2018.12.12(水)

DJI Assistant 2でドローンを調整しよう!初期設定から使い方まで

DJI Assistant 2でドローンを調整しよう!初期設定から使い方まで

DJI Assistant 2というDJIドローン用のソフトをご存知でしょうか。DJI Assistant 2では、ドローンのアップデートからシミュレーターまでさまざまなことができます。このソフトはDJIから無償で提供されているソフトなので、お金もかからないので使いやすいのではないでしょうか。

ドローンを常に最新の状態にして、事故の無いように安全に使えるようにしておけます。このコラムでは、DJI Assistant 2について解説しているのでぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

DJI Assistant 2を使ってできること

DJI Assistant 2はDJIドローンや周辺の機器に対してパソコンを使用してさまざまな設定やアップデートがおこなえるソフトです。このソフトではいったいどういったことがおこなえるのでしょうか。DJI Assistant 2では以下のことがおこなえます。

・アップデート

ドローンの機体にはファームウェアと呼ばれるソフトウェアが搭載されています。このソフトウェアは機体と送信機ともに搭載されています。このソフトウェアは定期的にアップグレードしてあげましょう。

・グレードダウン初期化

ドローンを使っていると以前のバージョンにしたいなと考える方もいるはずです。そのときには、このソフトを使うことでグレードをダウンさせることができます。また、設定を初期化することも可能です。

・シミュレーター

ドローンをはじめて購入したときに、いきなり外で飛行させることに不安になる方も多いでしょう。このソフトでは、はじめて飛行させるときなどに使えるのがシミュレーターです。屋外での環境などを設定して、実際に外で飛ばしているような状況を作ることができます。そのため、外で飛ばすまえの練習にもなるのです。

・高精度キャリブレーション

ドローンの機体のなかにはさまざまな基盤が組み込まれています。その基盤をもとにさまざまなコントロールをおこなっているのです。ドローンを飛行させているとき、その基盤に異常がでると墜落など事故になる可能性もあります。そのため、高精度キャリブレーションを使用することで、異常があるところを調整することができます。

DJI Assistant 2を使ってできること

DJI Assistant 2のダウンロードとインストール方法

DJI Assistant 2を使用するには、パソコンにダウンロードとインストールをおこなう必要があります。

【DJI Assistant 2ダウンロードとインストール方法】

DJI Assistant 2はDJIGOGGLESというサイトからダウンロードができます 。ダウンロードするときには、MacとWindows版に分かれているので、自分のもっているパソコンにあわせてダウンロードしてください。

サイトからダウンロードができると、パソコン内にDJI Assistant 2のダウンロードファイルがでてきます。Macのときは、アプリを開くときには安全面を考えてロックがかかっている場合があります。

そのため、ロックを外す必要があります。ロックを外すには、デスクトップから環境設定を開きます。環境設定を開いたら、セキュリティとプライバシーへいきましょう。ロックを解除するためにパスワードを入力しましょう。

そして、アプリを開く許可をすることでDJI Assistant 2のダウンロードファイルを開くことができるのです。ダウンロードファイルを開いたら画面の指示に従ってすすめていきましょう。最後までいくとDJI Assistant 2のダウンロードとインストールは終了です。

DJI Assistant 2の初期設定と日本語化

DJI Assistant 2のダウンロードとインストールが終了したら、初期設定と日本語にするための設定をおこないます。

初期設定をおこなうには、DJIアカウントが必須になってくるのです。アカウントをもっていない方は、アカウントを作成するサイトでアカウントを作ってからおこなうようにしてください 。

DJIアカウント 登録

【初期設定と日本語化設定方法】

DJI Assistant 2を起動させると、アカウント名とパスワードの入力画面がでるので入力してください。入力できると入力終了画面がでてくるのでその画面がでてきたら終了です。ここまで終了したら、機体や周辺の機器を接続してください。

機体には端子があるので場所を確認してしっかり接続しましょう。接続するとデバイスの名前がでてくるので、選択するとDJIGOGGLESの画面がでてきます。しかし、英語表記で意味がわからないと思います。そこで、日本語表記に変更していきましょう。変更方法はとても簡単です。左側から日本語を選択するだけです。これで、初期設定と日本語設定は終了です。

DJI Assistant 2の初期設定と日本語化

DJI Assistant 2の使用方法

DJI Assistant 2を使用したアップデート方法を説明していきます。まず、パソコンとドローンを接続します。接続が正常にできたら画面にドローン名が選択できるので選択後に管理画面へ移動します。

管理画面へ移動すると、ドローンに適したファームウェアリストが表示されます。表示されるリストは上から最新のものになっています。アップデート可能なものがあるときは、選択できるようになっているので選択しましょう。

アップグレードが終了しているものは、「更新します」と表示されているので、グレードダウンしたいときにはそこを選択してください。

その後、アップグレードがはじまります。終了後には、アップグレードが終わったという表示がされるので、確認したら戻るボタンを押して終了してください。送信機に関しては、ドローン本体と同じ手順です。

キャリブレーションできない場合の対処方法

DJI Assistant 2は、キャリブレーションできないということがWindowsでは起こりやすいようです。そのときは以下の方法で対処していきましょう。

①Windowsの設定を開きます。

②回復タブを開きます。

③「PCの起動をカスタマイズする」の下にある「今すぐ再起動」をクリック

④再起動後にオプション選択画面からトラブルシューティングを選択

⑤詳細オプションを選択

⑥UEFIファームウェアの設定を選択

⑦再起動をクリック

この方法でキャリブレーションができないときに対処できます。

キャリブレーションできない場合の対処方法

まとめ

DJIドローンを使用している方は、定期的にドローンに対して更新などをおこなう必要があります。ドローンは繊細な機械なのでアップデートや基盤にエラーが生じて事故にならないためにもDJI Assistant 2を使って、常にベストな状態にしておきましょう。

DJI Assistant 2のダウンロードやインストール方法はとても簡単なのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。また、はじめてドローンを使う方にも安心して使えるようにシミュレーターもついています。そのため、外で飛ばすまえの練習にも使えるのでおすすめです。

まだ、DJI Assistant 2を使ったことがないというかたは、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

SNSダミー

関連記事

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト

SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト|SEOテキスト