という長時間飛行が可能です。

・DRONEBOX

DRONEBOXは、主電源がソーラーパネルになっているので365日24時間稼働可能となっています。バッテリーが搭載されていないうえ、ドローンの電源と通信がそれぞれ独立している特徴を持ちます。

DRONEBOX は、飛行環境を自己判断することで安全な飛行を実現しているのです。ドローンが収納されているボックスのなかにCPUが搭載されているため、ワイヤレスでデータを送信できます。

飛行時間は45分になっており、事前にルートやスケジュールを設定することで定期的な自動飛行が可能です。

まとめ

ドローンの飛行時間は、平均で20~30分です。ドローンの飛行目的によっては飛行時間が足りないこともあるでしょう。ドローンの飛行時間は、気温や気圧など環境によって飛行時間は変わってくるのです。

また、空撮時に激しい動きをさせるとバッテリーの消費が激しくなるので、安定した飛行を心がけるようにしてください。

安定した操縦には技術が必要です。しかし、自分だけではしっかりとした技術を学べないかもしれません。そのため、ドローンの的確な操縦技術を学ぶ場所として、ドローンスクールをおすすめします。

ドローンスクールでは、操縦技術を学ぶこともできますが、飛行に必要な法律も学ぶことができるのです。これから、ドローンを始めたい方や更なる技術向上を目指したい方は、ドローンスクールへ通ってみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト