2018.12.17(月)

ドローンは空港では飛ばせない?ドローン飛行の許可のとり方は?

ドローンは空港では飛ばせない?ドローン飛行の許可のとり方は?

ドローンの飛行は、いつでもどこでもできるように思っている人は多いのではないでしょうか。じつはドローンの飛行に関しては、法律で定められており、決められた場所以外で飛ばすことは原則できません。では、ドローンを飛行させてもよい場所とはどこでしょう。

たとえば、「ドローンを空港周辺で飛ばすことはできるのだろうか?」という疑問をお持ちのかたもいるかもしれません。もしも、ドローンの飛行の禁止されている場所でドローンを使った撮影をおこないたい場合は、どうすればよいのでしょう。今回のコラムでは、ドローンの飛行禁止区域と飛行許可のとりかたについて解説します。

ドローンを空港周辺で飛ばすのはNG!

ドローンは空港周辺での飛行が禁止されています。この場合の空港周辺とは、空港施設周辺や飛行機が離発着のために通るルートをさします。いくらドローン操縦者の技術が確かなものであっても、突発的に事故が起こる可能性はあります。万が一、飛行機やヘリコプターなどにドローンが接触してしまえば、大きな事故につながりかねません。

ドローンの飛行禁止区域は航空法に定められており、もしこの法律に違反すれば、当然ながら罰則が科されます。じっさいに法律に違反して逮捕されている例もありますので、じゅうぶんに気をつける必要があるでしょう。

ドローンを空港周辺で飛ばすのはNG!

そのほかドローンの飛行禁止区域

ドローンの飛行が禁止されているのは、空港周辺だけではありません。そのほかに、高度約150m以上の上空も飛行禁止区域にあたります。これは、ドローンを空港で飛ばすことを禁止しているのと同じで、飛行機との接触事故を防止するためです。

また、人口の密集した地域でもドローンの飛行は禁止されています。人口密度の高い場所でドローンが墜落すれば、下にいる人を巻き込んで大きな事故になりかねません。そのために、人の多い場所でのドローンの飛行は原則禁止されています。市街地で安易にドローンを飛ばさないように、飛行可能区域かどうか確認は必要でしょう。

地理院地図で飛行禁止区域を確認しよう

ドローンを飛ばしたい場所が飛行可能な区域なのかどうかは、地理院地図で調べることができます。地理院地図とは、国土交通省の機関のひとつである「国土地理院」が測量した地図のことです。この地図は国土交通省のホームページからアクセスできます。

この地理院地図で調べれば、自分がドローンを飛ばしたい場所が飛行可能区域か飛行禁止区域かがわかります。もし、飛行禁止区域だった場合は、国土省の飛行許可を得なければ、ドローンを飛ばすことはできません。つまり、ドローンを空港周辺で飛ばすなら、国土省の許可が必要なのです。

地理院地図で飛行禁止区域を確認しよう

ドローンの飛行許可申請方法と提出先

ドローンは空港周辺などの飛行禁止区域で飛ばすことができませんが、国土省に飛行許可をとればドローンの飛行は可能です。飛行禁止区域でドローンを飛ばしたいときは、国土交通用に飛行許可の申請をおこないます。申請先は東京あるいは大阪の航空局です。どちらに申請するかは許可をとりたい場所によりますので、航空局に確認しましょう。

ドローンの飛行許可の申請方法にはふたつの方法があります。「個別申請」と「包括申請」です。個別申請とは、ドローンを飛ばす日時と飛行経路が決まっている場合の申請になります。包括申請とは、天気などの関係で予定していた日時に飛ばせなくなったことを考えて、予備日などもふくめて申請する方法です。

個別申請のほうが許可をとりやすいようですが、予定変更に合わせて包括申請をすることも多いようです。申請には書類を郵送する方法・窓口に持参する方法・オンラインで申請する方法があります。

ドローンの飛行許可申請方法と提出先

資格を取得しておくと許可がとりやすくなる

ドローンを飛行禁止区域で飛ばす場合の飛行許可を申請するには、ドローンの操縦者に約10時間以上の飛行経験がなければなりません。また、ドローンは自分の目で見てドローンを飛ばす、目視飛行が基本です。

しかし、飛行許可の申請にはモニターなどを見ながらドローンを飛ばすという、目視外飛行の経験も必要とされています。そのほか、夜間にドローンを飛ばすという夜間飛行経験があるかどうかも大切です。

これらの特殊な飛行の訓練は、個人でおこなうにはなかなかむずかしいものがあります。ではいったいどのようにして訓練すればよいのでしょう。そんな場合は、ドローンスクールがおすすめです。

ドローンスクールでは、こういった飛行訓練にくわえ、スクールの終了時には訓練課程を修了したという証明書、いわゆる「ドローン免許」がもらえます。この認定証があれば、飛行許可の申請に必要な操縦者の技術が、条件をみたしていると認められます。そのため、ドローンを空港周辺などの飛行禁止区域で飛ばすさいの飛行許可の申請も通りやすくなります。

まとめ

ドローンを飛行させることのできる場所は、航空法などの法律で定められています。ドローンは空港周辺では、飛行機との接触事故を避けるために飛行が禁止されています。ドローンの飛行禁止区域は、国土地理院が発行している、地理院地図で確認が可能です。

飛行禁止区域でドローンを飛ばす場合は、国土交通省からドローンの飛行許可をとらなければなりません。申請先は東京・大阪の航空局です。申請の方法には個別申請と包括申請のふたつの方法がありますので、自分に適した方法を選択しましょう。

飛行許可の申請には、ドローンの操縦者に一定以上の飛行経験が求められます。飛行経験を独学で積むのは大変ですが、ドローンスクールでは飛行技術を学べる講習が受けられます。ドローンスクールで講習を受ければ、認定証がもらえます。この認定証は、操縦者の技術を保証するものとして認められますので、飛行許可の申請時にも申請が通りやすくなるようです。

国土省の許可を得れば、飛行禁止区域でもドローンを飛ばすことができます。ドローンスクールに通って、訓練を受け認定証をもらうことがドローンを自由に飛ばせるドローン操縦者への近道ではないでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト