2018.12.17(月)

メリットたくさん!太陽光パネル点検をドローンでするべき理由とは

メリットたくさん!太陽光パネル点検をドローンでするべき理由とは

太陽光パネルの検査には、従来たくさんの人が必要でした。そのため、人件費や設備費用が膨大にかかっていたのです。しかし、近年では太陽光パネル検査はドローンでおこなうことが主流になってきました。ドローンを使うことで、人件費や設備費用を削減することができます。

さらに、赤外線カメラが搭載されているドローンが普及しているので、人間の目では確認できない異常個所も確認できるメリットがあります。このコラムでは、ドローンでおこなう太陽光パネル検査について説明しているのでぜひ参考にしてみてください。

太陽光パネル点検まで?広がるドローン点検

ドローンは、現在さまざまな場所で活用されています。そのなかでも点検業務という場での活躍を目にすることがおおいのではないでしょうか。

インフラ整備や屋根、外壁などこれまでは人の手で点検をしていました。一方で、このような点検で高所点検をおこなうときには危険がともないます。しかし、ドローンを使うことによって、危険性がなくなります。

また、点検に必要な人件費を削減することができます。さらに、高所の場合は足場などの設備も必要になるので、設備費用も同時に削減可能なのです。

このようにさまざまなところでドローンを使った点検がおこなわれています。近年では、前述した点検内容以外にもドローンが使われています。それが、太陽光パネルをドローンで点検するということです。

太陽光パネル点検まで?広がるドローン点検

圧倒的な作業効率!従来の点検方法と比較

太陽光パネルの点検は従来、地上から赤外線カメラを使って撮影するか、空撮していました。その後、撮影した画像を解析して目視で異常個所を見つけるという流れになっていたのです。仮に1万枚の太陽光パネルを検査する場合、おおくの人と日数がかかっていました。

目視で異常個所を見つけるときには、見落とすリスクがありました。このリスクを含めて、人件費の削減などをおこなうために、取り入れられたのが太陽光パネルをドローンで点検することです。ドローンで点検をおこなうことで、撮影データをリアルタイムに確認でき、同時に画像の解析をおこなうことができるようになっています。

ドローンの自動飛行を活用した場合、1万枚の太陽光パネルを撮影するのに秒速3mの場合、10分程度でおこなえるのです。また、検査データも即日で完成するため、数日かかっていた従来の点検よりもはるかに効率があがるのです。

これまでは、人件費や設備費用、時間などがかかってきた太陽光パネル点検ですが、現在は最短なら1日で終えることができます。そのため、1つの場所にたくさんの人を集めていましたが、分散させることが可能になりました。

圧倒的な作業効率!従来の点検方法と比較

人間の目では発見できないトラブルも検知

しかし、それ以外にも太陽光パネルをドローンで点検することのメリットがあります。ドローンには、高性能なカメラが搭載されているので、人間の目では確認することがむずかしいものもできるようになりました。

ドローンのカメラを使うことによって、小さな傷や鳥の糞などを発見することができるのです。このような人間の目では確認できないものを早期で発見することで、未然に売電量の減少を防ぐことができるのです。

売電量が減ってからでは、さまざまな問題が発生する可能性があります。そのため、問題の発生を未然に防ぐためにドローンのカメラを使って従来では見つけることができなかったトラブルを見つけることが可能になったのです。

太陽光パネル点検に適したドローンを紹介

太陽光パネルをドローンで点検するとき、ドローンに搭載したい機材として赤外線カメラがあります。赤外線カメラを搭載できる機体として主流になっているのがMatrice200です。

Matrice200は機体の価格が少し高いため、導入している企業は少ないでしょう。

そのため、赤外線が搭載できるもうひとつの機体Inspire1が現状普及しているようです。このふたつの機体にはどんな特徴があるのでしょうか。

【Matrice200】

最大重量/約3.8kg

運用限界高度/3km

最大風圧抵抗/12m

対応温度/-20℃~45℃

飛行時間/27分

【Inspire1】

最大重量/約3kg

運用限界高度/4.5km

最大風圧抵抗/10m

対応温度/-10℃~40℃

飛行時間/18分

ふたつの機体の基本的なスペックには上のような違いがあります。Matrice200の方がスペックとしては、飛行時間や風に対する抵抗が勝っています。しかし、高高度で利用したいときは、Inspire1はMatrice200よりも最大高度が1.5kmも高いのが特徴です。

どちらの機体も産業用ドローンとして使用されています。さらに、赤外線カメラが搭載できることで、検査の効率があがるのです。

太陽光パネル点検に適したドローンを紹介

ドローンスクールで太陽光パネル点検を学ぼう

ドローンを操縦するためには、航空法などさまざまな知識を得ることで安全に飛ばすことができます。そこでおすすめしたいのが、ドローンスクールです。ドローンスクールでは、ドローンを飛行させるために必要な法律や飛行技術を習得することができます。

また、スクールで学ぶことで無人航空機操縦技能証明証や無人航空機安全運航管理者証明証を取得することができます。その後、スクールによっては太陽光パネルをドローンで検査するための技術を学べるコースもあります。

習得できるものには、赤外線を搭載したドローンの概要や自動航行の方法、ドローンから収集したデータの解析などが学べます。このコースで学ぶことによって、太陽パネルの検査方法を専門的に学ぶことができるのです。

さらに、このコースは1日ですべて学べるので、これかドローンを使って太陽光パネルの検査をおこないたい方は、ドローンスクールで学ぶことをおすすめします。

まとめ

いままで、人件費や設備投資をおこなうことでおこなっていた太陽光パネルの検査は、現在ドローンの検査に移行しています。ドローンを使うことで、人件費や設備投資の削減につながります。また、太陽光パネルは高所に設置されていることもあります。

高所に人を置くことでさまざまな危険もともないます。ドローンであれば、その危険性もなくなります。さらに、人がはいりづらい場所へもドローンであれば検査することが可能になります。

これから、太陽光パネル検査でドローンを導入したいと考えているかたは、ドローンの操縦資格が取れるドローンスクールで学ぶことをおすすめします。スクールでは、操縦技術のほかにも法律に関しても習得できるのです。

また、太陽光パネルの検査方法を学ぶことができるコースをあります。したがって、ドローンスクールで学ぶことで、技術面や検査方法などをしっかり学べるので、ドローンスクールでしっかり学んで的確な検査技術を身につけてみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト