2018.12.12(水)

Parrot ANAFIとDJI Mavic Airはどっちがオススメ?機能と魅力を解説

Parrot ANAFIとDJI Mavic Airはどっちがオススメ?機能と魅力を解説

ドローン市場にParrot ANAFIというあらたな機体が誕生しました。この機体は、あらゆる性能を備えた機体になっています。カメラは4KHDRや2100万画素で撮影できるのです。また、耐風性にも優れています。

本格的なドローンのようにみえますが、軽量でコンパクトなため、さまざまな場所で利用することができます。このコラムでは、Parrot ANAFIの魅力やおすすめしたいかたについて説明しているので、参考にしてみてください。

「Parrot ANAFI」と「DJI Mavic Air」の性能を比較

ドローン市場にあらたに登場した「Parrot ANAFI」という新機体があります。ここでは、「DJI Mavic Air」と性能にどんな違いがあるのか比較してみていきましょう。まずサイズですが、機体のサイズはDJI Mavic Airと大差ないサイズ感になっていますが、重量はParrot ANAFIが320gとDJI Mavic Airの430gよりも110g軽くなっているのです。

ドローンが低空飛行をおこなうときに、安定性を保つために必要となってくるがポジショニングカメラや超音波センサーです。Parrot ANAFIにはそれぞれひとつずつ付いています。そのため、低空飛行時の安定性が低くなる可能性があります。

また、DJIの製品には障害物検知センサー等が基本付いているのですが、Parrot ANAFIには付いていないので注意しましょう。そして、ドローンを操縦するときに必要な操作可能距離は、DJI Mavic Airの2kmからParrot ANAFIは2倍の4kmに伸びています。

飛行時間は、DJI Mavic Airは21分ですがParrot ANAFIは25分と4分伸びているのです。Parrot ANAFIとDJI Mavic Airの性能は低空飛行の安定性を除けばはるかに上回っています。ドローンの操縦技術が高い方は抵抗なくあつかえる可能性があります。

しかし、障害物検知センサーがないというのは、障害物回避を自分でおこなわなければいけません。そのため、衝突などの危険性が高まることが、デメリットになるかもしれません。このParrot ANAFIを使ってみたいけど操縦に不安がある方は、ドローンスクールに通ってみてはいかがでしょうか。

ドローンスクールでは、操縦技術はもちろん、法律や資格取得に必要なことまで学ぶことができるのでおすすめです。

「Parrot ANAFI」と「DJI Mavic Air」の性能を比較

軽量だけど安定性バツグン!Parrot ANAFIの魅力について

Parrot ANAFIにはさまざまな魅力があります。その魅力について説明していきますのでみていきましょう。

まずは、カメラについてですが、Parrot ANAFIには4KHDRビデオと2100万画素の写真撮影ができるカメラが搭載されています。このカメラは、180°回転させることが可能になっているのです。

また、撮影時に安定した撮影をおこなうために3軸ブレ補正が搭載されているので、精度の高い動画や写真を撮ることができるでしょう。機体の構造体はとても頑丈であり軽量化が施されています。

なぜなら、構図体にはカーボン繊維やガラスマイクロビーズが使用されているからです。また、折りたたむととても小さく細長くなります。そのため、バックにも収納しやすく持ち運びにとても便利です。また、広げるのにかかる時間はたった3秒というスピードでおこなえます。

飛行させるときの魅力として、Parrot ANAFIは最大風速16.6m/sまで耐えることができるのです。そして、速度は最高で55kmで飛行することができます。飛行時間は、性能の高いバッテリーと強い推力のあるモーターが搭載されています。そのため、25分という長時間飛行が可能です。

飛行中に、もしも充電がなくなりかけているというときには、スマートRTH機能を使うことで自動的にスタート地点に帰ってきてくれるのです。また、ドローンを見失ってもボタンひとつで音を鳴らすことができます。さらに地図上で位置確認をすることができるので簡単に探すことができます。

Parrot ANAFIで撮影した映像をみてみよう

Parrot ANAFIで撮影した映像にはどんなものがあるのでしょうか?さまざまな撮影動画を紹介していきます。

①Parrot ANAFIは地図上で設定したルートを自動で飛行させることができます。この動画は、簡単なフライトプランを地図上で設定してそのルート上を飛行している映像をParrot ANAFIで撮影しています 。

②Parrot ANAFIを使って日本一の山富士山を撮影した映像です。Parrot ANAFIを山中湖上空から飛ばし富士山を撮影している映像です。Parrot ANAFIの4KHDRで撮影することで遠く離れた富士山もきれいに撮影できています 。

③Parrot ANAFIのカメラのブレがないのがよくわかる動画です。上空でホバリングした状態のときや左右に動いても映像にほとんどブレがないことがよくわかります 。

④Parrot ANAFIが強風にも強いことがわかる動画です。この動画では風速5m最大瞬間風速7mのなかでも安定した撮影ができることがわかる動画になっています 。

こんな人にParrot ANAFIはオススメ!

Parrot ANAFIをおすすめしたい方はアウトドアが好きなかたです。なぜなら、軽量でコンパクトなため、持ち運びはとても便利だからです。

Parrot ANAFIの性能を考えたときに、登山などで少し風が強くても耐風性があるため、安定した撮影が可能になるでしょう。また、小型で早く広げられる魅力を活かして、旅行先で「あっ!ドローン飛ばして撮りたい」と思ってもすぐに飛ばせます。

軽量で小型という魅力から海外旅行にも持っていけるのではないでしょうか。海外旅行にいくときは荷物が増えますが、せっかくいくならドローンも持っていきたいと考えるかたもいると思います。

Parrot ANAFIはコンパクトに収納できるので、海外旅行でも簡単に持っていくことができます。 Parrot ANAFIはアウトドアや海外旅行などで活用することができます。そのため、本格的な撮影に使うのでなく、趣味感覚で飛ばしたいと考えている方や2号機として使いたいという方におすすめです。

まとめ

Parrot ANAFIは、性能が高くさまざまな状況下で飛行させることができます。 飛行時間も25分という長時間飛行が可能になっているので、いろいろな撮影ができるでしょう。また、風耐性が強いので山の上など風が強くても、安定した撮影ができるのです。

しかし、障害物回避の機能が搭載されていないので、視界が良好な場所で飛行させることをおすすめします。もしも、障害物に当たる危険のある場所でも飛ばしたいというかたは、ドローンスクールで技術を学ぶことも可能なので検討してみてはいかがでしょうか。

ドローンスクールであれば、ドローンの飛行に必要な法律なども学ぶことができるのでぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト