2018.12.12(水)

ドローンの需要が高い分野は?将来的に必要とされる資格と職業を紹介

ドローンの需要が高い分野は?将来的に必要とされる資格と職業を紹介

現在、ドローンを使ったビジネスはさまざまな分野にどんどん広がっています。ドローンの技術の進歩によって、新たなビジネスの機会が増えているのです。

では、特にどのような分野でドローンの需要が高まっているのでしょう。

ドローンといえば空中からの撮影を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、今はそれだけではなく、今まで人が人数と時間をかけておこなってきたあらゆる仕事への利用が期待されています。

このコラムでは、新たなドローンビジネスについて解説していきますので、ドローンを使った仕事に興味がある方はぜひご覧ください。

ドローンの需要が高い産業分野

これからドローンの需要が増えてくるとされている主な仕事のひとつは、インフラの点検作業だといわれています。インフラの点検作業は、道路や鉄道などの設備に不具合がないかどうかを確認していく仕事です。

今までインフラの点検は、人が現場に出向いておこなっていました。時間や人手が多く必要なうえ、事故の危険もあるような大変な仕事です。

しかし、インフラ点検にドローンを利用すれば、ドローンで撮影した映像でインフラの点検が可能になります。離れた場所からでも点検ができるうえ、ドローンを飛ばすだけでインフラの点検ができるため、人手の削減や安全な作業に繋がっていくのです。

ほかにドローンの需要がのびるといわれている仕事として、測量もあげられています。測量現場でもインフラの点検と同じく、ドローンの利用によって人手や時間をかけずに測量ができるようになってきているのです。

また、2016年から、政府が測量にドローンを利用することを強く推奨し始めました。そのため、測量現場でのドローンの需要は今後もどんどん高まってくると予想されています。

ドローンの需要が高い産業分野

空撮分野の需要はすでに飽和状態にある

ドローンを利用した仕事の代表のようなイメージが強い、空中撮影の現場はどのような状況なのでしょうか。

意外にも、ドローンを使用した空中撮影は、今後需要がのび悩む可能性があるようです。

ドローンでの空襲撮影は、これまで映像会社などが外部のドローン操縦者に委託するような形でおこなわれていました。

しかし、現在では映像会社がドローンを導入し、自社で撮影をおこなってく方向にシフトしつつあります。このため、外部のドローン操縦者に依頼して撮影をおこなうことは減少してくると予想されます。ドローンが普及していくにつれ、映像現場でのドローンの需要は、これからはあまり高くならないかもしれません。

ただ撮るだけではダメ!空撮カメラマンに求められるもの

今後ドローンの需要が伸び悩みそうな空中撮影の現場で仕事を獲得していきたい場合は、どうすればよいのでしょう。ただドローンを飛行させて映像を撮影するだけなら、特に操縦技術のない人にでも可能です。大切なのは、撮影者独自の撮影技術といえます。

普通の人ではできない映像を撮影する技術があれば、他者との差別化もはかれるでしょう。どこへどのようにドローンを飛ばせば、依頼者の求める映像を撮影できるのかイマジネーションを働かせなければいけません。独自の映像が撮影できるほかにいないような操縦者であれば、ドローン撮影の需要は減ることはないでしょう。

ただ撮るだけではダメ!空撮カメラマンに求められるもの

目視外飛行解禁でドローンの需要は高まる可能性大

今、ドローンの分野でもっとも注目の高まっていることのひとつに、ドローンの目視外飛行が解禁されることがあげられます。

今まで、都市部などではドローンを目視できない場所から操縦することはできませんでした。しかし、今後はドローンの目視外飛行ができるように規制が緩和される予定です。

目視外飛行の解禁により、新たな分野でのドローンの需要が高まることが予想されています。たとえば物流分野では、トラックなどに変わりドローンでの荷物の配送が可能になり、交通状況や運転手のコストに左右されなくなるでしょう。いずれ離島や山間部への荷物の配送も解禁される見通しです。

ほかにも災害が起きたとき、被災地の状況調査にドローンを利用するということも検討されています。今まで、災害現場での状況調査には二次災害の危険などもあり、時間がかかることがよくありました。そこでドローンを利用すれば、人が災害現場に出向かずとも状況を調査できるようになるのです。

また、支援物資の配送もドローンによって可能になるとされています。

将来的な需要が高い「ドローン管制士」とは

ドローンの規制が緩和されることによって、新たな職業も生まれてきました。「ドローン管制士」とよばれる職業がそのひとつです。

ドローン管制士とは、たとえるなら飛行機の管制官のような仕事をします。離れたところにいる複数のドローンの操縦者に対して、まとめて指示を出し、現場を監督する役割です。今後需要の増えてくる職業として、ドローン管制士は非常に注目されています。

ただし、ドローン管制士はだれでもすぐになれるわけではありません。ドローン管制士になるためには、ドローン管制士4級の資格が必要です。ドローン管制士4級の資格は、ドローンスクールで講習を受講することで手に入るので、今のうちに取得しておくとよいかもしれません。

ドローン管制士の仕事は、今後産業界でドローンの需要が増えていくなか、かなり注目の職業といえそうです。

将来的な需要が高い「ドローン管制士」とは

まとめ

ドローンの需要は、今後産業の分野で増えていくとも見込まれています。特にインフラや配送、災害時などで、ドローンの活躍が増えていくでしょう。

さらにドローンの規制緩和により、新しく「ドローン管制士」という職業も生まれてきました。ドローン管制士とは、離れたところにあるドローンにまとめて指示を飛ばし、監督する職業です。ドローン管制士になるには、ドローン4級の資格が必要です。

ドローンは、産業分野での利用が増えていくと考えられています。ますます高まるドローンの需要に対応するために、必要な知識や新たな資格を手に入れておくことは大切ではないでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト